FC2ブログ

花火の町は和紙の町

神明の花火
神明の花火大会


 コンピュータ制御だろうか。次から次へと打ち上げられる花火。夏の夜空で繰り広げられる光と音の競演を観ながら、ふと、どっちでもいいことを考えたりもした。華やかに、リズミカルに上がるスターマイン。迫力満点、夜空に花開くニ尺玉。直径は500mにも及ぶ。花火は一発一発の色や形の工夫と、それを立体化する連続技が花火師さんのいわば職人技である。それぞれにテーマがあって、何発もの花火で演出、観客を魅了するのだ。


神明の花火大会


 日本の花火の歴史はそんなに古くない。戦国の時代、種子島に伝来した鉄砲の火薬が後に花火へと発展、江戸の世になって庶民を巻き込んで花開くのである。史実によれば、花火を最初に見たのは徳川家康だという。花火といっても極めて幼稚で、竹筒に火薬を詰め、火を吹かせるだけのもの。今でも静岡県三河地方に残る「平筒花火」はその名残だといわれている。富士五湖の一つ河口湖の湖上祭でも、これに似た手筒花火をやって見せる。


神明の花火3


 「音はすれども姿は見えず」。華やかな舞台を演出する花火師という名のアーティストは、いつの世も表舞台に姿を見せない。映画や舞台のディレクターよりもっと神秘的な存在なのだ。目の前といってもいいほど近くで花火を仕掛けるのだが、何人が、しかもどのように動いているのかすら分からないのだ。夜陰に紛れた、その動きはいかにも神業である。


花火


 どちらかといえば静岡県に近い山梨県の市川三郷町は知る人ぞ知る花火の町。平成の町村合併前は市川大門町と言った。もう30年ぐらい前になるのだろうか。今、甲子園を沸かせている夏の高校野球で、この町の市川高校は準決勝にまで進出。「ミラクル市川」と話題をさらった。たかがといったら失礼だが片田舎の県立高校が、あれよあれよと上り詰めた快挙だから判官贔屓の高校野球ファンやマスコミは黙っていなかった。もちろん花火の町。町の人たちは、ここぞとばかり花火を打ち上げて市川ナインの快挙を祝福したものだ。



神明の花火2

 この町にはもうひとつの顔がある。手漉き和紙だ。これが本当の町の「顔」である。住宅事情の変化や生活そのものの多様化が足を引っ張って業界はジリ貧状態にあるが、わが国屈指の和紙の町であることには違いない。書道用紙の多くはこの町から出ている。町の一角には書のメッカ・中国は西安の「碑林」を模した「碑林公園」もある。西安まで足を運べない漢字ファンや書道家達はここを訪ねるのだ。


和紙      碑林公園
市川手漉和紙                     碑林公園


 市川三郷町は、その名の通り三つの町から成っている。この市川大門町と六郷町、三珠町が合併して出来た町。残る六郷町も三珠町も、ある意味でメジャーな一面を持つ町である。六郷町はわが国屈指のハンコの町。それだけではない。案外、知られていないのだが、ハンコは通信販売の元祖なのだ。越中富山の薬屋さんが訪問販売の元祖なら、こちらはわが国の通信販売を初めてやってのけた業界なのである。今で言う「ダイレクトメール」はそこから発展した。毎日、ポストに入っているあれだ。


ハンコの里
六郷印章業連合組合から


 一方こちらはちょっぴり地味だが、三珠町は歌舞伎の市川団十郎発祥の地。先頃、奧さんを亡くした海老蔵の市川家だ。町には歌舞伎公園もあって、歌舞伎発祥の歴史を今に伝えている。大掛かりな牡丹の植栽でも有名だ。こちらは花火の「玉屋」、大川橋蔵の「玉屋」ならぬ「成田屋~」である。


歌舞伎公園    歌舞伎公園2
歌舞伎文化公園 ふるさと会館 と ぼたんの花 (市川三郷町HPより)



.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

ブヨ

真夏


 真夏日。熱帯夜。やっぱり暑い。家の中の温度計は31度。温度計といっても、どなたかの結婚式の引き出物に頂いたデジタル時計。大きく算用数字で刻まれる時間の下に温度と湿度が表示されるのだ。電波時計というヤツで、同じシステムの壁時計、テレビやラジオの時報と1分、1秒違わない。例え狂ったとしても、どこかで必ず合わせてくれるのである。電波でコントロールしているのだそうだが、その理屈がアナログ人間に分かるはずがない。そんな時計に付いているのだから温度計だって正確だろう。




 山梨は県丸ごと内陸地帯に位置しているので、蒸し暑さでは天下一品。特に四方を山に囲まれた甲府盆地は天然の蒸し風呂みたいなものだ。太平洋側であれ、日本海側であれ、海に面した所にお住まいの方々が羨ましい。娘が小さいころは私と女房の両方の親も連れて伊豆の海に行った。避暑などとかっこいいものではなかったが、娘を海で遊ばせてやりたい気持ちと暑さ逃れであったことは間違いない。伊東であったり、下田や土肥の海岸であったりした。そんな親爺達もみんな逝ってしまった。


生み


 誰もがお気付きだろうが、暑い、暑いと言っているうちに、ジワジワと日が短くなっている。ひと頃は7時半頃まで明るかったものが今では6時半といえばボツボツ薄暗くなる。日中は、しゃら暑いので夕方から畑に出て野良仕事の真似をするのだが、日が短くなるのが何かもったいないような気がするのだ。まだちょっと早いが、「秋の日はつるべ落とし」という。すぐそんな時期になる。




 日が長くなったり、短くなるのは季節の変化の証。それはそれで仕方がない。問題は野良にしかいないブヨや夕方から活動し始める藪っ蚊の存在だ。この時期、まるで我が世の春、とばかり畑の草むらや植え込みの中で暗躍。なにしろ小さいので姿、形はほとんど分かり難いから始末が悪い。襟元であれ、顔であれ容赦なく喰いついてくる。足首や手首は地下足袋や手袋で防備できるからいいが、顔や襟元は防ぎようがない。



ブヨ     ブヨ     ブヨ



 人間の体温が彼らを寄せ付けるのか、それとも汗の臭いなのか。仕方なく丸いケース入りの蚊取り線香を腰にぶら下げて作業をするのである。犬の散歩で通りかかった近所のおばさんは「私なんか、うっかりしていたら、この始末ですよ」と、自分の襟元を指差した。ブヨに食われた痕が何箇所も真っ赤に腫れ上がっていた。75歳も過ぎると色気もなくなるのか襟元をさらけ出すようにして見せてくれた。


蚊とり線香

 

 この蚊やブヨ。篤農家の果樹園や野菜畑にはほとんどいない。果樹園はひっきりなしに消毒するし、野菜畑は丹念に草取りをしているからだ。怠け者の畑が彼らの楽園。畑や植え込みをほったらかしにしていると、隅々から必ずつけ込んで来る蔦と同じだ。蔦というのは葦と同じ不思議な植物で、人間が手を加えないことが分かると、ここぞと、ばかり、はびこって来るのである。都会の方々はご存知ないかもしれないが、ブヨは蚊よりも始末が悪い。食われた痕はかさぶたのようになり、周りは真っ赤に腫れ上がるのだ。子供の頃はびっくりもしなかったが、免疫が薄れたせいか、今では百姓の倅も真っ赤に腫れ上がる。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ダイエットとビール

無尽会


 仲間に入れていただいている無尽会の一つに「20日会」と言うのがある。私が住まいする山梨市の旧村地区のオジサンたち18人の集まりだ。わずかに50代もいるが、67歳の私なんかまだ若い方の部類。ほとんどが70代で、中には80代の方も何人もいる。この辺りは果樹地帯だから葡萄や桃、サクランボなど果樹農家の主がほとんどだ。「20日会」の名の通り毎月20日に地区内にある大衆中華料理店で開く。開始時間は冬時間と夏時間があって今は夏時間の午後7時。ギリギリまで果樹園で仕事をし、風呂やシャワーで汗を流してから集まって来るのだ。ちなみに冬時間は6時。


さくらんぼ



 生ビールの大ジョッキで乾杯。それにしても暑い。7月23日は大暑。暑いわけだ。その分、一気に飲むビールが五臓六腑に沁みわたる。うまい。暑い中での仕事の後だけに、至福の時と言っていい。勢い、「もう一杯」とジョッキは進む。


ジョッキで乾杯


 山梨はここ連日、36度を超す猛暑日。「本当に暑いね」。みんなの挨拶代わりだ。どの農家も暑さ対策はしている。忙しい盛りだから、熱中症にでも罹ったら元も子もない。みんな涼しいうちに仕事をし、暑い最中の日中は家の中にいるのだ。だから朝が早い。午前4時には畑に出て、遅くも9時には午前中の仕事を終えるのだという。午後は暑さが少しでも和らぐ4時ごろから畑に。「20日会」の日は無理だが、今の時期、7時過ぎまで明るいので、それでも3時間以上仕事が出来る。暑い時間帯を避けて8時間は仕事をしている勘定なのだ。





 これが篤農家、と言わないまでも当たり前の仕事の仕方。ところがバカな私は、いつもその逆をやっているのだ。「こんな暑い時期に働いたら身体を壊しますよ」。いつも近所の人から笑われる。「なあ~に。我慢。我慢。ダイエットですよ。こうして汗を搾れば・・・」。言い訳というか、強がりを言って見せるのだが、何のことはない。朝早く起きることが出来ないだけだ。サラリーマン現役時代の癖が未だに残っていて夜型人間から足が洗えないでいる。7時も過ぎた頃、ノソノソト起き出して、朝飯を食べ、さて少しは仕事をしないと、と腰を上げた時には8時半、9時。農家もどき、大した農家ではないのでそれもいいが、普通の人たちとは全く逆。でも12時半ぐらいまで、時間だけはみんなと同じだけ仕事をすることにしている。




 「お父さん、水分を摂らないと熱中症になるんだってよ」



 かみさんが冷えたペットボトルの水に食塩を入れて持ってくる。その水がうまいこと。一気に飲み干すのだ。塩ばかりでなくレモン汁も入っているのか。かみさんの計らいもまんざらでもない。木陰のペットボトルは一服の清涼剤だ。ふと見上げたら百日紅(さるすべり)に紅い花が。植え込みからは蝉の声が。暑い夏は秋への序走路をも意味する。今年もそんな時期を迎えた。向こうの御坂山塊にはもくもくと入道雲が。大きな富士山をすっぽり隠していた。


雲  

 さて、あと一稼ぎするか。そこにはぐ~たらオヤジの魂胆がある。昼飯の前に飲むビールだ。シャワーを浴び、ぐっと飲み干す昼間のビール。夜の「20日会」の生ビールの比ではない。ただ、この一杯でダイエットは帳消しだ。


ビール


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


貴腐ワイン

 40年以上も前のことだ。今は故人となられたが、当時、サントリーの名物社長だった佐治敬三氏を囲んで貴腐ワインを頂いた。しこたま、と言ったら品がない。惜しげもなくといった方がいい。まだ30代も半ば。ただでもアルコールに弱い方ではなかった上、無作法や失礼をも省みず頂いてしまったのだろう。甲府市のある有名ホテルの座敷だった。


佐治敬三氏
佐治敬三氏
画像・すべてサントリーHPより


 サントリーは当時、日本で初めて貴腐ワイン作りに成功。立場柄というか仕事柄というか、発売前の試飲会にお招きを受けたのだ。貴腐ワインの原料は言うまでもなく貴腐葡萄。貴腐というのは完熟した葡萄の実にポトリティス・シネレア菌が付着、果実の水分が蒸発して糖度が高まる珍しい現象。もちろん、そこには気温や湿度など気象、気候上の複雑な条件が絡むことは言うまでもない。


ワイン樽


 この貴腐葡萄で醸したワインは専門家の間でも「ワインの帝王」と呼ばれ、それが醸しだす甘味と風味が、その希少性と共に珍重されているのだ。ポトリティス・シネレア菌がもたらす貴腐葡萄を発見、初めて貴腐ワインを世に出したのが山梨県北巨摩郡双葉町(現甲斐市)のサントリー登美の丘ワイナリーである。当時は確か、サントリー山梨ワイナリーと言った。試飲会だからサントリー関係者はともかく、一般人では最初に貴腐ワインを口にした一人であったことは間違いない。

貴腐ワイン

貴腐ワイン「登美ノーブルドール」


 さて、その貴腐葡萄なるもの。貴腐ワインを試飲しながらポトリティス・シネレア菌云々の説明を聞いていた一人がこれまた失礼にも「これって、ぶどう作りの失敗作じゃあないの?」と言った。試飲に招かれた人たちのほとんどは葡萄作りなどには縁のない人達ばかり。でも、正直言って私もそう思った。葡萄の産地に生まれ育ち、少なからず、葡萄作りに携わった経験があるからだ。ポトリティス・シネレア菌などと難しいことは分からないにしても確かに、そんな葡萄は我が家の葡萄園にも。言葉を変えれば発生した。しかし、栽培農家の間では、より高品質な葡萄作りを目指し、品種改良をする一方で、病害虫や病原菌を駆除するための消毒を徹底するようになった。この話はワイン醸造用の葡萄ではなく、生食用のことである。当然のことながらポトリティス・シネレア菌だって死滅する。


収穫   貴腐葡萄
「貴腐まじりの葡萄の収穫」      「収穫された貴腐葡萄」



 つい先頃、中国は上海や千葉の柏から来た友と一緒に訪ねたサントリー登美の丘ワイナリーで、若かりし頃を思い出しながら、貴腐ワインをかみさんにも飲ませてやりたいし、友たちにも土産に持たせたかった。希少価値だから高価であることは分かっている。ところが、そこにあった貴腐ワインのお値段は20数万円。0が一つどころか二つも違うのだ。一瞬、「お土産・・・」の「お」の字を飲み込んだ。もちろん高価といっても3万、5万のモノだってあるのだろう。しかし、そこは所詮貧乏人の性。思わず手が引っ込んだ。女房だって貧乏人の連れ合い。「お父さん、もったいないわよ」と言うに決まっている。




 貴腐ワインは高嶺の花であることは確か。でも女房ぐらいには思いっきり飲ませてやりたいと思う半面で、自分の若かりし頃と、その後も何度かお目にかかった佐治社長の温和なお顔を昨日のことのようにまぶたに浮かべ、赤面の至り、顔が熱くなった。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


数字の好き嫌い

数字


 食べ物に好き嫌いがあるように人間には数字にも好き嫌い
が。嫌いの方(ほう)は「あえて言えば」の類でしょうが、意識的に避けている数字もある。例えば、病院は「4」と「9」の部屋番号を避けているところが多いことにお気づきだろう。病院が嫌うというのではなく、そこに入院する患者さんが嫌うからだ。




 全くのこじつけだったり、縁起担ぎだったりするのだが、「4」は「死」に、また「9」は「苦」に結び付けてしまうのだ。アパートやマンションの中にもそんなところがないでもない。ただ頭の数字は、その建物のフロアー(階)を現すから、一概に避けたり、嫌ったりするわけにはいかないこともある。

マンション


 車にはナンバープレートがある。ここでも「4」と「9」は嫌われ者。日本では一般の車両ナンバーは4桁。そのうち前の2桁であれ、後ろの2桁であれ、「4」と「9」がセットになったりすると、これもやっぱり「死」「苦」で忌み嫌うのだ。これを「死ぐ」に語呂合わせしてしまうと、やっぱり穏やかではない。車は大なり小なり交通事故の危険と隣り合わせ。普段、数字のこじつけや縁起かつぎになんか無頓着な人でも周りからそんなことを言われると、気味悪く思ってしまう。




 今は車のナンバーを選べるシステムになっているので、そんなことの解消は簡単。「俺、陸運に行ってナンバーを変えてもらってきたよ」という知人もいた。車のナンバーには一番頭に〇〇と、その地域を特定する文字が入っている。いわゆる「〇〇ナンバー」といわれるものだ。山梨、静岡両県の富士山麓には「富士山ナンバー」が創設されて、珍しさも手伝ってか、ちょっとした人気。車のナンバーは車両の登録エリアを意味するものだから、この〇〇部分は、選択の余地はない。そんな中でも例えば東京の「足立ナンバー」と「品川ナンバー」を比較すると「品川」の方が人気があるのだという。「品川」の方がスマートな印象があるようだ。「足立」の方々、ごめんなさい。

富士山



 一方、好きな数字はその人によってまちまち。「7」が好きな人もいれば、「8」や「1」などさまざま。中には誕生日の数字で競馬の馬券を買う人もいる。例えば4月12日生まれの人が「4番」「12番」というように、どんなレースでもその番号を一枚は買うのだという。ただ、そこには実力がモノをいうレース上の根拠があるわけではないので、ほとんどがハズレ馬券ということに・・・。でもまかり間違えると万馬券では済まされない。




 「ラッキーセブン」とか「末広がり」というように「7」や「8」は人気者だが、やっぱり日本人がその昔から好んで使うのは「3」だろう。お正月は「三が日」、やはりおめでたの結婚式は「三々九度」。極めつけは「三大〇〇」である。日本人は何でもかんでも「三つ」にまとめたがるのだ。「三大祭」「三奇祭」「三奇矯」「三大急流」「三大夜景」・・・。日本の「三大〇〇」は山ほどある。「3」という数字はそれなりの根拠もあるのだ。拍手の「三三七拍子」はリズム上の感覚、絵画や設計でいう「黄金法」も根拠がある。見事な空間をもたらす「鼎」も3本足。カメラの三脚は当たり前。共通点は安定感だ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!