FC2ブログ

校歌の郷愁

校歌

 「天地の正気 甲南に 籠りて聖き 富士が根を 

                             高き理想と 仰ぐとき 吾等が胸に 希望あり」

 母校日川高校の校歌の一番である。左手を腰に、こぶしを握り締めた右手を斜め上下に振りながら老いも若きも歌うのである。新制高校の卒業生ばかりではなく、80代、90代の旧制中学卒業の大先輩もいる。ざっと500人はいるだろう。会食テーブルのまにまに広い体育館を埋めた同窓生達の歌声は母校の構内に大きくこだました。


同窓会

 年に一度11月3日を定例日として開く同窓会のひとこまである。ひとこまというより、集いのフィナーレを飾る最後のクライマックスと言った方がいい。ステージで指揮を執るのは往年の応援団。同窓会は45~6歳の年代がひとまわり下の学年卒業生を補佐役に当番制で幹事役を務める仕組みをとっていて、応援の指揮もその世代の応援団が担当するのである。


日川高校

 10人ほどのリーダー役はいずれも学ランに破れ帽子姿45~6歳ともなるとお腹が出っ張ったメタボ?もいるから、ちょっぴり窮屈そう。それでも汗だくで指揮を執る。それに合わせて歌う同窓生達は何十年も前の旧制中学時代や高校時代にタイムスリップ、それぞれのよき時代とオーバーラップさせるのである。その顔はみんな純真に見える。同窓会の開幕行事である「校旗入場」のバックで流れる校歌とは、また違った興奮がある。



 この日を前後して、学年によっては、それぞれの同級会やゴルフ会を開いているところもある。そこでもみんな校歌を歌い、またの再会を約束しながら別れるのだ。「こうしてみんなで校歌を歌うと、俺は妙に心が洗われるような気持ちになるんだよ」という仲間がいた。私も全く同じだ。


質実剛健

 同校は2年後に創立120周年を迎える。その校歌は校章とともに創立以来変わっていない。そのわけは多分こうだ。まず校歌。四番まである歌詞の中に校名、つまり「日川中学」「日川」がどこにも入っていない。こういう校歌は全国的にも稀だという。新制高校にそぐわない字句が歌詞に入れてあった多くの学校は、旧制中学から新制高校に変る時、校歌を変えざるを得なかったのである。



 校章の場合も同じ。同校は、山梨県で最も古い歴史を持つ甲府中学の「ニ中」として生まれたことから「中学」の「中」の文字を縦横に絡ませてデザインした、いわゆる金平糖が校章だから、これも変える必要がなかった。

校章

 結果的だが、この二つがもたらしている効果は大きい。旧制中学の卒業生も、新制高校の卒業生も同じ土俵に立てるばかりでなく、母校に対して共通の認識がもてるということである。それは勢い、母校愛のようなものを持続させたり、ひいては同窓生の結束にも繋がる効果を生んでいる。もちろん、母校なんてどこ吹く風、といった同窓生だっているし、いて当たり前。ただ、そんな同窓生バカがいたっていい。少なくとも、同窓会の副会長を仰せつかっている私はそう思っている。




..ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



どこへ行った秋の青空

 いったい、秋の青空はどこに行ってしまったのだろうか。全く、よく降る。今日も雨だ。庭や畑の草は伸び放題だし、水をたっぷり含み、土が緩んでいるから雨が止んでもしばらくは畑にも出られない。洗濯物もさることながら、女房も「お父さん、これじゃあ、布団も干す時がないわねえ」とボヤクことしきりである。


 「女心と秋の空」という言葉がある通り、天気が変わり易いのも秋の特徴だが、それは初秋の一時期のこと。誰しも、秋の空といえば、たいてい抜けるような青空をイメージするはずだ。私にとって忘れられないのは、東京オリンピックが開幕した日の朝の青空だ。

★東京オリンピック★

 55年前のちょうど今頃、正確には昭和39年10月10日の朝だった。お若いブロガーの方は東京オリンピックも、その日の朝も、もちろんご存知ないだろうが、それは素晴らしい青空だった。わが国が戦後の復興期を抜け出し、高度成長期へと走り始めていた時期で、日本中がこのオリンピックに注目、固唾を呑んで見守った。いうまでもなく、わが国では初の開催だった。「東洋の魔女」とか「金メダルポイント」といった言葉を生んだのもこのオリンピックだ。

空1

 この日、代々木、千駄ヶ谷の森は、半ば興奮気味の人たちでごった返していた。当時、貧乏学生だった私は、開会式の入場券など買えなかったのだろう、メーン会場となった国立競技場と目と鼻の先にある新宿御苑に仲間数人と立っていた

新宿御苑


 みんな空を見上げていた。東京という大都会で空を見上げる機会など滅多にない。しかし、この日だけは違った。どこからともなく、5機の編隊で飛んできた航空自衛隊のアクロバットチーム・ブルーインパルスが国立競技場の上空に鮮やかな五輪のマークを描いたのである。もちろん、ブルーインパルスなどという、カッコいい飛行チームが出来た事など知るよしもない。因みに、ブルーインパルスの登場はその5年前だそうだ。



 国立競技場の上空といっても、高度は3,000m五輪の直径一つが1,800mというから東京の大部分の所で見ることが出来ただろう。みんなが見上げた東京の大空はすき透るような青さだった。その真っ青な大空のキャンパスにブルーインパレスの編隊が青、黄、黒、緑、赤の五輪の大輪をカラフルに、しかもダイナミックに描くのだから私のみならず、誰だって度肝を抜かれ、同時に大きな拍手を贈りたくなったのも分かるだろう。



 はっきりとは覚えていないが、前の晩、雨が降った。その雨が代々木の空をいっそう青くしたのかもしれない。青空をバックに描いた5色の大輪は、神宮の森や新宿御苑のどっしりとした緑と見事なコントラストを見せていた。


 このオリンピックを契機とするように、わが国のモータリゼーションは大きく加速、いつの間にか東京の空から青空が消えた。その後にやってきたのは灰色の空だった。大都心といわれる東京。朝から晩まで忙しく動き回る働き蜂たち。恐らく、その空を見上げることもなかっただろう。


オリンピック


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


校歌に生きる青春

青春


 どんな人間にも青春がある。過ぎ去った青春もあれば、これから迎える青春だってある。楽しかった青春もあれば、苦しかった青春もある。仮に、苦しくても、辛くても過ぎてみれば、その方が中身の濃い青春かもしれない。




 それぞれの青春。その青春を間違いなく呼び起こしてくれるもののひとつに学校の校歌がある。そこには、それが中学校であれ、高校であれ、大学や専門学校であれ、それを歌う者でなければ分からない青春があるのだ。



同窓会  



 ことしも 母校の同窓会が開かれた。山梨県甲府盆地の東部に位置する県立の日川高校というのだが、同校の場合、毎年11月3日の[文化の日]をその日に充てている。大きな体育館に設えられた特設の会場には各地から同窓生が、この日を楽しみに集まって来るのだ。その数は毎年、700人前後。顔ぶれは旧制中学の大先輩から、いわゆる親子三代にわたる。宴の始まりを宣言する今年の乾杯の音頭は93歳。旧制中学の大先輩であった。


同窓会2


 この集まりは、名目的には総会。お決まりの事業・決算報告や、その新しい計画も審議するのだが、集まった人達にとっては、そんなことはどっちでもいい。「やあ~、お久しぶり。元気でなによりだ」「今、何をしている?」「お互い、頭が白くなったなあ~」・・・。一年ぶり、また何年かぶりの再会に話が弾むのだ。酌み交わすお酒も進もうというもの。会場の一角には、武田信玄が旗印にしたという、孫子のあの「風林火山」を大書きした懸垂幕も。書家でもある同窓生がバケツの墨汁を使って雑巾で書いたというシロモノだ。宴は当番幹事を中心にした手作りである。


同窓会3



 総会という名の宴の最後を飾るのが校歌の斉唱だ。それまでワイワイ、ガヤガヤやっていた老いも若きも一瞬、静まり返り、大声で歌う。ステージの上でリードするのは、破れ帽子に学ラン姿の往年の応援団。当番幹事である46~7歳と33~4歳の、つわもの達の手さばきは半端ではない。それに合わせて歌う顔、顔、顔・・。頭に白いものを頂き、顔にシワを刻みながらも、その顔は純真そのもの。何十年も前の青春にタイムスリップしていた。



同窓会4



 当たり前だが、校歌は流行歌と違って、それぞれの学校の、そこに学んだそれぞれの人達だけの固有の歌である。逆に言えば、だからこそ愛着があるのだろう。在学中のそれと、歳を経て歌う校歌の感慨は、まるで違う。あの日、あの時、さまざまな青春が校歌に宿っているからだろう。在学中、それ程勉強したわけでもなく、そうかと言ってそれ程の悪ガキでもなかった私のような者でも、それを歌う時、心にジ~ンと来るものが。「ノスタルチックの世界さ」と笑えない何かがある




同窓会5



 日川高校のそれは「天地の正気 甲南に・・・」で始まり、4番の最後は「何時の世までも轟かむ」で終わる。同校の校章は、お菓子のコンペイトウに似ている。その発祥が甲府中学の「第2中」の意味合いがあったのだろう。二つの「中」を横縦に重ねてデザインしたと言われる。同窓会は記念品に、その校章をあしらったネクタイピンなどを出しているから、それを見た同窓生が「お前は天地の正気か?」と、思わぬ場面で意気投合することも少なくない。同じ釜の飯を食った、大きな意味での仲間達の青春。どこの学校の卒業生にも、そんな触れ合いがあるのだろう。

こんぺいとう


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


朴歯の高下駄

 間もなく、母校・日川高校同窓会の集まりの日がやって来る。毎年11月3日、その総会を名目に旧制中学から今の高校までの同窓生達が懇親の場を持つのである。会場となる母校の体育館は≪日川バカ≫といったら先輩達に叱られるかもしれないが、母校への愛着や青春時代の郷愁豊かな同窓生達で埋まる。

日川高校同窓会のページ

日川高校1


 プログラムは往年の応援団が高校時代さながら、学ラン破れ学生帽朴歯の高下駄姿で校旗を掲げて入場、校歌、応援歌の合唱で幕を開ける。同校は,半年後には117周年を迎えるが、幸い、旧制中学時代から校章はもちろん校歌も変わっていないから、旧制の大先輩から若者までが心を一つにして歌う。どの顔も、どの心もそれぞれの青春に思いをはせる瞬間である。


応援団1


 校歌は「天地の正気、甲南に・・・」で始まるのだが、その三番に「天皇(すめらみこと)の勅(みこと)もち・・・」という一節がある。この歌詞をめぐって、数年前、一部の屁理屈やさんが「現代にそぐわない」と、訴訟を起こしたことがあるが、そんなことはみんなどこ吹く風。伝統の応援歌と共に力いっぱい歌うのだ。一家で親子3代、4代この校歌を歌う人たちも珍しくない。



 日川高校は旧制甲府中学、現在の甲府一高に次いで山梨県では古い伝統を持っている。バンカラの校風をみんながよしとしていて、そのバンカラの最たるものが応援団だ。ところが今、この学校には応援団に入部する男子生徒が少なくなくなって久しいのだという。私自身も「ええ~?」と耳を疑ったのだが、ホント。応援団長は女生徒だという。



 時代も変わったもんだ、と思うのは私ばかりではない。多くの同窓生がそう思っているに違いない。ごく最近になって、やっと一人の男子生徒が「これではいけない」と入部してきたという。そんな話題が山梨日日新聞に紹介されていた。そこには学ランに破れ帽、朴歯の下駄姿で胸を張る女性応援団長の勇姿が。「(男が駄目なら)私達が応援団の伝統を守り、引き継ぐ。新入部員の男子をしっかりしごいて立派な後継者を作る」と、コメントするその応援団長に思わず拍手を送りたくなった。




 朴歯の高下駄。学ランとはちょっと違うが、詰襟の学生服とこの朴歯の下駄は子供の頃、早く着たり、履いてみたかった思い出がある。なぜか、そうすると、ちょっぴり大人になったような気分になるからだった。急に背丈が大きくなったような気分になったり、カラン、コロンと歩く様にあこがれた。背伸びをしてみたい年頃だったのかもしれない。


高下駄


 そんな子供の頃の思い出が懐かしくなって、朴歯の高下駄を探してみた。朴歯の下駄はおろか、下駄を売っているお店が少なく、見つけるのに一苦労。よく我が家に遊びに来る女房の学生時代の同級生のご主人が、千葉の自宅近くで見つけて送ってくれたのである。子どものように嬉しかった。ところが、平らなところでないと不安定で怖い。とてもカラン、コロンという訳にはいかない。忍び寄るバランス感覚の衰えを思い知らされた。

高下駄2

.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


校歌の郷愁

校歌


 「天地の正気 甲南に 籠りて聖き 富士が根を 高き理想と 仰ぐとき 吾等が胸に 希望あり」
 母校日川高校の校歌の一番である。左手を腰に、こぶしを握り締めた右手を斜め上下に振りながら老いも若きも歌うのである。新制高校の卒業生ばかりではなく、80代、90代の旧制中学卒業の大先輩もいる。ざっと500人はいるだろう。会食テーブルのまにまに広い体育館を埋めた同窓生達の歌声は母校の構内に大きくこだました。


同窓会


 年に一度11月3日を定例日として開く同窓会のひとこまである。ひとこまというより、集いのフィナーレを飾る最後のクライマックスと言った方がいい。ステージで指揮を執るのは往年の応援団。同窓会は45~6歳の年代がひとまわり下の学年卒業生を補佐役に当番制で幹事役を務める仕組みをとっていて、応援の指揮もその世代の応援団が担当するのである。


日川高校


 10人ほどのリーダー役はいずれも学ランに破れ帽子姿45~6歳ともなるとお腹が出っ張ったメタボ?もいるから、ちょっぴり窮屈そう。それでも汗だくで指揮を執る。それに合わせて歌う同窓生達は何十年も前の旧制中学時代や高校時代にタイムスリップ、それぞれのよき時代とオーバーラップさせるのである。その顔はみんな純真に見える。同窓会の開幕行事である「校旗入場」のバックで流れる校歌とは、また違った興奮がある。



 この日を前後して、学年によっては、それぞれの同級会やゴルフ会を開いているところもある。そこでもみんな校歌を歌い、またの再会を約束しながら別れるのだ。「こうしてみんなで校歌を歌うと、俺は妙に心が洗われるような気持ちになるんだよ」という仲間がいた。私も全く同じだ。


質実剛健


 同校は数年後に創立120周年を迎える。その校歌は校章とともに創立以来変わっていない。そのわけは多分こうだ。まず校歌。四番まである歌詞の中に校名、つまり「日川中学」「日川」がどこにも入っていない。こういう校歌は全国的にも稀だという。新制高校にそぐわない字句が歌詞に入れてあった多くの学校は、旧制中学から新制高校に変る時、校歌を変えざるを得なかったのである。



 校章の場合も同じ。同校は、山梨県で最も古い歴史を持つ甲府中学の「ニ中」として生まれたことから「中学」の「中」の文字を縦横に絡ませてデザインした、いわゆる金平糖が校章だから、これも変える必要がなかった。

校章


 結果的だが、この二つがもたらしている効果は大きい。旧制中学の卒業生も、新制高校の卒業生も同じ土俵に立てるばかりでなく、母校に対して共通の認識がもてるということである。それは勢い、母校愛のようなものを持続させたり、ひいては同窓生の結束にも繋がる効果を生んでいる。もちろん、母校なんてどこ吹く風、といった同窓生だっているし、いて当たり前。ただ、そんな同窓生バカがいたっていい。少なくとも、同窓会の常任理事を仰せつかっている私はそう思っている。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!