FC2ブログ

脱ダム思想の弊害

雨 


 今年の梅雨は確実に月を跨ぐ。関東甲信地方は6月中旬に梅雨入りし、普段の年だと7月中旬、遅くても下旬には明けてくれたのに、今年は梅雨明けを8月に持ち越す。新聞の週間天気予報は、時折の曇りマークがあるものの8月に入っても傘(雨)マークばかり。




 「梅雨の合間の晴れ間」。鬱陶しい梅雨にもホッとするひと時なのだが、今年はこれも少なかった。梅雨は広い地球上で、日本など地域限定の産物。それも毎年繰り返されるのだ。でも、自然は、梅雨の合間に「晴れ間」をつくり、その地域の人間どもに、いくばくかの「安らぎ」を与えてくれる「優しさ」をも持ち合わせてもいる。




 でも今年は明らかに違う。6月中旬の梅雨入り以来、曇りか、ほとんど雨ばかり。山梨県地方では2日2晩、3日3晩、雨の日もあった。列島の各地に大雨を降らせ、洪水や地滑りなどの災害をもたらもした。毎年やって来る台風シーズンと勘違いするくらいだ。


663435_s_convert_20200729205223.jpg


 私たちは「梅雨だから」お天気が悪かったり、雨が多いのは当たり前、と考えている。しかし、その雨の降り方は例年と明らかに違う。台風ならいざ知らず、梅雨の雨で大災害をもたらしたケースは、これまでにあまりなかった。これも地球を取り巻く、いわゆる気象異変の現れなのだろうか。だとしたら単なる梅雨の雨による災害よりもっと怖い。




 長梅雨と言われながらも月が替われば暑い夏が…。そしてまた、いつもの台風シーズンがやって来る。私は台風シーズン、と聞いただけで「洪水」を連想する。それは子供の頃からのトラウマと言ってもいい。夏休み中の8月からそれが終わった9月にかけた頃、近くを流れる一級河川の笛吹川が氾濫。堤防を決壊させ、収穫間近い水田を一瞬のうちに「河原」と化してしまうのである。




 台風一過。農家は翌日から家族総出で、流木や流れ込んだ石や砂利の片付けに奔走するのだ。今のように重機などがない時代だから、みんな手作業である。その年は被害の水田からの収穫はゼロであることは言うまでもない。洪水がもたらす水害は年中行事だった。


_convert_20200729205418.jpg
広瀬ダム:山梨県HPより


 度重なる被害が教訓になったのだろう。上流に二つのダム(広瀬ダムと琴川ダム)が出来た。以来、笛吹川沿川の洪水被害はウソのようになくなった。笛吹川とともに富士川の支流である釜無川にも同じことが言える。笛吹川など、幾つかの支流を抱えて甲府盆地を縦断する富士川は、先に大雨による洪水被害をもたらした熊本県の球磨川や山形県の最上川と並んで日本三大急流の一つだ。



 かつてお隣の長野県では「脱ダム宣言」なる政策を引っ提げて知事選に挑み、当選した落下傘知事がいた。しかし再選はならなかった。単なる目新しさや住民受けしそうな政策は、いずれは地域住民にバレるものだ。国政でも「脱ダム」を大声で叫んだ時期があった。ダムの建設場所は人里離れた河川の上流。下流域の人達がダムの実効性を体で分からないのも無理はない。




 しかし水の被害に遭うのはダムの有難さを日常に実感しない下流域の人達なのだ。戦国の武将・武田信玄は「国を治るは、人を治め、水を治め、山を治めることなり」と説いた。信玄に限らず、戦国の政治家たちは須らくそれを哲学として実践した。小さなことに目くじらを立てては揚げ足取りに狂奔、災害が起きて始めて、しかも他人事のように大騒ぎするだけの政治家たちに、果たして本当の水の怖さを知り、「水」を治めることが出来るだろうか…。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



人間の舌

ビール


 ウイスキーとワイン業界の大手・サントリーがビール業界に参入したのは昭和30年代。キリンやアサヒ、サッポロなどが、し烈なシェア争いをしている最中への«殴り込み»であった。味に既存のビールとは明らかに違う「個性」を引っ提げての挑戦。後発ならではの戦略だったのだろう。先発各社が消費者の「舌」に植え付けて来た「味」を問い直す、と言わんばかりの新規参入であった。




 ビールの味を文字で説明することは難しい。平たい言葉で言えば飲み口も味も「なるい」ものであった。飲み易さの半面、キリンやサッポロなど既存のビールに比べると「物足りなさ」を感じさせたことは間違いない。ホップの加減?それともアルコールの度数? 素人には分かりようもないのだが、兎に角「なるい」。口の悪い呑んべえ雀たちは当時、口々にこんなことを言った。




 「酔い覚ましに丁度いいビールだ」。この程度ならまだいい。中には「馬の小便みたいじゃあないか」と、辛辣な反応を見せる雀さえいた。これに対してサントリーの社長・佐治敬三は「日本人の舌を変えてみせる」と豪語して憚らなかった。強気の業界参入であったことがここでも覗える。しかし、結果的には「消費者の舌を変える」ことは出来ず、数年後には現在の「味」、つまり大まかに言えば既存のビールの味に変えた。当初の戦略は完全に失敗したのである。




 「おふくろの味」という言葉があるように、人間は習慣で一度覚えた味は簡単には忘れられないものだそうだ。醤油の話だが、大分県出身の方に、こんな話を聞いたことがある。


醤油


 それによると、九州地方には地場の醤油メーカーがあって、人々は長い間、その醤油を食べていた。そこへ、関東を拠点とした大手メーカーが殴り込みをかけた。その時の意気込みは、サントリーのそれと同じように「消費者の舌を変えてやる」であった。しかし、結果は大手メーカーの完全敗北。撤退に追い込まれたという。消費者の舌は長年慣れ親しんだ味を、新しく飛び込んで来た味に切り替え、受け入れることは出来なかったのだ。




 全国制覇を目指す大手メーカーにとって、«九州征伐»は懸案であったに違いない。その失敗にホゾを噛んだだろうことは容易に想像できる。消費者の「舌」は、それほど頑固で、恐らく、今に至るも「よそ者」を寄せ付けない力を持っているのだろう。




 そんな醤油秘話をしてくれた方は結婚で山梨市に定住。«山梨県人»になったのだが、「醤油だけは今も九州から取り寄せている」のだそうだ。考えてみたら、醤油は日本人の毎日の食生活に欠くことの出来ない調味料。その味が突然変わったら…。習慣と人間の舌は摩訶不思議な存在なのである。

ビール


 現役のサラリーマン時代のことだ。納涼会の宴席で、ビールの銘柄を当てるゲームをしたことがある。銘柄のラベルを隠して飲み比べをするのだ。キリン、サッポロ、アサヒ、サントリー…。参加者は50人ほどいたのだが、全正解者は一人もいなかった。「ビールやお酒には自信がある」と豪語した«つわもの»達も全滅であった。




 一方、お酒(日本酒)の場合も全く同じ。今はなくなったが、特級、1級、2級のランク付けがあった頃。銘柄やランク表示を隠して同じ試みをしたのだが、結果は同じ。見方を変えれば作る側は、人間の舌が極めて保守的で、極端な「個性」や「変化」を嫌うことを知り、«平均的»な味を作っている証かも知れない。「大衆(消費者)迎合」をし損なったらメーカーの明日はないのだ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

貴腐ワインの芳香

ワイン
画像:サントリーHPより


 もう40年以上前のことだった。所は甲府市の中心街の一角にある老舗ホテル・談露館の座敷であった。今は故人となられたサントリーの社長・佐治敬三は、同社が山梨県の登美の丘ワイナリーで開発に成功した「貴腐ワイン」を片手に得々と話し始めた。ワイナリーは茅が岳山麓に広大な面積を誇るサントリーの試験農場。いわば同社のワイン造りの«メッカ»だ。




 「このワインは、わが社の試験農場・登美の丘で発見された葡萄の«菌(カビ)»で造った貴重なワイン。この発表会の後、発売を開始しますが、程よく甘口なので、老若男女を問わず主にデザートワインとして楽しんでいただけるものと考えています…」

_convert_20200721222718.jpg
佐治敬三:サントリーHPより


 グラスに注がれた貴腐ワインは、見事な琥珀色をしていて、口に含むと濃厚な甘味が快く広がる。確かに、それまでのワインの概念を著しく超えたものであった。同席したワイナリーの農場長・大井一郎によれば、「貴腐」とは、白ワイン用品種の葡萄の皮が「ボトリティス・シネレア」という菌(カビ)に感染することによって糖度が高まり、芳香を帯びる現象を言うのだという。佐治はご存知、サントリーの前身・寿屋の創始者である鳥居信治郎の次男だ。




 同席したのは10数人。30歳、40歳代の人達で、多くが山梨以外の出身者。私のように生粋の山梨県人も何人かいた。あえて「山梨県人」と言ったのは、少なからず、葡萄やワインを知っている人たちという意味からだ。生まれながらに、何らかの形でブドウ作りやワイン造りを見て来た。むろん専門的な知識を持ってるわけではないが、「少なからず知っている」人たちなのだ。皮肉っぽい質問も飛び出した。

1_convert_20200721224903.jpg

 「通常のブドウ栽培では、そんな菌(ボトリティス・シネレア)は生まれません。丹念な消毒で、あらゆる病害虫退治をするのですから…。貴腐葡萄は失敗の産物では?第一、菌(カビ)に侵され、水分を奪われた葡萄からの醸造は大変でしょうね」




 ワインはウイスキーや日本酒と違って全てが果汁。水は一切添加しない。言うならば、菌に侵されて干からびた葡萄からワインを作れるのか、という疑問だ。その時の佐治や大井の答えは定かに覚えていない。ただ、試験農場では以前から日本特有の「棚栽培」ではなく、収穫をワイン用だけに特化した「垣根栽培」(立木栽培ともいう)に挑戦していたことは事実。



  むろん、栽培品種はワイン用だ。生食用品種の栽培だったら絶対に「貴腐」の元となる菌など発生する余地は作らない。「貴腐」の菌に限らず、丹念な消毒を施すので、病害をもたらす菌という菌を全て排除してしまうからだ。もう一つ、釈然としないのは干からびた葡萄からのワイン造りだ…。




 一方、ちょうどその頃、同社は南アルプスの山麓・山梨県北巨摩郡白州町(現北杜市)にウイスキーのディステラリーを開設。佐治は「この白州ディステラリーを京都の山崎に代わるウイスキーづくりの拠点にしたい」と言明した。同社のワイン造りの拠点は「登美」、先発のウイスキーの拠点は京都の山崎であった。サントリーの看板銘柄「山崎」と並ぶ「白州」を新たに売り出したのである。山梨への進出、それに伴う拠点づくりは間違いなく本気だった。


_convert_20200721224313.jpg


 ウイスキーは水が命。「白州」は南アルプスの水が「売り」であることは言うまでもない。サントリーが、この地でのウイスキーづくりをするにあたって、それまで町を流れていた「濁川」が、いつの間にか「神明川」に変わった。たかが川といえども名前が「濁」はイメージ的に水が命のウイスキーづくりの邪魔?と考えたのだろう。町を動かした。山梨へのウイスキー工場進出へかけたサントリーの気構えがこんなところにも覗える。因みに「濁川」は全国あっちこっちにある。字面ががイメージする「濁」ではないらしい。



 「50年後にはウイスキーの生産拠点を白州に移す」。佐治がそう語ってから、ボツボツ50年が経つ。しかし…。地元の人たちによれば、その背景にはどうやら蒸留過程で排出する蒸気が周囲の松林に及ぼす影響があるとかないとか? サントリーウィスキーの「山崎」から「白州」の製造拠点と銘柄の移行は«幻»に終わるのか…。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

ワインの歴史

赤玉ポートワイン



 我が国のお酒の歴史の中でワインは、大衆化と言う意味ではそんなに古くはないはずだ。サントリーの「赤玉ポートワイン」の宣伝ポスターをご存知の方もお出でだろう。むろん作られた当時のことではない。大正の末期に製作されたポスターだから、誰だって知らない筈。後の時代にまで注目を浴びたポスターだった。主題の「赤玉ポートワイン」が注目を浴びた訳ではなく、そのデザイン、つまり«大正髪»の女性が胸まで露出したセミヌードの奇抜さが話題となったのだ。今では何でもないアングルなのだが、そんな時代だったのである。




明治の終わりに近い頃、発売された「赤玉ポートワイン」は«和製ワイン»の第一号だった。人気の寿命が長く、私の年齢でも飲んだことがある。でも、およそワインと言われる代物ではなかった。はっきり言わせていただければ、葡萄ジュースだ。こんなことを言えるのも、百姓の倅で、子供の頃から葡萄酒の«盗み酒»をしていたせいかも知れない。


 いずれにしても日本のワインの歴史はそんなに長くはない。時を重ね、我が国の消費者たちの間には「ヌーボー」などという言葉が一般化するほどフランスやイタリヤ、中南米など外国産ワインを飲むことが日常化するようになった。ウイスキーを含めたお酒の自由化が拍車をかけたのである。


1769666_s_convert_20200713092137.jpg



「トリスを飲んでハワイに行こう」。サントリー社が作った、そんなキャッチコピーのCMがヒットした時代があった。時は我が国が高度成長に動き出した昭和30年代半ば。同時に「ノウキョウさん」などという言葉が生まれ、小旗を掲げた旅行社のガイドさんに引率されて、農家の人たちもハワイ旅行を楽しむようになった。私たちが学生時代、街には「トリスバー」の看板があっちこっちに目立った。


  サントリーがビール業界に参入したのもこの頃。サントリービールの味は今と違った。後に今の味になったのである。一方、酒場を今のように「スナック」とは呼ばずに「バー」といった時代である。人々はスコッチなどの洋酒やビールを好んで飲んだ。しかし洋酒は値段が高く、私たち貧乏学生は焼酎をホッピーというビールに似た飲料っ割った、いわゆる「ホッピー酒」を飲んだりしたものだ。






ハワイなどへの外国旅行者は、ウイスキーなどの洋酒をお土産に持ち帰った。当時、「ジョニ黒」、「ジョニ赤」といったジョニーウォーカー社のラベルが人気だった。今のように洋酒が自由化されていなかった時代だから、免税ギリギリの本数を隠すように持ち帰ったものだ。その頃、ワインは今のように大衆化していなかった。しかし次第に、その地位を確立、セレブの婦人層にも飲まれるようになって大衆化の道を歩むようになるのである。


875825_s_convert_20200713092413.jpg


「世界で良質ワインの醸造を競ったら、間違いなく日本が一番」と断言する人は多い。その根拠は原料。ワイン通の人達が言う「何年物」というのは製造された年が古いことを言うのではなく、原料の葡萄が豊作の年を言う。原料が良ければ、いいワインが出来るに決まっている。商品化する場合、当然、壁に突き当たるのがコスト。我が国の場合、葡萄の栽培方法の違いや栽培にかけるコストから採算に合わないことは素人でも分かる理屈だ。。






日本と欧米諸国とでは葡萄の存在意義が全く違うのである。日本の生食用に対して、ほとんど全ての国々がワインの原料用。用途が全く異なるのだから、栽培方法も、それにかける手数や経費も比べ物にならないほど違う。そこから生まれる葡萄も、それを使ったワインのコストがが違って当たり前なのである。






知り合いの篤農家が自らの愛飲用として巨峰種で«密造»したこだわりのワインをご馳走になったことがる。実に美味い。時季になって珍重がって飲むヌーボーなど足元にも及ばない。






.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ワインと日本酒

ジュエリー


 山梨県民が「おらが県の特産品」と言って憚らないのはジュエリーとワイン。もちろん葡萄や桃は言うまでもないが、「地場産業」といったら、やっぱりジュエリーとワインなのだ。ジュエリーとワインは、その生産量でシェア日本一。ジュエリーは、その昔、金などと共に採掘量に恵まれた水晶が元となって加工技術が発達、この地に根付いた。一方、ワインは供給量を見込んだワインメーカーが山梨・特に勝沼や塩山に進出して産地化したのである。


ワイン

 欧米人にとって飲料の嗜好品と言えば、やっぱりワインやウイスキー。その歴史は古い。一方、我が国は言わずもがな、日本酒である。主食としてのコメの量産。その米が加工され、日本酒として定着したことは誰も想像に難くない。日本酒は日本人の食生活、つまり欧米人と比べて淡泊な食生活が導いたともいわれている。




 嗜好飲料の多様化によって、今は日本酒の消費量は落ち込んで造り酒屋は減る一方。若者をターゲットにしたり、健康志向を売りにした焼酎の人気が伝統の造り酒屋を根底から脅かしたのである。しかし、その造り酒屋が全盛を極めた時期があったのだ。



造り酒屋



 造り酒屋は、かつての大地主であった。ふんだんにあるコメが日本酒、つまり酒に姿を変えて人々に愛されたのである。ただ、食糧難で、「供出」などと言う言葉が当たり前だった時代は「合成酒」が代用されたことも確か。合成酒は、その名の通り、エチルアルコールを添加した質の良くないお酒であった。



 日本酒は蒸し上げたコメに酒麹を加えて発酵させ、良質の水を加えて作る。古来、人々は、そのまま飲んだ。やがて、それを«こす»ことを覚え、現在のいわゆる「清酒」を作り上げたのである。そこで生まれた「酒かす」は甘酒や漬物の素材など幅広く活用されているのだ。「酒を絞る」という言葉もそこから生まれたことは言うまでもない。ワインの場合も同じで「絞る」という。




 「絞る」前のお酒を「どぶろく」といった。親父やおふくろは冬場、居間の炬燵の余熱を利用して密かに、この「どぶろく」を作っていた。「これは毒だから、子供は飲んではいかんぞ」と言われたことが返って子供心に好奇心を誘い「盗み酒」をしたものだ。ワインも同じ。この辺りでは「葡萄酒」とい言ったが、多くの農家が税務署に隠れて«密造»をしたのである。すくなくとも「ワイン」というイメージではなかった。


日本酒



 農家が「葡萄酒」(ワイン)の原料にするのは、決まって屑葡萄だ。生育が不良で房に色が着かなかったり、病害虫に侵された、いわゆる出荷出来ない不良品である。私たち子どもには原因など分かるはずもなかったが、房の所々に収穫期になっても色が着かず、疎らに、いわゆるツートンカラーになってしまうものもあった。それでも農家は「お金にしたい一心」で、疎らに残る青い粒をハサミで丹念に切り取っては出荷した。




 そこで生じた屑葡萄が葡萄酒の原料なのだ。理屈から言ってもそんな悪い原料で良質のワインが出来る筈がない。しかし、現実は現実。世界的に生産されているワインは日本のように手をかけて栽培された葡萄が原料ではないことだけは確かだ。(次回に続く).




ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 職場を離れた後は«農業もどき»で頑張っています。傍ら、人権擁護委員やロータリー、ユネスコなどの活動も。農業は«もどき»とはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定もします。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは、身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!