野良猫の手術

猫_convert_20110507233227


 ある時、玄関先に鳥かごを頑固に、しかも大きく作り変えたような小奇麗な篭が。


 「コレ、なんだ?」


 「猫を入れる篭よ。鳥篭じゃあないわよ」


 「へえ~、こんなものあるんだ・・・」


 蛇の道は蛇。女房がご近所の愛猫家からお借りしてきたのだという。


 「ところで、こんなもの、いったい何に使うんだ?」


 「病院に連れて行くのよ」


 「病院?」


 「避妊手術を受けるのよ」


 そういえば、我が家に住みついた野良君。ちょっと≪美人≫で、案外モテルのである。近所の≪男友達≫が入れ替わり立ち代りやって来る。女房は先回りして避妊手術を思い立ったのだ。普段、物事にそれほど斟酌しない、うちのかみさんだが、女はすごい。男なら考えそうもないことを咄嗟に思いつき、それをすぐに行動に移すのだ。6㌔ぐらい離れた市内の動物病院へ。入院させて来たという。2泊3日。手術代は入院費用も含めて数万円がかかったという。

猫2

 「たかが野良猫の避妊手術。そんなにお金がかかるのか・・・?」


 「仕方がないじゃないの。人間と違って保険が利かないんですもの」


 かみさんは完全に野良も家族の一員として考えている。


 「俺にも相談して病院に行けよ」。心の内ではそう思った。お金のことではない。「こいつの二世はもう見ることは出来ない」と考えたら無性に寂しくなった。「こんな野良・・・」と口では言いながらも、家族の一員として捉えている自分が滑稽にも思った。




 「お父さん、猫でも犬でもいいから飼おうよ」。随分前から、かみさんにせがまれた。娘も嫁入りする前、「私は可愛い犬がいいなあ」と母親と共同戦線を張ったりもした。しかし、頑として聞き入れなかった。




 これには、それなりの訳がある。定かではないが、小学校2~3年の頃だった。飼い犬の死に遭遇して幼心に大きなショックを受けた思い出があるからだ。老衰だった。昭和20年代、山梨県の片田舎のこの辺りでは、どこの家でもと言っていいほど犬を飼っていた。今のような、いわゆるペットとしてではない。番犬である。ペットなど、時代と言うより経済が許さなかった。番犬と言ってもみんなで可愛がった。




 屋外に犬小屋を作ってやり、鎖で繋いだ。番犬とは言え今のペットと同じように家族の一員であることに変わりはなかった。私には姉がいるが、3人の男兄弟の頭だった。老衰とは言え≪家族の一員≫の死は衝撃だった。まだこの辺りは今のような果樹地帯ではなく、田圃や桑畑だった。そこに弟達と一緒に≪墓≫を作り、懇ろに弔ったことを覚えている。線香を手向け、ちっちゃな手を合わせた。もうこんな思いはしたくなかったのだ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

理念の証

IMG_0208_convert_20170425234540.jpg


 お訪ねした会社のホール正面に設えられた神棚の脇には創業者の写真と「南洲」の書が。「南洲」はご存知、西郷隆盛の号。その掲額の文字は「敬天愛人」。天、つまり自然が織りなす道理を敬い、人を大事にする、と言うのだ。この会社の社是を南洲の四文字の書になぞらえたのかも知れない。写真の創業者は「初心を忘れるな」と説いているのだろう。




 ホールは椅子を並べても100人以上が入れる大きさ。社員の食堂であったり、朝礼や幹部の打ち合わせなどにも頻繁に使うはず。神棚の脇の創業者の写真と南洲の書は、そこに集う人たちに、「かくあるべし」と、いつも《無言の言葉》を投げかけているに違いない。




 会社は笛吹市にあって、精密プレス金型や治工具設計と制作、それに精密プレス部品の加工。分かり易く言えば、電子機器部品や、パソコンなどOA機器の部品、自動車の精密部品を作っている。広いスペースの工場の中に入ってみると、作業しているのは、みんなロボット。要所、要所にいる従業員は、そのロボットの管理者。設計陣も含めて、わずか65人の若い技術者であった。平均年齢は約30歳。タイにも同じような会社(合弁)を持っていて、こちらの従業員数は約800人。管理者の人材交流も積極的に行うという。


IMG_0213_convert_20170425234923.jpg


 ロールに巻かれた薄い金属の帯がいくつものロボットによってプレスされ、面白いように、それぞれの金型に変身してゆく。生産工程のロボット化など会社の近代化を図ったのは二代目社長。創業者の娘婿で、鹿児島県出身・薩摩隼人である。次男に山梨の会社を、長男にタイの会社をまかせて、会長職に収まった。義父である創業者を敬い、南洲こと西郷隆盛の書「敬天愛人」を持ち込んだのも、そんな二代目社長(現会長)の理念の証である。山梨と西郷のご縁の始まりでもある。


  来年のNHK大河ドラマは西郷隆盛をテーマにした「西郷(せご)どん」。原作は山梨市出身の直木賞作家・林真理子。山梨と鹿児島。偶然とはいえ不思議なご縁を見た思いがした。脚本は中園ミホ、「西郷(せご)どん」は鈴木亮平が演ずるという。来年の大河ドラマのが楽しみにもなる。物事の出会いとは面白い。


IMG_0211_convert_20170425235321.jpg


 この会社を訪問させていただいたのは、山梨ロータリークラブの日常例会の一環。RI・国際ロータリーのキーワードは「職業」。生業(なりわい)を異にして集まった仲間たちが、職業を通じて少しでも社会に貢献しよう、というものだ。職場訪問は仲間たちの職業を理解する最も手っ取り早い手段なのである。




 山梨ロータリークラブには、クラブ運営を管理するクラブ管理運営委員会など5つの委員会があって、その一つが今回の職場訪問を企画した奉仕プロジェクト委員会だ。クラブでは毎年、この会社訪問をやっていて、最近では社会福祉施設を手広く運営するメンバーや、高度な医療機器を備え、山梨市を中心とした広い地域の第二次医療を担うメンバーの総合病院も。院長・理事長として指揮する医療現場の最前線を見せていただいた。




 オーナー経営者は、私のようなサラリーマン経営、しかもリタイアして、百姓もどきの生活をしている人間と違って、毎日、さまざまな荒波にさらされている。今度の企業訪問で垣間見た「敬天愛人」は、そんな《お気楽》な私にも当てはまる《言葉》であった。「他山の石」として拝見させていただいた。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


言葉の同化

富士山_convert_20110225000018


 職場を持たず、田舎に引き籠ってしまうと、行動範囲はむろん、接する人たちの数も、だんだん限られて来る。地元の地域や市内、市外では主には県都の甲府市くらい。ましてや旅行を除けば、他県に出る機会もめっきり減った。なくなったと言った方がいい。江戸の昔から東(江戸、東京)を見て生活して来た山梨県人は、100キロ前後の距離があるにしても東京は、身近な存在。その東京ですら、だんだん《足》が遠くなる。歳を取った証拠だろうか。思いついたとしても、億劫になるのだ。




 甲斐の国と言われた時代を含めて、戦国の武将たちが群雄割拠した頃、この地の人々は、押しなべて《西》、つまり「京」(京都)を見据えて生活していた。結果的には上洛を試みながらも失敗した武田信玄がその一例。所詮は水飲み百姓だった私たちの祖先も、その布石とも言える数々の戦に駆り立てられただろうから、庶民だって《西》に無関心でいられた訳ではないはずだ。もっとも、民・百姓は、その日の暮らしに汲々としていたのだろう。




 それが江戸幕府の開府・徳川政権の樹立以降、人々の目も含めた意識全般が《東》に変わったのである。ファッションも言葉も東京(江戸)に少なからず影響された。その生活パターンに大きな一石を投じたのが昭和50年代の中央自動車道の開通であった。名古屋を中心とした近畿地方、大阪を中心とした関西に道(高速道路)が開けたのである。


8abf0f79c4cb430c929fe5ad196c748b_s_convert_20170227221945.jpg


 山梨県人は、日常の生活でも経済や文化の面でも思考回路を変えざるを得なくなったのだ。現に山梨県内の観光地には近畿や関西地方ナンバーの車が増え、物流はむろん、様々な面で、東と西の融合が顕著になっている。今進んでいるリニア中央新幹線計画は、それに、さらに拍車をかけるだろう。実用実験線は試験段階をほぼ終え、実用、開通に向けてまっしぐら。その起点駅となる東京・山手線の品川-田町間では新駅の建設が始まる。沿線はトンネル部分が多いので、予算的裏付けがあれば、工事のピッチは上がる。




 交通網の整備は、確実に人々の交流を円滑にしてくれる。このブログでも前に書いたが、昨年暮れ、全国高校ラグビー選手権大会の母校(日川)の応援で大阪・花園球場に行ったが、山梨からの所要時間は6時間。それも途中、トイレ休憩や食事時間を加味しての時間だ。同球場は東大阪だから、こちらから見れば大阪も外れに近い。


日川ラグビー_convert_20161230081945


 「オオ、久しぶりじゃあないか」


 バス5台で乗り込んだ山梨からの私たちを迎えてくれた関西在住の先輩たち。みんな立派な?大阪弁を使うのである。そう言っては失礼だが、甲州弁丸出しだった人たちである。


 「大阪弁、上手になったじゃあないですか」


 「そうかね…」と、前置きしながらも、こんなことを言った。


 「自然にそうなるもんだよ。第一、言葉は、その地域や人と人との接点。《郷に入らずんば郷に従い》さ。そんなことを考えなくたって、そうなるものさ」


 英国での7年間の転勤生活を終えて日本に戻って来た近所の若者が言った。「営業のテリトリーでもあるEUなど近隣諸国も歩いた。少なくとも英語には不自由しなくなった」。地方の方言も外国語も、言葉とはそんなものかもしれない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


栴檀は双葉より…

bdbb469a48a85b4e168546d074cd8164_s_convert_20170114214418.jpg


 ヒヨドリ、ムクドリ、カラス…。小鳥は、さまざまな草や樹木の種を、あっちこっちに運ぶ。畑であろうが、野原であろうが、石崖の間だろうが所を構わない。食べた雑草の実や樹木の実を糞と一緒にまき散らすのである。それが農家を少なからず困らせたり、長い年月とともに森を作ったりもする。私達人間どもには残念ながら、その確かな経路や実態は知る由もないのだ。獣や目には見えない風が運ぶケースもあろう。




 一方で、人間にとって《害虫》を食べてくれるかと思えば、鳥インフルエンザのように得体の知れない菌をどこからともなく運んで来て、人間どもを困らせる。何千羽、何万羽の鳥を断腸の思いで殺処分しなければならない養鶏農家にしたら、たまったものではない。その《犯人》である小鳥も天敵に襲われ《不遇の死》を遂げることも、もちろんあるだろう。自然界の摂理、輪廻とは不思議でもあり、奇奇怪怪である。




 雑草の種はむろん、樹木の種の移動の定かなことは誰にも分からない。でもセンダンの種の経路だけは、私には日常の畑仕事の中で手に取るように分かる。春から夏にかけて生える根拠のないセンダンがあっちこっちに生い、そのままにしておけば、どんどん大きくなるのだ。我が家の植え込みの向こうの広場の周りにある何本かの大きなセンダンの木が《発信元》。その実を小鳥が食べ、糞と共に畑や植え込みにまき散らしているのである。


ccc363ad3f64162a5b7bcf8320c325c2_s_convert_20170114214631.jpg


 センダン(栴檀・学名Melia azedarach)はセンダン科の落葉高木。広場は普段、子供たちの遊び場だったり、お年寄りのゲートボール場。万一の災害時には地域の人たちの避難場所にもなる。開設時に広場の周りに植えたセンダンは、今ではみんな10mを超す立派な大木となり、シーズンにはいっぱいの実をつける。




 「栴檀は双葉より芳し」。鼻たらし小僧で、今でも取りえのない私のような人間には、全く無縁な言葉。それが証拠に、センダンは兎に角香りのいい(芳しい)木だと思い込んでいた。諺の栴檀と私たちの周りにあるセンダン(栴檀)が違うということを知ったのは恥ずかしながら、サラリーマン現役時代の、それも40歳過ぎの頃。会議で高知県に行き、高知城を案内していただいた時であった。もう30年ぐらい前のことである。


栴檀の花


 公園となっている城址の一画には確か、自由民権運動の祖・板垣退助の石碑があって、その脇に「センダン」の名札が着いた大木が繁っていた。「これがセンダンか…。でも何の香りもしないじゃあないか?」。いくら物知らずでも「センダンは双葉より…」の諺ぐらいは知っていた。つぶやくように一緒にいた人に尋ねた。しかし答えはなかった。後に「…双葉より芳し」の諺にある栴檀は、実は中国の「白檀」であることが分かった。だが、栴檀がどうして白檀なのかは、未だに分からない。いずれにせよ高級扇子の素材などに使われる白檀の香りは、一度嗅いだら忘れない。なんとも言えない品格すら感ずる香なのだ。




 その昔、センダンは獄門台の素材として使われたという。日本では「悪木」とされ、庭に植えることを嫌った。インドでは古来、邪気を払う力があると信じられ、この信仰が中国を経て日本に伝わり、獄門台に使われたという説が有力だとか。これは穏やかでない話。.




ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


プロの洞察力

望月春江
望月春江 : 泰山木


 「例えばですが、私は鯉を描こうとする時、鱗の一枚一枚まで数えるのです。木々が付ける葉っぱだって同じ・・・」




 ムチウチ症の治療のため、一週間に何度か通っている病院で、診察の待ち時間中、暇つぶしに眺めた中庭の池の中。そこに泳ぐ鯉を見ながら、ふと、ある老人を思い出した。老人といっては失礼だが、この方は日本画、特に花鳥画にかけてはわが国を代表する画家だった。画伯と言った方がいい。その名を望月春江といった。もう鬼籍に入って久しい。


望月春江写真
望月春江

 私が30歳の半ば過ぎ、会社の東京支社にいた若造の時分だから、もう30年ぐらい前になる。山梨の同郷のよしみということもあったのだろう。仕事でお目にかかったのをご縁に、なぜか可愛がって頂き、お宅にもよくお邪魔した。アトリエを兼ねたお宅は上野の池之端という所にあった。不忍池のすぐ近くだ。庵といった方がいいかもしれない。





 「鯉の鱗一枚まで・・・」「葉っぱのスジまで・・・」。何気なく、穏やかに話すお顔を拝見しながら、私は目に見えない斧で頭をガツ~ンとやられたような思いをした。あっけらか~ん、と言えばまだ聞こえがいいが、のんびり生きている自分を省みたからだ。のんびりというのもちょっと違うかもしれない。サラリーマンの、仕事の、「忙しさ」と言う隠れ蓑を被って、ややもすると目先だけで動き、本質を見失いかねない自分がいたからだ。


美ヶ原
望月春江 : 美ヶ原


 プロはすごい。「へえ~、すごい絵だなあ~」と、思いながらも、素人が当たり前のように見る一枚の絵。そこには限りない観察力と緻密な計算があったのだ。木一本を描くにも漫然とではなく、緻密な計算と奥深い観察をする。例えば、そこに幾つもの架空の点と線を引いては枝と葉っぱの関わりなどをつぶさに観察するのだという。鯉だって同じ。泳ぎ方の一部始終を見、その仕組み、構造まで摑んでしまうに違いない。





 その観察力が限りない洞察力に繋がっていくのだろう。そんな望月春江にかかれば鯉一匹、草木一つが本物より本物らしく、生き生きと生まれ変わるのである。俺達凡人には逆立ちしたって出来っこないのだが、プロには、それをやってのける日頃の鍛錬が導く、研ぎ澄まされた洞察力があるのだ。画家ばかりではない。音楽家だって、役者だって、物づくりのプロだって、みんな同じに違いない。凡人には見えないものが見え、聞こえないものが聞こえ、また感じないものが感ずるのだ。


惜春
望月春江 : 惜春

 お茶を、時にはお酒を頂きながらの私に、いつものように穏やかに話す画家・望月春江は、ある時、こんなことも言った。



 「あらゆる動物がそうであるように、人間も事あるごとに群れたがる。でも私はそれが嫌だった。だから、いずれの派閥にも属さず生きてきた。それが良かったか悪かったか・・」



 その口元には貫き通した信念とは裏腹に一抹の寂しさのようなものが・・・。




 病院の中庭で見た池の鯉も群れていた。人が近づけば群れていた鯉は我先にとそこに集まって来る。餌を求めてだ。しかし、不思議なことに一匹や二匹、その群れに入らないヤツがいる。でも、よく見ると寂しそうに見えるその鯉は悠然と、むしろ輝いて見えた。


鯉


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!