FC2ブログ

 「空気や水のよう」。私達は日常生活の中で、よくこんな言葉を使う。あって当たり前で、その大切さが分からないことの例えだ。しかし、その水が都会にお住まいの方々ばかりでなく、私のように田舎暮らしをする者ですら、時にお金を出して買う時代になっている。ブランド名はともかく、どこのご家庭の冷蔵庫にも一本や二本、水のペットボトルが入っているだろう。遊び感覚だが、富士山頂などでは「空気の缶詰」も売られている。


空気の缶詰


 水代わりのお茶もそうだ。山梨では葬式の香典返しにお茶を袋で引くケースが多く、お茶なんかいっぱいあるのに、ペットボトルのそれを買って飲むのに抵抗感すらなくなった。女房に「もったいないじゃないか。あれ使えよ」と言った自分も、いつの間にか平気になった。  いつもお邪魔する仲間の家のマージャンルームには家庭用のものをちょっと小型にした冷蔵庫がポツーンと置いてあって、中には清涼飲料がいっぱい入っている。もちろん、コーヒーや各種のジュース類もあって、水やお茶ばかりではない。ペットボトルやカンは便利だ。お茶にしてもわざわざお湯を沸かさなくてもいいから気軽である。





 この仲間はそのお茶やコーヒー、ジュースを自動販売機で売る清涼飲料水販売会社のオーナーである。何台もの車や大勢の従業員を使って、県下各地に設置している系列の自販機を巡回して中の飲料水の管理や集金をしているのである。パチンコ屋さんなど設置場所がいいところに当たれば、一般では考えられないような売り上げをするのだそうだ。お茶やスポーツドリンクなどと並んで水もよく売れるという。

水


 全く別の仲間だが、いつか、こんな愚痴を言ったことがある。


「俺達が汗水たらして売る牛乳は水より安いんだよ。全く、やっていれねえよ」



 この男は富士山の西山麓にある冨士豊茂という所で、牛を何頭も飼う酪農家だ。富士山のすぐ麓だから夏は涼しいが、冬ともなれば一面の銀世界。凍てつく、という言葉がぴったりの寒さの中に巻き込まれる。




 草がある夏場のうちにサイロに牛達の餌になる枯れ草を確保して越冬しなければならない。牛との生活だからハエだつてブンブン。汚いだの、うるさいだのと言ってはいられない。冨士豊茂は山梨県でも最も大きい酪農基地。八ヶ岳山麓の田舎町からここに婿養子に来た男だから、まさに水は空気のようなもの。今の自分の苦労と重ね合わせるから「水が牛乳より高い」現実に割り切れないでいるのも無理はない。


牛乳



 県外から山梨に来たお客さんが新聞などのインタビューに応えて「水が旨いし、空気が旨い」と口を揃えるように言うのを聞くと「なんとキザな」と感じたものだ。しかし、いったん東京など都市部で暮らしてみると、そのことが逆の立場からよく分かる。




 確かに旨い。キザでもなければ、お世辞でもない。たかが、甲府から山梨市の実家に戻っただけでもそれを感じるのだ。しかしその水、旨い、旨いと有頂天になってばかりではいられない。例えば、水道水。最近、滅菌用の塩素が強くなったような気がするのだ。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



若者達のコピペ

 コピペ? 「コピー アンド ペースト」の略だという。へえー、うまく略すもんだ。感心はしたものの、その意味はさっぱり分からない。テレビで見ていて、パソコンやインターネット用語だと分かった。文章など、さまざまなデータをコピーし、貼り付けることを言うのだそうだ。文字の通りだ。そこでまた、へえー。


コピペ



 家族で食卓を囲んでいた時、娘が晩酌中の私に向かって言った。


 「そんなこと、知らないの。お父さんだってやってるじゃない」


 何を言っているのか分からなかった。


 「俺がやっている?」


 「そうよ。お父さんだってブログ書きながら文章を置き換える時、コピーマークをクリックしてから貼り付けたりしてるじゃない」


 「へえー、そのことか」


 単純に頷いたが、テレビはこのコピペを問題意識を持って取り上げていた。コピーし、貼り付けるというこの単純な行為に頼ってしまうと人間の脳は考えることや創造する能力を退化させてしまうのだそうだ。ここでまた、へえー。


パソコン_convert_20110106220352



 テレビを見ていたら、問題視の意味がよく分かった。教育現場、つまり大学や高校、小、中学校に至るまで、このコピペがどんどん入り込んでいるのだそうだ。例えば、大学生にあるテーマで論文を書かせると、学生達はインターネットで、それに近い解説を探して、それを切り張りしながら論文を完成させてしまうのだという。

パソコンをたたく手



 自分で資料を探し、考えながらやれば何日もかかる論文作りをわずか30分足らずでやってしまうという。第一、インターネットからの写しで、自分の考えではないから研究論文とはいえない。このコピペは小、中学校の読書感想文や作文にも今や珍しくなくなったという。私は化け物だと思っているが、インターネットにはなんでもデータが入っている。




 テレビの大学教授は苦笑いしながらこんなことを話していた。


 「学生達の論文を見ていたら、同じ内容のものどころか字句まで同じものがいっぱい。いずれもインターネットからの引用、貼り付けで、ひどいケースだと全体の64%、つまり自分の文字は、文章のつなぎも含めて36%に過ぎなかった」



 子供の頃からテレビゲームで育っているから携帯電話でのメールも空気のようにこなす。パソコンやインターネットも自在だ。私のようなアナログ人間からみれば羨ましい限り。携帯電話を片手に別の事をしながら電話機を見ずにメールを打つ子供たちを見ると「へえー」と尊敬したくもなる。


マウス



 こんな人間からすれば、今の子供たちはものすごく進化しているように見えるのだが、どうして、どうして。幼稚といったら言い過ぎかもしれないが、やっぱり幼稚だ。インターネットの情報をそのままコピペすればすぐにバレてしまうに決まっている。ITは果てしなく進化する。しかし人間の内面はそれに追いついていけないでいる。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


為せば成る…

_convert_20190919000822.jpg  


 「為せば成る 為さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ為なり」


 江戸時代、窮地ともいえる財政難に追い込まれた藩を見事に立て直したという米沢藩主・上杉鷹山の名言である。この言葉(句)、遡って戦国時代の甲斐の名将・武田信玄の句をパクった、という説もあるが、ここではそんなことはどっちでもいい。




 まさに言い得て妙。人類が存続する限り、普遍の哲学と言ってもいい。誰にも分かる。その通りだと思う。でも、実践できるようで、出来ないのが、このことかも知れない。だからこそ、時代を超えて今も語り継がれているのだろう。ズボラな私のような者には、いつも首から架けておきたいような言葉だ。




 「(第71回毎日書道展で)毎日賞を受賞することが出来ました。(甲府で開く会派の)書道展に出品しますので、ご覧いただければ幸いです」



 サラリーマン現役時代の同僚から残暑見舞いが届いた。その中に、こんな一文が。この男、幹部としての職場の定年が視野に入った頃、「オレは退職後、書道塾を持つ」と決意してカルチャーセンター・山梨文化学園に師と定めた先生の門を叩いた。むろん、勉強は職場がはねた夜の時間である。そう言っては失礼だが、取り立てて字が上手という男ではなかった。




 甲府駅前の山梨県立図書館で開かれた展示会は彼が所属する昭書会が主催、山梨日日新聞社・山梨放送、山梨県書道会などが後援。会員79人の力作と毎日書道展の入賞作品3点が並んでいた。何事においても«凡人»の域を出ることが出来ない私に他人様の作品を評価する眼なぞありっこない。ずらりと並んだ力強い作品群に、ただ圧倒された。


書道1



 そんな中でも彼の作品はひと際異彩を放っていた。会場のメーンに展示されていることや元同僚という贔屓目だけではない。入賞作品の「輝籠淵」は6尺×2尺の大作=写真。もう一つが5尺×9尺の「精華」=写真=だ。「すごい。あの男が、こんな字を書くようになったのか」。正直な驚きであった。作品の前に釘付けになった。




 彼が仕事の傍ら書家を目指したのは10年以上前。その間の定かな努力の在り様は知る由もない。でも人知れない努力があったことは間違いない。かつて、山梨日日新聞社・山梨放送が主催、2万人近い人たちが参加して開く山日・YBS席書き大会で大会大賞(最高賞)を受賞した高校生が「毎日、500枚の書道紙を費やして練習した」という話をしていたことを思い出した。




 そんな言葉の裏にあるのは「努力」以外の何物でもない。Challenge、Chance、Change。この三つの言葉は、相互に関係し合っているような気がする。挑戦、機会、変化。スペルも「lle」と「c」「g」が違うだけ。いずれも「Cha」で始まり「e」で終わるのだ。ChanceとChangeは「c」と「g」の一字違い。挑戦しなければ、変化は生まれないし、その挑戦には、それなりのチャンスを伴う。




 パソコンは人々から文字を書く習慣を奪い取ろうとしている。文字は「書く」ものから「打つ」ものに変わりつつあるのだ。暑中見舞い、残暑見舞い、アッという間にその時季がやって来る年賀状…。いずれも大勢はパソコン文字に。とりわけ、毛筆は稀有になった。しかし、それに接した時、何とも言えない「温かみ」を感ずるのは私だけか…。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


大根の播種

赤とんぼ




 何時しか、暑苦しいミンミンゼミの鳴き声が消えて、空には赤とんぼが。屋敷と言わず、畑と言わず、あっちこっちで咲いていたヒマワリは黄色い花びらを落とした。その下で咲いていた百日草やユリも峠を過ぎて、今では見る影もない。流石に花にはまだ早いが、コスモスが順番を待っている。




 花というものは、咲いているうちが花。まさに«蝶よ花よ»だが、最後はだらしない。「散り際」などと人に愛でられるのは、春の桜ぐらいのものだろう。勢いのある花ほど最後は始末が悪い。たくさんの種を付け、地に落ちれば来年と言わずに所かまわず、発芽する。特にヒマワリは沢山の種ばかりか、背丈も大きく、幹も太くなるので、後始末に閉口するのだ。


ひまわり_convert_20110808223955


 特殊の大型はさみで切り倒して、種がなるべく落ちない内に畑のあっちこっちに山積みして燃やすのだが、どうしても種は落ち、それが来年へと繋がってしまうのである。我が家では毎年この時季、そんな作業が一日がかりで続く。




 「お父さん、来年はもうヒマワリはやめましょうね。それはともかく、もう大根を蒔かなきゃあ…」



 畑でヒマワリの後始末を手伝ってくれていた女房が、促すように言う。我が家では毎年、9月4日前後をメドに大根の種を蒔く。二人暮らしの我が家だけでは、僅かでいいのだが、娘の家や女房の姉夫婦、それに親しい家に差し上げる分まで作るのだ。秋大根は主には冬の時期の沢庵の漬物用。幸か不幸か畑だけは事欠かないので、作付け面積にはこだわらない。




 むろん播種の床づくりは私の仕事。持病の腰痛が邪魔して、作業は決して楽ではないのだが、女房が用意した塩入のペットボトルの水を飲みながら汗だくで畝を作って行くのだ。播種は女房の仕事。概ね30センチ間隔で蒔いていく。大根は発芽率がいい。ひと頃は3粒ずつ蒔いたが、2粒で十分。複数で播種するのは植物が持つ競い合う習性を考慮してのこと。




 問題は発芽後の病害虫対策。うっかりしていると、蝶々が若葉の裏に卵を産み、その幼虫が葉っぱを舐めるように食い荒らしてしまうのである。発芽のタイミングで「オルトラン」という殺虫薬を蒔くのだ。「♪ちょうちょ、ちょうちょ菜の葉にとまれ…」。人間とは勝手なもので、立場によって、そんな蝶々を摺り潰したくなるから不思議。




 大根は数ある野菜の中でも極めて逞しい。発芽率もいいし、生育も早い。9月に種蒔きすれば11月には収穫できるのである。「ど根性大根」だとか、「大根役者」、女房が「失礼しちゃうわ」と怒る「大根足」…。そのキーワードは総じて「逞しさ」だ。都会の方々が「アスファルトの割れ目から大根が…」と、大騒ぎするのもその一例。「大根役者」はいつまでも人気が出ない(当たらない)役者の比喩である。

大根


 「当たらない」は食品学上も的を射ていて、大根を食べて食中毒を起こしたという話は聞いたことがない。日常の食卓でも、刺身など生魚のツマに使われるのも大根が持つ「殺菌」効果に他ならない。食べて良し、おろして良し、刺身のツマにしても良し…。そう遠くない冬の時季、おでんの定番は、やっぱり大根。残暑も、やがてウソのように消えてその先に…。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ホームレスは不労者

風景


 子どもの頃、しばしば、浮浪者がやって来た。当時、この辺りは今のような果樹地帯の形成には程遠く、米麦養蚕の貧しい農村地帯だった。そんな農業形態は戦後の昭和20年代はおろか、30年代後半の高度経済成長の足音が聞こえて来る頃まで続くのである。米麦は供出制度があり、養蚕が大切な現金収入の手段、といった時代であった。ちょっと注釈をつけるとすれば、その養蚕の衰退が果樹への転換の引き金となり、今の果樹王国の形成を導いた。日本の養蚕の衰退、消滅は安い韓国産生糸の出現だったことは誰でも知っている。




 浮浪者のことを、この辺りの人たちは「お乞食(おこんじき)」と呼んだ。子供心にもいかにもぴったりの言葉だと思った。汚い身なりで、物乞いをして歩くからだ。服ともいえないボロボロの布をまとい、日焼けした浅黒い顔は、剃刀なんか何日も当てないから、髭ボウボウ。お碗片手におこぼれに預かりそうな家を回るのだ。その風体こそ違うが、歳末、僧侶が修行の一環で行なう「托鉢」に似ている。そんな托鉢を例えにすると坊さんに叱られるが、なにしろ「お乞食」「浮浪者」という言葉がぴったりだった。


風景2


 世の中全体、戦後の貧しい時代だから、子ども達だって、今のような恵まれた身なりや食生活をしていたわけではない。貧しい農家の経済がそうさせたのである。でも親達は無し無しのお金をお碗に入れてやり、お米をも持たせた。そんなうしろ姿を見たのか、子供たちも、これこそ無し無しの小遣いの中からニ円、三円と恵むことを覚えた。ウキウキと心を弾ませて行く祭りのお小遣いが30円、40円の時代である。




 ところが、ある時、その「お乞食」の本領を見透かしてしまうような出来事に出っくわした。学校からの帰り道、川べりの林で仲間と道草を食っている時のことだ。物乞いをしていた「お乞食」がそれまで着ていたボロボロの服を小奇麗なスーツと着替え、それを風呂敷に包み、颯爽と自転車で立ち去るではないか。髭はそのままだが、髪には丁寧にクシを入れているのだ。子供心にも「この詐欺野郎め」と思ったものだ。




 それからうん十年。わが国は経済大国と言われるようになった。よく考えるとホームレスはいるが、物乞いをする「お乞食」はいなくなった。そのホームレスの一人とワンカップの冷酒を飲みながら話した。東京・隅田川の川っ淵に自ら設けたダンボールやビニールシートの小屋を根城にする浮浪者だ。たまたまかもしれないが、出合ったホームレスは脱サラ男。「堅苦しい会社勤めが嫌になった」という50男だった。「俺たちゃあ、何不自由なく暮らしている。決して強がりなんかじゃあねえ」と言い「自由が財産だ」とも言った。


隅田川1


 このホームレスは「みんな自分自分。他人のことは分からねえが、大なり小なり、みんな同じだと思うよ」とも言う。子どもの頃、出合った「お乞食」と今の「ホームレス」。呼び名こそ違うが、共通した言葉に置き換えるとしたら「不労者」。これこそまさにぴったりの言葉だ。文化人とか評論家と呼ばれる人たちは、もっともらしく政治の貧困だとか、社会構造の欠陥を指摘する。でも何の事はない。平和ボケ日本の落とし子なのではないのか。分かり易く言えば、仕事嫌いの「不労者」だ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!