FC2ブログ

庭先の異彩

百日紅の花


 ヒマワリや百日草の花が姿を消して、我が家の庭先で、今、異彩を放っているのは百日紅(さるすべり)とアサガオ。ちょっと地味だが、真っ白いユリも捨て難いアクセントの役割を。百日紅はピンクの花を山盛りにつけ、アサガオはブルーの大輪を棚いっぱいに咲かせている。百日紅は恐らく100年以上、年輪を重ねた古木。幼い頃、近所のわんぱくどもと木登りした頃と幹の太さは変わらない。そう考えると、樹齢は、もっと古いのかも知れない。




 植え込みの手入れを、自らするようになって、剪定作業をし易いように樹の頭を縮め、形を整えたせいもあって花のバランスも良くなった。と、勝手に思い込んでいる。近くに«二世»の百日紅も加わってピンクの花の競演だ。周りの樹々は、もう緑の貯えをやめ、どちらかといえば、紅葉への準備を始めた。百日紅とアサガオの花の競演も見方を変えれば、行く夏を惜しんでいるようにも見える。




 百日紅はその年に延びた小枝に穂先のような形状を作り、その穂先いっぱいに貯えた蕾を次々と咲かせていく。「百日紅」(さるすべり)とは、うまい名前を当てたもので、まさに百日紅(ひゃくしちこう=紅)だ。むろん、同じ花が百日も咲いているはずがない。それぞれの帆に蓄えた無数ともいえる蕾が、次から次へとリレーして花を咲かせるのである。




 百日は、もちろん100間の意味ではなく、百日草や八つ手、山の八ケ岳と同じように「長い」や「沢山」の総称。百日紅の開花期間は、ざっと60日。おおざっぱに7月下旬に咲き出し、9月の下旬まで花を付ける。むろん、その年の気象や樹勢によっても異なる。

百日紅1


 百日紅は逞しい樹木で、放って置くと、どんどん大きくなる。だから花を付けると存在感はひとしおだ。車で走っていても、あっちこっちで目を引く。歌にある「赤く咲くのは・・・」などというロマンチックなものとは程遠い。でもこの時季、周囲に異彩を放つ花であることは間違いない。




 一方、アサガオ。このアサガオは種を付けない。在来種ではなく、台湾が原産だそうで、我が家の場合、母屋の敷石の下で株となって越冬、春になると逞しくツルを伸ばす。屋根まで届く網の棚を作ってやり、花を楽しむ。夏場には格好の日除けにもなる。花は7月下旬から咲き始め、11月の声を聞くまで楽しめる。

アサガオ


 直径15cmぐらいある大輪で、色は濃いブルー。それ専用のツルに鞘のような蕾を付け、次々と花をつけるのである。そのツルは繁茂するといってもいい大きな葉っぱの表に出て来て花を前面に出す。だから花の大輪がひと際クローズアップするのだ。ただこのアサガオ、種がないのに元はどうして繁殖したのだろうか。そんなことを考えると、漫才やコント風に言えば「夜も眠れない」?




 百日紅やアサガオの足元で、あちこちに咲く白百合も淡泊ながら風情がある。外来種だそうで、背丈は在来種の鬼百合や山百合と違って2mをざっと超す。その先っぽに、ほぼ直角にラッパのような純白な花を付けるのだ。その«ラッパ»は時期が来るとコロリと落ちる。種を鳥が運ぶのか、風が運ぶのか、我が家の周りには年々、この白いラッパが増える。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



 やたらにクソ暑いから畑に出るのをサボり、会議など外に用事でもない限り、日中は家の中にいることにしている。ボツボツ9月の声を聞くというのに山梨県地方は相変わらずの猛暑日が。特に四方を山に囲まれ、すり鉢の底のような地形の甲府盆地は、ただの暑さではない。湿度をはらんで蒸し暑いのだ。エアコンでもなければ、やりきれない。


夏


 エアコンを点ける前、居間の温度計を見たら30度を超していた。この夏、ひどい時には35度を超したこともあった。くどいが、家の中である。温度計などと洒落たものではなく、デジタル時計の下に湿度と共に表示されるのだ。どなたかの結婚式の記念品としていただいたものだが、そこに表示される湿度は毎日のように60%を超す。この辺りと標高が200m近くも低い甲府の人たちには同情したくなる。夏場なんか暑苦るしくて眠れまい。




 そうは言っても時季は時季。昆虫や植物の花は素直に反応する。蝉はその種類ごとに時期に合わせてリレーし、日本アサガオとは時期を遅らせて咲く西洋アサガオが大きな花を。毎年の事ながら珍しいと思うのだが、この朝顔、日本アサガオのように夏の真っ盛りに咲くのではなく、その開花時期をずらし、晩秋まで咲き続ける。霜が降りる11月頃まで咲いているのだから晩秋どころか初冬といった方がいいかもしれない。


アサガオ


 蝉は、この辺りでは梅雨が明けるのを待ちわびるように、まずジージーゼミが「我が世の春」とばかり鳴き始め、アブラゼミミンミンゼミへとリレーするのだ。この頃になると外気の暑さと相まって、その蝉の声が無性に暑苦しく感ずるのである。それがしばらく続くと今度はヒグラシが。晩夏というか、初秋のこの時季、特に朝夕に「カナカナ」と鳴くこのヒグラシは別名カナカナゼミとも呼ばれる。




 「静けさや 岩に沁みる入る 蝉の声」




 俳句の世界では、蝉は夏の季語。しかしヒグラシは秋の季語である。日暮、蜩、秋蜩、茅蜩とも書く。いくら周りが暑かろうが、このヒグラシが鳴き始めるとなんとはなしに秋の到来を感ずるのだ。しかし実際には、ヒグラシの成虫は梅雨の最中の6月下旬から発生、活動を始める。他の蝉より早く鳴き始めるという。その上、9月中旬まで夕方の日暮れ時に鳴くものだから「日を暮れさせるもの」としてヒグラシの和名がついたのだそうだ。




 いくら暑い、暑いと言っても季節というものは正直。朝夕の空気はひと頃とは明らかに違うようになった。暑いことには変わりはないのだが、どこかしら秋が近づいていることを感じさせるのだ。それに一役買っているのがヒグラシかもしれない。周りの葡萄園では巨峰ピオーネが真っ黒に色付き、収穫期を迎えた。デラウエアー種などからのリレーだ。


ブドウ


 今しばらくはミンミンゼミとヒグラシの競演。この二つが鳴き止むと、今度はスズムシやコウロギの出番。本格的な秋の到来を意味する。考えてみれば人間など、我がままでもあり、たわいもないものだ。「暑い、暑い」と言って、やれエアコンだの熱中症だのと言って大騒ぎをし、それが収まるとケロリと忘れ、やがて「寒い、寒い」と言って騒ぐのだ。虫はその時をひたすらに鳴き続け、誰にも気付かれないように静かに姿を消していく。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

百日紅の花

百日紅_convert_20110808224142



 久しぶりに青空が広がった。植え込みの木々は心なしか青さを濃くした。水を存分に吸ったためだろう。その緑の上に紅い百日紅の花が。一つ、二つ、三つ…。まるで穂のように花を付け始めた。その下には向日葵のま~るい花が黄色く笑っている。緑の“地”に映える二つの花のコントラストがいい。


ひまわり_convert_20110808223955  


 百日紅が開花すると、何故か梅雨明けが間近いことを直感するのである。百日紅(さるすべり)。うまい字を充てたものだ。幹は猿でも滑りそうなほどツルツルしていて、その枝には、百日と言わないまでもロングランで紅い花を付ける。




 例年の事ながら、ボツボツ梅雨が終わりを告げる頃、花を開き始め、9月いっぱいは咲き続けるのだ。猛暑の夏には向日葵がよく似合うが、その一方で百日紅も逞しく、暑い夏を彩る。




 長雨のせいにしてほったらかしにしておいたタマネギを遅ればせながら収穫。隣の畑では、サツマイモや大豆が元気がいい。長雨で存分に水を吸ったサツマイモや大豆は、今度は太陽の恵みをいっぱい吸って、その勢いを増すに違いない。




 ジャガイモの後を追っかけて、サツマイモは毎年作るが、大豆は久しぶりだ。久しぶりと言うより、ある種の思い入れを込めて蒔いた。懇意にさせていただいている方から「曙大豆」の種をいただいたからで、今から収穫の時期が待ち遠しいのである。



 曙大豆2
身延町商工会より



 「曙大豆」は甲府盆地の南部、身延町・曙地区でブランド化した大豆。枝豆としてビールのつまみによし、味噌や醤油の原料によし。地元の商工会や農協は“種の保存”に力を入れている。

曙大豆



 甲府盆地の東北部・山梨市のこの辺りは昭和30年代の半ば、それまでの米麦養蚕の農業構造から一変、葡萄、桃の果樹地帯に衣替えした。最近ではサクランボも加わって、観光客を集めるようになった。農業感覚は完全に様変わり。大豆や小豆などを作る農家はゼロと言っていい。




 米を作っていた時代は、畦豆と言って水田の周り(畦)にも大豆を作った。ビールのつまみなどと言った、そんな趣向品めいたものではなかった。生活の必需品である味噌、醤油の原料にするためである。




 そう言えば、生活はみんな自給自足であった。大豆や小豆ばかりではない。大根も作れば、白菜も作る。人参やゴボウ、ウドや蕗、ミョウガ、ニラ、何でもあった。キュウリ、ナス、トマト…。ジャガイモや里芋は当たり前。




 裏庭の鶏小屋では、鶏が卵を産み、その隣では山羊が草をはんだ。池には鯉が。みんな大家族のタンパク源であった。子供達は牛乳ではなく、山羊乳で大きくなった。むろん、乳搾りは子供達の役目。




 「食糧自給率」などと言う言葉もなかった。果物?葡萄や林檎、梨、スモモ…。みんな有った。それがいつの間にか…。畑や裏庭は姿を変えた。(次回へ続く)





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


蚊の空襲

ゼロ戦


  真っ暗闇に戦闘機が。ブ~ンという飛行音だけで姿は見えない。辺りが静かな真夜中のせいか音だけが際立つ。隣でいびきをかきながら寝ているかみさんが無意識ながら太い足をピシャリ、ピシャリと叩いている。空襲に気付いて、かみさんより一足早く目を覚ました。戦闘機はどうやら一機。皮膚がむき出しになっている足や腕はもちろん、顔をも無差別攻撃してくるのだ。




 だ。静まり返っているので、その音は、まさに戦闘機。「よ~し、叩き落してやる」。そう思って耳を澄ませば澄ますほど、自在に飛び回る蚊の音が本物の戦闘機のように聞こえるのだ。戦闘機といっても、実は本物の戦闘機の音は聞いたこともないし、ましてや空襲なんか体験したことはない。




 昭和17年11月生まれ。確かに戦中生まれなのだが、戦争を知らない子供たちの一人なのだ。昭和20年8月15日。日本が終戦を迎えた時は2歳と9ヵ月。山梨市の田舎に生まれ、空襲の体験もないので戦争の記憶はまったくない。同年齢の仲間たちの中で甲府に生まれ、ショッキングな空襲の憂き目に遭った人たちは、幼心にもその記憶を鮮明にしているという。今年もまた、その8月15日・終戦記念日がやって来た。


夏  


 私にとって空襲の場面はリアルに描かれる映画のそれでしかない。真夜中、しかも真っ暗闇の蚊の急襲は目に見えないので、イメージが膨らんで、ことさらリアルになるのだ。音といい、そのタイミングといい、空襲という言葉がぴったり。迎撃の兵器はないので、こちらは音だけを頼りに姿が見えない戦闘機を、ただの感だけで叩いているに過ぎない。




 「畜生、今度は叩き潰してやる」。戦術を変え、今度は捨て身の作戦に。血を吸わせて置いて・・・。狙いを定めて「ピシャリ」とやるのだが、敵もさる者。どうやら撃墜作戦はまたも失敗。戦闘機との格闘は続く。同じような肉付き、言葉を変えればメタボ人間なのに、戦闘機は私の方だけを集中攻撃してくるように思えるのだ。「俺の血より、いつも旨いものを食っている、かみさんの血の方がずっと旨いはずなのに・・・」。


ブタ蚊取り線香


 同じ条件でこちらばかりを狙うのは、やっぱりお酒か。蚊はアルコールが好き、と誰かに聞いたことがある。連日のこの猛暑。蚊だってビールの一杯や二杯飲みたいはずだ。そんな馬鹿なことを考えるヒマもなく、戦闘機は二次、三次の襲撃を仕掛けて来る。「お母さん、蚊取り線香どこにあるの?持って来いよ」。いびきをかき、白川夜船のかみさん、無意識ながらも戦闘機の空襲下にあることに気付いて、蚊取り線香を。戦闘機は引き上げ、空襲はピタリと止んだ。


蚊取り線香


 ハエも蚊も同じ。沢山よりも一匹の方が気になる。こんな山梨市の片田舎でも滅多にお目にかからないから、なおさらかもしれない。大勢の家族揃っての夕食のあと、うちわ片手にたわいもない団欒。みんな揃って蚊帳の中に入って寝た子供の頃が懐かしい。気付いてみたら蚊やハエの一匹で大騒ぎしている自分がおかしくなる。ただ年寄りがよく言った「おかんなりさん(雷)が鳴ったら蚊帳の中に入れ」の訳は今でも分からない。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


花火の醍醐味

神明の花火大会
神明の花火大会


  夜空に次々と描かれる光の芸術。その広大なキャンパスにアクセントをつけるような「ド~ン」「ド~ン」という音。まさに光と音の競演だ。夏の夜空を彩る花火は、江戸の昔から庶民の間で親しまれた夏の風物詩でもある。浴衣姿の若いお嬢さんたち。甚平さん姿のオジサンもいる。老若男女が集まって大空を見上げるのだ。


花火を見上げる観客
観客席


 今年も山梨県の南部・市川三郷町の富士川水系の河川敷を舞台に開かれた「神明の花火大会」。主催者発表で20万人を超す見物客で賑わった。辺りが暗くなる7時半から9時まで2万発の花火を打ち上げる山梨県内では最大の花火大会である。回を重ね、山中湖や河口湖など富士五湖で繰り広げる湖上祭の花火を上回る規模になった。


神明の花火大会3


 河川敷には特設の桟敷席が設けられていて、目の前で打ち上げられる花火の競演に「わあ~」と歓声が。拍手だって沸く。「玉屋あ~」。どこで覚えてきたのか子供の可愛らしい掛け声も。お父さんか、おじいちゃんにでも教わったのだろう。「玉屋」は江戸を代表する花火師の屋号。花火好きの人ならお馴染みだ。


神明の花火2


 その「玉屋」は江戸時代、「鍵屋」と人気を二分した。転じて見事な花火に掛ける賞賛の掛け声になったという。人気二分の花火師「玉屋」と「鍵屋」の関係が面白い。モノの本によれば、「玉屋」は日本橋横山町の花火師・「鍵屋」六代目弥平衛の番頭・清六。「鍵屋」に暖簾分けしてもらって独立した身だ。両国吉川町で「玉屋市兵衛」を名乗り、やがて隅田川の上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」と二大花火師が棲み分け、隅田川花火を競演して見せたのである。現在の隅田川花火大会の会場が上流と下流の二つに分かれているのもその名残だろうか。


市川花火2


 花火好きの江戸庶民は、この二つを競わせて応援、その掛け声が「たまや~」「かぎや~」になったのである。しかし、今では主従が逆転、子供さえ言う「玉屋ぁ~」の掛け声の方がポピュラーに。因みに清元の「玉屋」、それに振り付けした日本舞踊の「玉屋」はシャボン玉売りのことを描いたもの。「玉尽くし」「おどけ節」が入った楽しい曲だ。歌舞伎の名跡・大川橋蔵の屋号はご存知のように「玉屋」である。


市川花火


 この時期、市川三郷町に限らず、全国には、おらが自慢の花火大会が星の数ほどある。中でも東京・隅田川の花火は、その伝統や規模の大きさからも有名。毎年、テレビ中継もされるので、いわば国民的と言っていい。うちの娘なんか両国に住まいするお友達に会うのを楽しみに毎年のように飛んでゆく。25年ぐらい前になるのだろうか。娘は学生の時分、雑踏で転んで足を骨折、痛い思いをしたばかりでなく、私たちまで心配させたのに懲りた様子もない。


神明の花火大会2


 花火はどんな人間をも純粋にさせる。大空で繰り広げる音と光の競演を誰もが無心に眺めるのだ。大人も子供も老人も、この時ばかりは頭の中を空っぽに。不思議なことに心配事も悩み事もみんな吹っ飛ばしてくれる。うちのかみさんばかりではない。みんな口をあんぐり開けて上を見詰め、無意識に歓声と拍手を送っている。片手にビール片手にうちわ。そんな自分だって同じだ。花火は光の芸術もさることながら、お酒と同じように五臓六腑に染み渡る「ド~ン」「ド~ン」という音の響きがいい。花火は近くで観るに限る。それが花火の醍醐味だ。


神明の花火


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!