FC2ブログ

コロナのワイドショー、もう、うんざり

4353933_s_convert_20210115232102.jpg


 コロナ禍で行き場を失ったオレ達は、ストレスが溜まる一方。暇つぶしにテレビを点ければ、どのチャンネルもコロナ、コロナ。それもコメンテータと言われる先生方は決まって「政府は何をしている!」、「総理の記者会見は中身がない」、「総理は『後の日程』を口実に記者会見から逃げた」と、口を揃えてののしるのだ。ばかばかしくなってチャンネルを変えると、そこも同じ。不思議なことに「こうしたらどうだ」といった前向きの意見は出て来ない。悪口にも聞こえる批判ばかり。




 うんざりしてインターネットを開けば、ここでは政治家先生がコメントを。まるで申し合わせたように政府批判や総理批判。その顔ぶれは、かつては与党・自民党の幹事長を務めた小沢一郎氏や民主党政権で総理大臣を務めた鳩山由紀夫氏、菅直人氏ら。テレビのコメンテータより≪分かり易い単純批判≫。私のような市井の盆暗オジサンですら「これが一国の指導者を経験した人達?」と思えるような内容だ。


3203675_s_convert_20210115232732.jpg
 

 中にはニュース番組をリードするキャスターを非難するコメントも。その内容は、総理大臣をスタジオに招いての一問一答が「提灯持ちだった」というのだ。「どんな場でも批判的でなければおかしい」というのだろう。キャスターを委縮させないか。それを狙ってのコメントに見えないでもない。どう見たって建設的なコメントではない。




 新聞を開いても批判記事だけが踊っている。記事はともかく、見出しは良くも悪くも「端的」だから私たちにストレートに響く。それほど忙しくもないのに、私なんか見出しだけで紙面を斜め読みすることが多い。それでも記事の内容が一瞬にして分かるからありがたいのだが、この見出し、付け方によっては肯定にも否定にも読める魔物。そこには「批判」を装った「悪意」を感ずることがないでもない。

4308189_s_convert_20210115233007.jpg

 そんなテレビや新聞、インターネットを見ている私のような平々凡々のオジサンたちは、いつしか≪洗脳≫されて行き「そうだ、そうだ」の大合唱。≪一億総評論家≫にもなる。そうでしょう。明けても暮れてもテレビや新聞で「これでもか」というほどやってくれれば、いくら盆暗オジサンでも、そうなりますよ。その勢いが内閣支持率を動かすことぐらい簡単。




 コロナ禍は、上滑り以外の何物でもない議論、意見をよそに、あっちこっちに致命的な打撃を与えているのだ。ロータリークラブでご一緒させていただいている観光バス会社の会長は「バスはむろん、従業員を維持して行くことも難しくなった」と言い、中華料理店の経営者は「クラブの活動どころではない」と、音を上げた。みんなが四苦八苦だ。コロナの抑え込みと経済の維持は、まさに諸刃の剣。コロナ対策の決め手は「神のみぞ知る」であることは間違いない。




 こんな柄でもないことを綴っているオジサンは、年金暮らしだからまだいい。それにも増して、テレビや新聞で≪大活躍≫の評論家先生たち。≪口先だけで≫でメシが食え、遜色ない収入に守られて、生活破綻の危険もない。揚げ足取りに終始しているように見える政治家先生方も同じだ。よく考えたら私のような市井の盆暗オジサンだって言いたい放題だ。そうしている間にもコロナは人間どもをあざ笑うように、あっちこっちで牙をむく…。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

スポンサーサイト



母校の「花園」出陣

日川ラグビー_convert_20161230081945


 全く「コロナ」が恨めしい。仲間たちとの無尽会という名の飲み会はむろん、公の団体の理事会や役員会もみんな中止。7月から再開した週1回のロータリークラブの例会も再び「中止」へ。高校生たちのサッカーやバレーボール、バスケットボールなどの全国大会。こちらは中止ではないが、みんな「無観客試合」。もちろんラグビーの全国大会も同じだ。




 そんな中で25日朝、母校・日川高校のラグビーチームの出発壮行式が開かれた。もちろん「花園」への出陣だ。100回目の記念大会。壮行式では学校長が挨拶した後、同窓会の部活動後援会長や、ラグビー部のOB会長、保護者会の会長が激励の言葉を。私も部活動後援会の立場で激励のエールを送った。

  日川高校ほか+010_convert_20110430202245


 日川は大会2日目の28日、大阪代表の大阪常翔学園と対戦する。地区予選では第3位の強豪校だ。壮行出発式でのエールもみんな熱を帯びた。「日頃の練習の成果を存分に…」、「母校や同窓はむろん山梨のみんなか応援している…」。一方、言っていることは、いつもと変わらないが、檄を飛ばしている側にも「無観客試合」が一抹の寂しさを誘うのである。




 100回を迎える「花園」大会の歴史で、日川は今回まで15年連続、50回目の出場。イレブンにエールを送る人たちは毎年、その応援団の先頭に立ってきた。大会には何台ものバスを仕立てて大阪に繰り出すのである。所要時間は6~7時間。山梨からばかりでなく、東京からも応援バスを出すのだ。ところが今年は「無観客試合」とあって、この応援バスが全面ストップ。「花園フアン」にとっては返す返すもコロナが恨めしい。

日川高校旗

 日川は50回の花園出場記録の中で、優勝こそないが、ベスト4進出・8回の実績を持っている。うち一つは優勝候補に挙がったことも。あのユーミンこと松任谷由実の楽曲「ノーサード」が生まれた年だ。この年、日川は準決勝で強豪・天理(奈良代表)と対戦。下馬評では「優位」を言われながらも1ゴール差で敗退。辛くも勝った天理は大分舞鶴(大分)と決勝戦を戦った。その戦いぶりをテーマにしたのがユーミンの「ノーサイド」であった。




 その因縁の準決勝戦に臨んだイレブンの一人と、たまたま職場を共にしたことがある。まだ若かった彼は「私のパスのミスが日川の決勝進出、果ては下馬評の優勝への道を絶った」と時を超え悔やんでいたのを今でも覚えている。「花園」という「聖地」を踏んだ高校生ラガーならではの「悔み」であり、永遠に忘れることの出来ない思い出なのだろう。

日川高校ほか+011_convert_20110428212323

 100回大会のうち50回の出場記録は全国4番目。65回の記録を誇る秋田工業、それに大分舞鶴や天理に次ぐ。そんな≪自負心≫が出発壮行式の檄の中にも見え隠れするのだ。最近は1回戦、または2回戦での敗退。暮れのうちに帰陣する。だから「正月を花園で迎えよう」が、みんなの合言葉だ。ただ、フォアード陣の平均体重が例年にも増して劣るのが、ちょっと気がかり。




 今年の出場校は記念大会を理由に、いつもより増えて62校。その顔ぶれを見ると日川のような県立高校は年々、少なくなり、私学の台頭が目覚ましい。この傾向はラグビーに限らず、野球やサッカーなど全てのスポーツに言えること。山梨でも日川の王座が脅かされる時代が来るのだろう。現に東海大甲府や山梨学院は確実に力を付けている。いいことだ。競い合ってこそ、力がついて行く。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


送られて来た友の著書

book_convert_20201217224631.jpg 


 本を読まなくなった。世に言う「活字離れ」などと言う、もっともらしい理由ではない。一口に言うならば、「歳」のせいだ。眼が疲れて、すぐにギブアップしてしまうのである。「若い頃は…」と言ったらヘンだが、夜の時間など、退屈しのぎで、本に暇つぶしを求めたものだ。




 ところがどうだ。「最近」などと限定しなくても、この数か月で読んだ本は一冊あるかないかだ。≪積ん読≫だけが増える。特に夜。この時季、日暮れが早いから、いつもの晩酌を済ませば、その後の夜は長い。最近では、読書の代わりはパソコンだ。インターネットでブログを読ませていただいたり、自らも、つまらぬエッセイじみたものを書いたりもする。




 パソコンは「暇なおじさん」を、そこそこ遊ばせてくれる。いい歳をして、知らないことばかりが多い「おじさん」にとってパソコンは≪玉手箱≫のような存在なのだ。あの小さな文字の漢和辞典や英語の辞書など、まっぴらごめん。第一、ページをまくる手間もなく、キーさえ叩けば何でも教えてくれる。
パソコン



 パソコン操作はもとより、webの世界に弱いアナログおじさんにとっては、パソコン遊びは、毎日が冒険であり、未知なる世界への探検なのだ。ここでは詳細は避けるが、その≪冒険心≫が良からぬところへ足を踏み入れ、閉口させられたこともあるし、普通の人ならなんでもないだろうシステムトラブルにハマったことも。



 そんな本を読まなくなった私のもとに、友人から一冊の本が送られてきた。自らが上梓したもので、表題は「ディランと良寛 表現するヒト」。この男、もとはと言えば、新聞記者。群馬県で、確固たる歴史を持つ地方紙・上毛新聞で活躍。論説委員も務めた。著書を出版したのだから、名前を書いてもいいのだろう。送り主は群馬県高崎市在住の小林忍、という。




 もう40年近くも前になるだろうか。生業の勤務先は違ったが、東京で仕事をご一緒させていただいたことがある。私とは7つ8つ若いから当時は20代。私と同年代の仲間で後に、やはり論説委員長や群馬県の教育委員長などを務めた方の≪相棒≫として頑張っていた。
  r
良寛

 人間とは、所詮は身勝っ手、都合のいい理由を付けたがる生き物かも知れない。「眼が疲れるから…」を口実に、読書から遠ざかっていた人間が、この時ばかりは違った。ほとんど全てと言っていい書物は、読者は著作者を知らない。しかし「ディランと良寛 表現するヒト」は違った。


  「あの人がどんなことを書いたのだろう」。約200ページを一気に読んだ。ボブ・ディラン。米国のシンガーソングライターで、ノーベル文学賞を受賞した人、くらいのことは知っているが、ハナから音痴の私が、その音楽など知るはずもない。ちょっとしたジェネレーションギャップもある。




 片や良寛。こちらは日本人なら誰でも知っている。でも本当の良寛を知っているかというと、そうでもない。著者は良寛の生まれ在所・新潟県に何度も足を運び、良寛の「素顔」と「表現」の奥深さに迫った。評論家手法ではない、≪足で書く≫新聞記者らしい一面が作品の節々に現れている。


 「ディランと良寛 表現するヒト」。表題からも硬派の読み物であることも間違いない。それもそのはず?筆者は大学(早稲田)では哲学科を専攻。兎に角、興味深い作品だ。お正月にでも、もう一度読み返してみようと思っている。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


季節の音

柿2_convert_20121201143454


 真っ赤というか、橙色の柿の実がいっぱい。葉っぱをみんな落としてしまったので、≪晩秋の色≫とも言える柿の実だけが青い空に浮かび上がるのだ。木の幹と枝。そこに吊る下がった柿の実。葉っぱがなく、丸裸だから、いかにも寒々しい。もちろん、その実は一斉に実るわけではない。光という太陽の恩恵をひと際よく受けた実は、色付きばかりか形も大きい。存在感もある。人間どもを喜ばせるのだ。

柿3_convert_20121201143702

 一方、太陽に背を向け、葉っぱなどの陰で育った実は小さく、色付きも悪い。それはすべての動植物に言えること。人間だって逞しく育つ者もいれば、弱弱しく、頼りなく見える人だっている。太陽に向かって生き、自然の荒波や苦難乗り越える。自然界の掟かもしれない。




 草食人間という言葉がある。ライオンなど獰猛な肉食動物に対してウサギやヤギなど草食動物の例えなのだが、その草食人間がどんどん増えているのだそうだ。その増加は社会現象にも表れているという。ある調査会社のデータによれば、草食系男子の非結婚率は極めて高い。結婚適齢期になっても異性を求めない人が多いのだそうだ。男性ばかりでなく女性にも言えるという。

うさぎ

 いい言葉ではないが、かつて「貧乏人の子沢山」というのがあった。経済的には貧しくても、親たちは、その「子沢山」を立派に育てた。親たちの世代は9人、10人は珍しくなく、戦中生まれの私たちの時代でも4人5人は当たり前だった。今の若者たちは「子供を産めないのは経済のせい」という。どちらが先かは別に、評論家先生たちも「経済的貧困」を説くのだ。




 果たして、少子化の原因が、それだけだろうか。特に若者たちの間で進行する「草食人間化」が背景にないのか。社会の在り様や経済のせいばかりではあるまい。兎に角、都市部と違って人口減少がどんどん進む地方では、わんぱく小僧たちが醸し出す「音」(声)は、どんどん消えている。。




 ひ弱な柿は外敵にも狙われ易い。いっぱい生る柿の実の中でも他よりも早く熟してしまうヤツは、害虫や病気に侵されているのである。そんな弱虫を鳥たちは、黙って見ていない。格好な餌食なのである。百舌鳥(モズ)やカラス。そのくらいは分かるが、名も知らない鳥もやって来ては、一足早く熟れてしまった柿の実を容赦なくつつくのである。




 柿は、数ある果物の中でも特異で、実が熟れる頃になると、それを支えてくれた葉っぱを、すべて落とす。丸裸になった木に赤い実がいっぱいついているから、実の存在がクローズアップするのだ。葡萄にしても、桃にしても、ほとんどの果物は実が熟すまで葉っぱを付けて援護する。

白い梅


 実ではないが、柿と同じような生い立ちをするのが梅の花。柿の実が秋の象徴なら、梅の花は新春の象徴。この梅も特異で、葉っぱを一枚も付けない丸裸の枝に花を付ける。そう、花さか爺さんの「枯れ木に花」だ。その花は白梅であったり、紅梅であったりする。実を付ける時、初めて葉っぱを付けて最後まで青い梅の実をガードする。春を告げる桜も同じだ。自然界は様々なスタイルで息づき、また黄昏を迎える。それを繰り返しながら年輪を重ねていく。そこには有形、無形の「音」がある。(次回に続く)




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

やっぱり日本がいい

  「おとうさん、やっぱりこれがいいね」


 ハワイ、アラスカの旅を終えて帰国、家に帰った翌朝、約20日ぶりの我が家の飯を食べているとき、女房はニヤニヤしながら、それでいてしみじみと言った。



 食卓に並んでいたのは、炊き立てのご飯味噌汁、うちの畑で取れたナスとキュウリのぬかみその漬物、それに焼き魚。うまい。やっぱり、これがいい。正直、私もそう思った。


ご飯味噌汁
 ハワイからシアトル、そこから船に乗ってアラスカ、途中、カナダのビクトリアに寄って、シアトルに戻り、再びハワイへ。日数ではハワイが前後8日、シアトルがやはり前後2日、ビクトリアを含むアラスカクルーズが8日間。そのほとんど毎日がパンやチーズ、ステーキやローストビーフ、チキンなどの肉類、それにロブスターなどの海鮮料理。そしてフォークとナイフの生活である。
ロブスター
 クルージング中のディナーはいつも豪華版。前菜からスープ、メーンデッシュ、デザートまで一流レストラン並みのメニューを用意、オーダーに応じてくれる。純白のクロースがかけられたテーブルの中央には、いかにも高級らしいワインやシャンパン。これだけは、というより、飲み物はすべてオプション料金である。めいめい渡してくれるメニュー表は、もちろん、みんな横文字。レデーファーストの国だから女性からオーダーを取る。
食4点



 女房は開き直ったのか、メニュー表を片手に「これとこれ」といった調子で、指でオーダー。そこまでは良かったが、メーンデッシュを二つも三つも。冷や汗ものである。二日目、三日目となると、ちょっぴりメニュー表の見方にも慣れて、部分的に分かる横文字から料理をイメージして、オーダーするのである。それまでが一苦労。でも料理が来てしまえばこっちのもの。食べるときだけは自信たっぷりである。  



 
 こんな気苦労をしなくてすむのが、日本で言うバイキング方式のレストラン。所狭しと並べられている単品の料理や果物、それにジュースやミルクを好きなだけ持ってくればいいのだから簡単だ。気が楽になったのか、それとも欲なのか、食べる、食べる。いつもお皿一杯に持って来ては平らげるのである。「腹も身のうち」と笑ってみたが、そう言う自分にも、その≪欲≫があるのに気づいて内心、苦笑いしたりもした。




 とにかく、その食べっぷりも3,4日経つとダウン。「お父さん、インスタントラーメン か カップめんでも持ってくれば良かったね」と、もう沢山、といわんばかりにニヤニヤしながら言った。「そのとおり。俺もうんざりだ」と、思ったが「あんなに嬉々として食べまくっていたじぁないか」と、からかってやったら「もういいよ」と、うんざり顔だった。




 今年の春頃だっただろうか、ご主人と8日間のフランス旅行に行ってきたという隣の奥さんが土産をくれながら「山田さんねえ、私ゃ、うちに帰った翌朝、手抜きで菜っ葉の味噌汁を作って食べたら、そのおいしこと。こんなうまいものが我が家にあったのかと思いましたよ」と、話してくれたのを思い出した。事実、私も、成田からの帰り道、石川のパーキングエリアで食べた 立ち食いそばが一番うまかったこと。やっぱり日本人だよねえ。


蕎麦_convert_20120505153729
※(再掲載=クルーズ船の旅シリーズ)



.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
ブログの殿堂」をクリック いただけると励みになります。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!



ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 職場を離れた後は«農業もどき»で頑張っています。傍ら、人権擁護委員やロータリー、ユネスコなどの活動も。農業は«もどき»とはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定もします。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは、身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!