一本の河津桜

IMG_0050_convert_20170323000004.jpg


 山梨で「河津桜」と言っただけでも、ちょっぴり違和感を覚える方もお出でだろうが、我が家の植え込み越しの「ふれあい広場」にある一本の河津桜が満開。周りに何本となく植えてあるソメイヨシノや枝垂れ桜は、まだ蕾を固くしているだけに、何となく≪場違い≫の感がないでもない。




 何年ぐらい前だっただろうか。女房と二人して静岡県は伊豆の河津を旅した折、背丈1mにも満たない苗を買って来たのが発端。今では高さ10m、幹は太く、枝も横縦に大きく伸ばして立派になった。開花も早いし、ソメイヨシノなどと比べると逞しさも感ずる。でも正直言わせてもらえば、花全体が醸し出す風情はソメイヨシノにはかなわない。




 花は桜。巷に、また四季折々に花は数々あれども、わが国では古来、花と言えば桜。その桜の代表格がソメイヨシノかどうか私には定かなことは分からないが、少なくとも私はそう思っている。河津の皆さんには悪いが河津桜ではないことだけは確かだ。しかしソメイヨシノには見ることが出来ないピンク色の、やや小ぶりの花は、これはこれで風情がある。第一、世の中、桜などと言わない内に花を開いて人々を楽しませてくれるのがいい。


IMG_0051_convert_20170323000127.jpg


 全国的に見れば、河津は、ほんの点でしかないし、知らない人がほとんどだろう。でも、山梨に住む私たちにとって伊豆は馴染みの地。≪海なし県≫の人間にしてみれば、ちょっと大げさに言うと、あこがれの地である。若い頃、子供を連れての海水浴と言えば、まぎれもなく伊豆だ。遡れば、千葉の時代もあったが、受け入れる環境は確実に変わった。




 桜と一口に言っても、この河津桜もあれば、ソメイヨシノ、その間に挟まる彼岸桜もある。間もなく4歳になろうとする孫娘を連れて先祖の霊に手を合わせた彼岸も、あっと言う間に過ぎて、今度は≪本当の≫桜、ソメイヨシノの季節。人は何故か、この時を「春本番」という。


IMG_0049_convert_20170322235750.jpg


 河津の桜は兎も角、桜とは面白い。季節を代表したり、大きくは国を代表したりもする。「♪さくら、さくら…」と、童謡に歌われたかと思えば「♪貴様と俺とは同期の桜…」と軍歌にも歌われたりもする。軍歌というと、すぐ戦争云々と教条主義的に、お考えになる方もお出でだろうが、歌は、その時代を語り継ぎ、偲ぶものでもある。今は小学校でも中学校でも見かけなくなったが、男の子の制服の金ボタンと言えば、桜であった。




 これも今では、ほとんど影を潜めてしまったが、時代劇映画には必ずと言っていいほど桜のカットが登場した。「遠山の金さん」や「忠臣蔵」の浅野内匠頭の切腹前のカットシーンが典型かも知れない。外交的にも桜は古くから使われ、米国のいくつもの都市には「友好の印」として、しっかりと根付いている。私も罪滅ぼしの女房との外国旅行で、その桜を何か所かで見た。




 WBCの「侍ジャパン」は米国に準決勝で惜敗。勝敗は兎も角、個人的には「今時、≪侍≫でもあるまい…」と思うのだが、外(外国)から見れば、「フジヤマ」、「ゲイシャ」と並んで「サクラ」、「サムライ」は、日本の代名詞かも知れない。良い、悪いは別だ。


野球_convert_20170323222408
画像はお借りしています


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

感動の卒業式

  日川高校3


 卒業式は、卒業証書の授与から始まって、皆勤賞などの表彰、校長の式辞、同窓会長やPTA会長の祝辞、来賓の紹介、在校生代表の送辞、卒業生代表の答辞と続いてゆく。校長はモーニングに身を包み、男性教諭は略式とはいえ黒の式服、女教師は着物に袴姿。卒業生は全員が胸に揃いのコサージュを付け、式場の体育館は、いやが上にも厳粛ムードに包まれた。一番後ろには、国歌や式歌、校歌の伴奏をする吹奏楽部が控えていた。




 校長の式辞は、三年間にわたる学び舎での文武両面での努力、それによってもたらされた、それぞれの成長を称え、卒業生へ餞(はなむけ)の言葉を贈った。卒業生代表の答辞は、右も左も分からない入学時の厳しい「オリエンテーション」や、みんなで取り組んだ学園祭(紫風祭)、忍耐力と共助の精神を培った競歩大会、むろん、学び舎だから勉学や先輩、後輩と生活を共にしたクラブ活動…。去来する思い出は尽きなかった。




 式辞や答辞に初めて登場した言葉は「政治への参加」。キーワードは「18歳からの選挙権」である。校長も卒業生も立場こそ違え、これに触れ、政治への認識を新たにした。校長は政治や社会参加に対する「自覚」を促し、卒業生は、その「決意」を強調したのである。




 卒業証書授与の後の表彰では、皆勤賞に続いて「文武両道賞」も。オヤっと思ったのは、受賞者の大半が女性。「文武両道」のイメージから男性が中心か、と思いきや、可憐な女性たち。我が家も同じだが、こんなところにも《女性上位》の現象が。「文武両道賞」は文字通り、学問とスポーツの両面で優れた者に贈られる賞である。言うまでもなく、どちらが欠けてもダメ。「知」と「体」の卓越したバランスが条件なのだ。


日川高校ほか+010_convert_20110430202245


 これに優先するのが「皆勤賞」。3年間、一日も休まなかった人たちの顕彰だから尊い。しかも、その数は全体のざっと25%を占めた。4人に1人は3年の間、一日たりとも休まず、勉学に励んだことになる。私のような《怠け者》には信じられない数字だ。《怠け》は兎も角、人間、いくら若くても風邪を引くこともあれば、体調に不調をきたすこともあるだろう。一方、ここでも《女性上位》。やっぱり、女性が大半を占めていた。顕彰者の数字だけで断言してはいけないが、「男共よ、どうした!」と、言いたくなった。




 校長の卒業生に贈る「餞の言葉」は、大きく分けて二つ。


 「3年間の学び舎生活で培った《人間力》を生かし、校訓である《質実剛毅》の精神を忘れずに生きることだ。《すべての壁》はドアで開く。自分の力でドアを開け、その向こうにある《未来》を掴め」


 「物事の本質を見極める力を養え。何事もノーサイドの笛が鳴るまで、決して諦めることなく、一生懸命頑張ることだ」




 卒業式のクライマックスは式歌、校歌の斉唱。卒業生が「仰げば尊し」を歌えば、在校生が「蛍の光」。最後は卒業生も在校生も教職員や来賓も全員起立して校歌で締めくくる。卒業生の目には涙が浮かんでいた。私達同窓生も胸が熱くなった。卒業生は3年間の学び舎生活を頭の中に去来させ、その姿を見る私たちは、自らの若き日を重ね合わせるのだ




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


信玄公祭り「甲州軍団出陣」と桜吹雪

shinngennkoumaturi_2_convert_20170207222036.jpg
画像:やまなし観光ネット


 「今年の信玄公祭り・甲州軍団出陣は何時(いつ)だったっけ?」


 ロータリークラブの仲間との茶飲み話で、こんな話題が出た。


 「4月の第一土曜日だよ。概ね決まっているじゃあないか」


 ところが、今年の4月第一土曜日は1日。この信玄公祭りのメーン「甲州軍団出陣」は《桜の時季》に合わせて設定されたいきさつがあって、その点から言うと、その年の気温差にもよるが、6
日前後が手ごろ。祭りは三日間にわたるので、メーン行事の「甲州軍団出陣」は中日の土曜日と暗黙のうちに決まっているのだ。実行委員会も熟慮したのだろう。今年は第2週の土曜日・8日に決めた。


信玄公祭り4_convert_20170207222600


 札幌の雪まつり、仙台の七夕祭り、青森のねぶた祭り、大阪・岸和田のだんじり祭り、徳島の阿波踊り、京都の葵祭や祇園祭…。全国には、このほかにも伝統の祭りがいっぱい。その祭りは、地元の人たちによって守られ、脈々と伝え、受け継がれて来た。多くの観光客を呼び、結果的には、それぞれの地元の活性化にも大きく貢献、経済をも潤している。何よりも尊いのは、地域の人々の眼には見えない《誇り》を支えていることだろう。




 いい祭りは、何度見ても飽きないし、色あせない。毎年同じことを繰り返しているのに人々は、繰り返し足を運ぶのだ。祭りには、そういう魔力にも似た魅力がある。信玄公祭り「甲州軍団出陣」は、全国の名だたる祭りと比較すると歴史も伝統も浅い。昭和40年代初頭に出来たものだから、まだ、ざっと半世紀。しかし、関係者の努力で、山梨県のメーンの祭りとして、しっかりと定着。県外からも沢山の観光客を集めている。




 武田信玄公率いる「甲州軍団」は、夜の帳が下りた県都・甲府の玄関口・JR甲府駅前に《陣》を張り、甲府のメーン通り「平和通り」を南下、甲府城跡・舞鶴城公園に集結する。軍団は武田信玄公を頭にした武田二十四将率いる約2,000の将兵。鎧兜姿、槍や刀、鉄砲で身を固めた武者たちの戦国絵巻が繰り広げられる。



信玄公祭り_convert_20170207222141


 「一番隊 山本勘助隊出陣、二番隊 真田昌幸隊出陣…」といった具合に、観光客向けのナレーション(沿道放送)も。「平和通り」の両側の商店街やオフイスビルは明かりを消し、松明のかがり火が軍団の出陣を浮かび上がらせる。こうした演出が戦国絵巻に彩を添え、見物客の心を高揚させるのだ。集結地・舞鶴公園では軍団の《勝利の宴》が。特設の舞台では、勝ち戦の舞が披露され、その舞台には、公園いっぱいに植えられた桜が《自然の演出》桜吹雪を舞わせてくれるのである。宴は夜遅くまで続く。




 「甲州軍団出陣」の花形・武田信玄公や山本勘助役は歴代、有名俳優やタレントを充てる。今年は落語界から選び、信玄公役が三遊亭小遊三師匠、山本勘助役が林家三平師匠。いずれもテレビの人気番組、あの「座布団1枚」でお馴染みの「笑点」のレギュラーたち。信玄公を演ずる小遊三は山梨県大月市の出身である。紅一点で隊を編成する「松姫隊」の姫は公募。このほか「外人部隊」の飛び入り参加も。あと2か月。桜の《先発隊》である梅は甲府盆地でも咲き始めた。さて今年の桜は…。気象台によると、平年よりやや遅いとか。(次回へ続く)

信玄公祭り3_convert_20170207222345


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


星のロマンとホタル族

夜空1

 寒いから外に出るのが億劫だが、冬の夜空は美しい。満天に星だ。宵の明星も見えれば、お馴染みの北斗七星も。おうし座やふたご座、こいぬ座、オリオン座も見えるのだろうが、小学校時代、ちゃんと先生の話を聞いていなかったから、分かりっこない。星座の知識があったら、夜空の見方もちょっとは違っただろう。





 私が住む山梨市のこの辺りは甲府盆地の中でも高台だから、満天の星の下と言うか、延長線上には、これまた宝石のように街の灯りがキラキラ輝いて見える。「あの辺りが友の住む石和温泉郷か・・・」。「あの山付きの光は桃の産地・一宮町千米地のあいつの家か・・・」。寒空の下で夜空と夜景を眺めるのだ。何の事はない。女房や娘が嫌がるからタバコを吸うため、仕方なく外に出て目に入る夜空なのだ。


夜景
近所の笛吹川フルーツ公園から見える夜景
「新日本三大夜景」に選ばれました
画像:笛吹川フルーツ公園HPから


 寒い。でも炬燵の中でミカンやお菓子をムシャムシャ食べながら娘とたわいもない話をしている女房には、この美しさは分かるまい。ざまあ~見ろ、と言いたいところだが、やっぱり寒い。何で、亭主の俺が・・・と、思わないでもない。でも、そんな夜空を眺めながらの一服も、まんざらでもない。負け惜しみなんかではない。




 世に言うホタル族。タバコを吸う時、事実上の締め出しを食うのは、何も今に始まったことではない。今ではグズグズ言われる前に自分で外に出る。その時期、時期、星座の位置は違うのだが、冬の夜空はひときわ美しい。空気が澄んでいるからで、夏の夜空、ましてや春の夜空とはまったく趣が異なる。一つ一つの星が氷のように、いかにも冷たく輝いているのだ。


夜空



 一等星、二等星、三等星・・・。満天の星は何事もないように悠然と、堂々と輝くのだが、そのひとつが東の空から西の空に静かに、しかも一直線に動く。もちろん、流れ星ではない。一定間隔で点滅を繰り返しながら飛ぶ飛行機の灯りである。大宇宙の中をゆったりと泳ぐ異端児の星に見えるのだ。




 その後を、またもうひとつの灯りが。その後にも・・・。大宇宙というキャンパスだから一つの空間に見えるが、その間隔は10分前後はあるのだろう。管制塔の誘導で次々と飛び立つ夜の成田空港が目に浮かぶ。山梨の上空は外国航路になっているようで、昼間は白い飛行機雲の尾を引いて同じように飛んでいくのだ。あのツンドラ地帯のシベリア上空を飛んで、ヨーロッパに行くのだろうか。夜8時を過ぎると飛行機はウソのようになくなる。



夜空2


 そんな夜空の星と飛行機を眺めながら、もう30年前になる日航機の御巣鷹山墜落事故を思い出した。 同時に頭をよぎるのが山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」。今の日本航空を暗示さえしている。




 「見上げてごらん 夜の星を・・・♪」



 国民的なアイドル歌手・坂本九も一緒に逝った。高校時代の恩師の一人娘さんも一緒だった。もちろん、今見る定期の航路であるはずがない。東から西ではなく、イレギュラーして南から北へとフラフラ飛んで群馬県の御巣鷹山へ。お盆に入ったばかり、夏の夜の出来事だった。タバコをふかし、寒空を見上げながら坂本九の歌を寂しく口ずさんだ。


空

.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


どんど焼きと子供たち

578213eeb77bc63935747cb855b46644_s_convert_20170116222015.jpg


 早いもので小正月が過ぎて、2月へまっしぐら。元日の朝、氏神さんに地域のみんなが集まって新年の拝賀式を開いて、この一年の平安祈ったのが、ついこの間。三ヶ日が終わって働き蜂達は、会社や官庁に戻り、農家もそれぞれの畑仕事に。そうしながらも人々は七草粥や小正月などの伝統行事を《それなりに》にこなしてゆく。




 山梨県地方では、この間、雪に見舞われた。サラリーマンは出勤の足に少なからず気をもみ、果樹農家、特にブドウ栽培農家はブドウ棚の倒壊に気をもんだ。数年前、予想にもしなかった大雪で壊滅的とも言える被害を被った経験があるだけに、ブドウ栽培農家は、ことさらに神経質になっているのだ。




 暮れと言わず、正月と言わず、防寒具に身を固めてはブドウ園に出て、剪定作業に追われた。剪定作業は、そもそも無駄に伸びた枝(ツル)を切り落とし、今年の収穫をより良く安定させるためのものだ。この作業が遅れ、万一、大雪にでも見舞われたらムダ枝に積もる雪の負荷、つまり重みで棚の倒壊を招きかねない。梅雨がある日本特有の棚栽培の宿命かも知れない。梅雨がある日本では欧米のような垣根のような立木栽培は不向きなのだ。





 そこへ行くと桃の木は雪には強い。多くの果樹にも言えることだが、枝は上(空)に向かって伸びる。いわゆる徒長枝というヤツだ。だから雪の負荷は少ない。梅、桃、梨、かりん…。みんな同じだ。この剪定くずは畑など空き地で燃やしてしまうのだが、最近では消防署がうるさくなり、これを細かく裁断する器具まで登場している。土に返すのである。




 時季も時季。この辺りでは小正月行事の「どんど焼き」の種火にも。「どんど焼き」は、前の年のしめ縄やお札などを焼き、神に戻すのである。昔からの風習を今に伝え、小さく丸めた団子を銀紙に包んで焼く人たちも。本当かどうか知らないが、この団子を食べると虫歯にならないばかりか、無病息災を約束してくれるのだとか。真っ赤に燃え上がる「どんど焼き」の炎を囲む。地区役員が竹仕立ての猪口でお神酒を振る舞い、みんなにミカンを配ってくれる。正月を惜しむように火は赤々と燃え続けるのである。


2a8baf3072f38c0a8ea79435115dad26_s_convert_20170116222504.jpg


 この地域には、この「どんど焼き」に先立って小正月行事のシンボルとも言っていい「きっかんじょ」という習わしがあった。小学生を中心に子供たちが思い思いの灯篭を造り、夕方から夜にかけて地域の家々を回って、家内安全や五穀豊穣を祈るのだ。各戸は、それなりのご祝儀を包み、それを子供たちは子供クラブの費用に充てた。そこには子供なりの「和」が養われていた。「どんど焼き」は、その延長線。むろん陰に隠れた大人たちのサポートがあったことは言うまでもない。




 ところが、この「きっかんじょ」も、いつの間にか消えた。「どんど焼き」も子供クラブではなく《区営》に。この地域も少子化の波に完全に飲まれた。《主役》であるはずの子供がいなくなったことに他ならない。かつての婦人会が消え、青年団が消え、性格こそ違うが子供クラブも消えた。地方疲弊の縮図でもある。でも「時」だけは何事もないように過ぎて行く。私たちの周りは知らず知らずに様変わりしていくのだ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!