FC2ブログ

葡萄の種

ブドウ


 葡萄の種は気にならないが、西瓜の種は気になる。その反対もあるだろう。それを取り巻く習慣や生まれ、育ちなど環境の違いかもしれない。知人の一人に西瓜を食べる時、ダイナミックにかぶりつき、種まで飲み込んでしまう男がいた。西瓜の産地の人だった。私なんか、あのバラバラにある種がどうにも気になり、スプーンやフォークの先で予め取り除いてから食べるのだ。そんな時、西瓜に種がなかったらいいのになあ~、と正直思う。




 そんな自分はというと、葡萄の種なら平気。何の違和感もなく飲み込んでしまうのだ。甲府盆地の東北部に位置する、この辺りは「勝沼」を中心に古くから葡萄の産地。そんな環境に生まれたせいか、子供の頃から当たり前のように葡萄の粒を種ごと飲み込んだ。汚い話をして恐縮だが、その頃、この辺りはトイレの浄化槽も、ましてや下水道も整備されていなかったので、その種はトイレの槽の底に溜まるのだ。


ブドウ畑



 トイレの糞尿は溜まると「下肥」として野菜作りの肥料に。その頃は今のような少子化の時代と違って子供の数だって4人、5人は当たり前。大勢の家族が食べる葡萄は決して少なくない。必然的にそこに溜まる葡萄の種は半端ではないのだ。下肥の水分は当然、畑に沁み込む。畝(うね)にはその半端でない葡萄の種が残るのである。人間の胃袋を通って排泄された種は、綺麗に洗われてリアルな形で再び世に出てくるのだ。




 西瓜の種にも同じことが言えるのだろうが「葡萄の種をそのまま飲み込むと盲腸(虫垂炎)になる」と言った人がいた。生理学的にも医学的にもそんなことはないはず。もしそうだったら葡萄の種を飲み込んでしまう習慣があった山梨県人は、みんな盲腸になってしまっていることになる。


ブドウ畑2



 「葡萄に種なんかあるの?」。都会の消費者、特に種なし葡萄に慣らされた若い方々は首を傾げるに違いない。ジベレリンの開発と実用化は一部の品種を除いて葡萄の種なし化を可能にした。これは今に始まったものではなく、歴史は古い。この地方では、デラウエアー種に始まったジベレリン処理は巨峰、ピオーネなどの大房系の葡萄に到るまで幅広く取り入れられ、技術的にも完全に成功。今では種なしが当たり前になった。果肉が柔らかい甲州種を除けばほとんどの品種で、この技法は成功している。




 ジベレリン処理は種を抜くという画期的な技のほか果実の促成にも役立つ。2回に分けて行なうのだが、ポイントは処理の時期ジベレリン水溶液の濃度。どちらを間違えても失敗するのだ。当初、デラウエアー種で成功したこの手法は果樹試験場などの研究機関ばかりでなく、果樹栽培農家の試行錯誤が今の完全実用化をもたらした。


ブドウ2


 核、つまり種の周りに酸味が多いのが果実の特性。現代人はなぜか酸味を嫌う。種を抜くと同時にこの酸味を少なくするのだからジベレリン処理の効果は一石二鳥。私なんか種があって、適度の酸味があった方が美味しいように思うのだが・・・。確実に種ありの方が味がいい。でも葡萄には種がない、と消費者に思い込ませてしまった今、あと戻りは出来ない。今がそのジベ処理の最盛期。小さな房には雨除けの傘、蝋紙をかけるのだ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



薔薇のトゲ

薔薇1


  ハナから読めないならまだしも、読めるけれども、いざ書いてみろといわれれば書けない漢字は案外多いものだ。その一つが「薔薇」である。「林檎」もそうだろう。でもパソコンとは便利なもので、キーさえ叩けば一発で出してくれる。なにも軽い頭を使って覚えなくていいから、また困る。私なんか一生書くことが出来ない字の一つかもしれない。
薔薇4


 薔薇は日本人にとって桜と共に馴染み深い花。童謡や流行歌にも歌われ、小説や映画、ドラマにもしばしば登場する。日本では「花」といえば「桜」。花の代表格だが、これも日本だけ。しかし「薔薇」は世界的。日本語訳がそうしたのかもしれないが、あの有名な「野ばら」もあれば、「薔薇が咲いた 薔薇が咲いた 真っ赤な薔薇が・・・♪」と誰もが口ずさみたくなるようなものや、ちょっと渋い水原ひろしの「黒い花びら」なんて歌もある。


紅い薔薇


 人間に愛されながらもトゲがあるのもこの花だけ。「美しいものにはトゲがある」などと美しい女性に例えられることもある。「お前にはトゲがないからいいよなあ~」。冗談交じりに喧嘩を売られたとも知らない、うちのかみさんは「何なの?それ・・・」と、キョトンとしながらも、その意味を知って「失礼しちゃうわ。まったく・・・」。



 そのかみさんが植えた薔薇が庭の植え込みのあっちこっちで今が盛りとばかり咲いている。赤、ピンク、橙。大輪のものもあれば、比較的小さいものも。それぞれ咲いている期間は結構長い。種類によっては、これから夏、秋、さらに冬の寒い時期まで咲く薔薇だってある。一年中、楽しめるのだ。よく見ると満開だったり、もう峠を過ぎた花の隣で次々と蕾をつけるのである。


薔薇2



 三分咲き、五分咲き、八分咲きと徐々に花を開いて、春の柔らかい風に吹かれてハラハラと一斉に散ってしまう桜とは違って風情こそないが、そこはかとない重厚さがある。「薔薇」は「ばら」のほか「そうび」とか「しょうび」とも読む。今6月の誕生花で、俳句で言えば夏の季語。


 ただこの花は不思議な花で「冬薔薇」(ふゆそうび)となると冬の季語になる。季語では≪二重人格≫なのだ。世に多いブスのひがみ。美人の女性にオーバーラップして使われるのもそのためだろう。ラテン語ではRosa。ローズピンクというように色の代表としても使う。クレオパトラの薔薇の硬水は有名だ。
 薔薇の種類は100種類にも及ぶという。我が家にだって、よく見たら10種類以上もの薔薇がある。いずれも、かみさんが、いつももように後先かまわず、行き当たりばったりに植えたものだが、花を付けているうちはいい。いくら無粋者の私だって美しい花を愛でる目ぐらい持っている。


薔薇3


 でも、これほど頭に来る、というか腹が立つヤツはない。花を落とした後だ。当然のことながら秋から冬場にかけて植木の手入れをする。この時、シャツやズボンならまだしも手足まで傷だらけにさせられるのだ。薔薇のトゲは半端ではない。それなりの注意はしているのだが、ことごとくに邪魔をするから正直、頭に来るのである。悔し紛れに剪定鋏で・・・。


 そこからご想像の夫婦喧嘩。「どうして切ってしまうのよ」。目を剥いて怒るのだ。トゲがあるのは美人だけと思ったら、うちのかみさんにもでっかいトゲがある。そんなかみさんも植え込みから薔薇を切り取って来ては 居間などの花瓶にいけている。女である。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

気まぐれな石楠花

石楠花3


 庭先のシャクヤク(石楠花)が、いくつもの花を付けた。直径20cmぐらいはあるだろうか。淡いピンクの大きな花だ。我が家のシャクナゲはもう古木。親父が生前、植えたものだから、少なくとも40年以上は経つのだろう。



 なのに、これまで花を見たことがなかった。職場をリタイアして、ここ実家に戻って10数年。身体も心も花を愛でるぐらいの余裕は出来たはずだが…。モノの本によれば、シャクナゲは暑さに弱い植物だという。このところ毎年のように続く夏の猛暑が影響しているのではないかと、勝手に思ったりした。

 石楠花2


 ツツジ科のツツジ属。原産は中国だという。夏の暑さに弱いのも原種は高山に自生するため。しかし、園芸用の改良品種はどんどん開発されていて、今では世界で5000種を超すシャクナゲが栽培されているのだそうだ。そう考えると、我が家のシャクナゲは改良前の極めて古い品種ということか。そればかりではなく、シャクナゲは毎年咲かない花らしい。




 丁度、今頃の季節。ワラビやウドなどの山菜採りで近くの里山を飛び歩いた子供の頃、時々、野生のシャクナゲの花を見た。ポピュラーな山ツツジや山桜と違ってシャクナゲの花は、子供心に、なんとも神秘的に映ったものだ。

石楠花  


 中学生時代の同級生が、このワラビと冷凍にした稚鮎を持って来てくれた。ワラビは奥さんが友達と一緒に山に出かけ、採って来たものだという。「オレ?もう、山を飛び歩くのはきついよ」。コロナウイルス感染症予防を気遣って家の中に入るのをためらった友を居間に誘い、茶飲み話にひと時の花を咲かせた。




 この男、趣味は多彩。釣りもやれば山菜採りもする。花卉園芸にも興味を持ち、何年か前には立派な月下美人の鉢植えをいただいたこともある。体もしっかりしていて、若い頃から続けて来た柔道は六段。今では指導的な立場にあって、締める帯も白や黒ではなく、珍しい「紅白」の帯だ。釣りだって半端ではない。そんな男だから地域漁協の役員も長年勤めた。




 言ってみれば、山や川は自分の庭みたいなもの。ワラビに限らず、タラの芽やコシアブラなどを採っては食べさせてくれるのだ。タラの芽やコシアブラは天ぷらがいい。コシアブラは酢漬けにしても美味い。酒の肴にはうってつけだ。




 去年までは、いつものように山菜採りで山を飛び歩いていたこの男も、どうやら歳には勝てないらしい。同い年なのに私は、とっくに脱落である。この男、釣りはまだ現役。アユの稚魚は、今年も富士川の下流で今年も釣って来たものだ。そこは山梨の県境を越えた静岡分。遡上する天然のアユの稚魚である。知る人ぞ知る稚鮎釣りの«穴場»は、川の構造からそれ以上の上流への遡上が出来ずに稚魚が«プール»している所だという。




 「稚魚は餌釣りをするんだよ」。そう教わったのは数年前のこと。目から鱗だった。鮎は「友釣り」が一般的。餌釣りは出来ない魚とばかり思っていたからだ。川虫など餌は一切食べず、食べるのは川底の石などに張り付いている水苔だけ。だから、はらわたはきれいで、人は鮎を丸ごと食べる。同じ川魚でもヤマメやアマゴは空中を舞う虫なぢ何でも食う。アユの稚魚が何故、餌を食べ、成魚になると何故食べないのかは、この男も知らないらしい。シャクナゲの花が気まぐれで、毎年花を付けない理由は聞き損ねた。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!



初夏への序奏

 赤く咲いた冬の花・山茶花がいつの間にか消え、その後を追うように淡く咲いていた庭先の白梅もすっかり花を落とした。一足遅れで満開になった紅梅も春の嵐にハラハラと散った。その足元では水仙が黄色い花を。紅白の梅からバトンを受けた 杏も花を散らせた。その後を追った桜と桃が満開。どちらかと言うと桜は«峠»を超えた。

花


 は一般的には影が薄いが、梅と同じで木に勢いがある。だから太い徒長枝を秋口に強めに切り落としてやった。昨年までは、剪定の時期が悪かったのか、大きな木をしているくせに、ひとつも実をつけなかった。それとも、一本だけだと、自然受粉が出来ないのか。杏のことは定かではないが、例えば、サクランボの場合、必ず二本以上植えろ、と教わったことがある。現に知人の家の庭先にあるサクランボは、太く、樹勢はあるのだが、ひとつも実をつけない。




 子どもの頃、我が家と隣の家の畑を挟んだ境に大きな杏の木があった。6月頃になると、熟した黄色い実がポタポタと落ちる。その杏の甘酸っぱい味が今でも忘れられない。その木の代わりのように、我が家の庭先で大きくなった杏の木を見上げながら、今年こそは、実をつけてくれよ、と祈るような気持ちだ。もう90歳近くになる隣のおじさんにも≪懐かしい味≫を味合わせてあげたい。


花4



 「サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ」という言葉がある。「サクラ切るバカ」はアメリカの初代大統領・ワシントンの幼年時代のエピソードから来ているのだろうが、確かに、ウメは切らない方がバカ。若ければ若いほど、樹勢が強く、放って置くと藪のように大きくなってしまう。そうなると風通しや、陽の当たりも悪くなるから、実をつけにくくなくなるのである。特に、徒長枝の剪定は絶対条件。杏だって同じだ。


花2


 杏の木の足元では、蕗が一面に緑の丸い葉をつけて地面を埋めている。酢味噌和えや天ぷらにして食べたフキノトウは、もはや見る影もない。その傍らで椿が真っ赤な花をつけている。裸になって久しい何本ものカエデも枝の芽のような葉を膨らませ、葡萄園の下ではハコベラが小さな赤紫の花を一面に咲かせている。


 フキ

 窓越しに真っ白い雪をかぶって浮かんでいる富士山も、ひと頃のような冷たさを感じさせない。むしろ優しく見えるから不思議だ。薄っすらとかかる春の霞がそうさせているのだろう。


花3

 「春霞」と言う言葉も、ボツボツ色褪せようとしている。初夏への助走を始めているのだ。人間どもがコロナ、コロナと大騒ぎしているのに自然界は泰然自若として、いささかも動じようとしない。確かな足取りで季節の移ろいを奏でている。あっという間に「春爛漫」や「春霞」と言った言葉を忘れさせ、梅雨の季節や暑い夏へと導くのだろう。

庭で

 そう考えると人間など、まさにちっぽけな存在に過ぎない。コロナ感染症一つで、世界中が慌てふためき、混乱の渦に困惑を極めているのだ。
 


 

.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ピンクの絨毯

f039c98af4097736b892f63b598f4659_s_convert_20200407233929.jpg


 今、甲府盆地は一面、ピンクの絨毯に覆われている。あたり一面に桃の花が満開だ。今年も桜と桃が申し合わせたように一斉に花開いた。かつては桃の開花は桜の花が峠を越すか、散ってからが普通で、いつも桜の後塵を拝した。地球温暖化による気象の変動は、こんなところにも影響を及ぼしているのである。甲府盆地の春爛漫は初夏への序奏とオーバーラップするのだ。




 言うまでもなく山梨県は日本一の桃の産地。その栽培面積は、ざっと2800ヘクタール。収穫量は3万700トンにも及ぶ。そのほとんどが甲府盆地、特に東部の笛吹市や山梨市、甲州市のいわゆる峡東地方に集中しているのだから、それが一斉に花開く様は容易に想像していただけるだろう。まさに辺り一面がピンクの絨毯に様変わりするのである。


d7211d5a1efbe014e003bd7ccc5ae2f0_s_convert_20200407234404.jpg



 桃の開花期間は、ざっと2週間。その花は標高が低い所から高い所、つまり御坂山塊に向かって移動する。富士山の前衛でもある御坂山塊は、右側は南アルプスに繋がり、左側は大菩薩峠や奥秩父山系に連なる。南アルプスは右に八ケ岳、その右手に奥秩父山系と、ぐるりと連なって、いわゆる«すり鉢»のような盆地を形成するのである。




 ところで、桃の花は何重かご存知?生食用の桃の花は一部を除いてみんな一重咲き。品種によっての違いもほとんどない。因みに主な品種の数は31種類に及ぶという。一方、いわゆるハナモモと言われる観賞用は八重咲。観賞用だから都市部でも庭先の植木や室内の盆栽などで見かけるかも知れない。桃は生食用、観賞用に関係なく、開花から時間が経つと花弁の色が濃くなる。だから甲府盆地のピンクの絨毯は、時とともに鮮やかさを増すのである。遺伝的な、その仕組みは専門家でも分からないのだそうだ。




 私たち日本人は、花と言えば桜。桃は、いつも、その後塵を拝して来た。しかも桜と違って「見るもの」、「愛でるもの」ではなく、その後の実を収穫して「なんぼ、なんぼ」の存在であった。ところが近年、鑑賞の舞台にも進出するようになった。農家は満開の桃園を花見会場に仕立てたり、切り枝を生け花用に出荷したりもする。桃は桜と違って逞しい。この時季、切り枝をバケツの水に浸しておけば、立派に花をつける。




 ピンクの絨毯をズームアップすると、どの畑にも農家の人影が。家族総出で人工授粉に精出しているのである。桃栽培農家にとっては欠くことの出来ない作業の一つだ。冬場の寒風に晒されながらの剪定作業、そして、この人工授粉、結実したら摘果(摘粒)、実の数を整えたら今度は袋掛け。袋掛けはむろん、病害虫対策。これを前後して何度もの消毒作業をしなければならないことは言うまでもない。

_convert_20200407233132.jpg
写真は山梨日日新聞から


 今、農家は忙しさに追われ、正直言って花を愛でている暇はない。一口に人工授粉と言っても、花粉の採取から始めなければならない。コウモリ傘や日傘を逆さに吊るして、花を採り、花粉採取用のミキサーにかけて花粉を蓄えたら、それを毛ばたきで花の一つにつけて行くのだから、考えただけでも気の遠くなるような作業。そんな農家にも今年は、コロナウイルス騒動の影が…。花の向こうには、消費者の購買意欲の低下させて市場価格を動かしかねない怪物が牙をむいているのだ。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!