拍子木の今昔

 拍子木。大相撲や歌舞伎、寄席のファンなら知っている。あのなんともいえない音と響き。ちょっと考えれば、あってもなくてもいいようなものだが、これがなくては始めも終わりもしまらない。大相撲は初場所が、歌舞伎は新春公演が始まっている。お客さんはこの拍子木の音を聞き、これからの土俵や舞台の出し物に期待を抱き、また名残を惜しむ。たかが拍子木、されど拍子木なのだ。 
拍子木
 

 特殊な世界にだけに生き残るこの拍子木。実は、かつては身近にもあった。お若い方々や都市部にお住まいの方々は、ご存知ないかもしれないが、火の用心を呼び掛ける、欠くことのできない道具だったのである。回覧板のように拍子木が各戸をリレーし、毎夜、日替わり当番で、この拍子木を叩きながら地域を巡回するのだ。人々は夜警と呼んだ。




 火災が増えるのは、今も昔も冬の時期。寒い。これといった防寒着がない昔は、ドテラと呼ばれた綿入れを着込んでは拍子木と共に「火の用心」を呼び掛けながら巡回するのである。一晩に2~3回。お父さんに連れられて一緒に廻る子供もいた。時代劇に出て来る人っ子ひとりいない夜道を頬かむり姿で歩くあの火の番を想像すればいい。凍てつく夜空に犬の遠吠えも。夜警が火事のみならず、防犯にも役立った。


消防3


 その拍子木が田舎から消えて久しい。変わって登場したのが法被。持ち回りの夜警を消防団に委ねたのである。消防ポンプも「ガッチャンポンプ」と言われた手動式から高性能の自動の車式に。自主訓練も含めて団員の教育も徹底するようになった。お正月恒例の新年出初め式が中学校のグラウンドで開かれた。県議、市議、区長ら各界代表、消防OBなどを招いて、日頃の訓練ぶりを披露するのである。


消防4       消防2


 出初めの式は礼式や表彰が中心。礼式は、実戦のポンプ操法と共に欠くことの出来ない規律だ。約2時間、その技を見事に披露した。「俺達にもあんな時代があったなあ~」。観覧席で、かつて消防団長を務めたOBは、後輩達の演技を懐かしそうに見守っていた。その一方で、みんなが共通して頭を痛めるのが消防団員の際立った減少だ。




 この地域でも少子化と若者達の都市部への流出が顕著。地域防災の先頭に立つはずの消防団にも確実にシワ寄せし、その戦力への危惧さえ出てきた。このため区は昨年、自主防災組織としての消防協力隊を発足させた。75歳定年制とし、中高年も含めて主に日中地元にいることが多い人達を中心とした編成である。万一の場合、消防団をサポートするための実戦部隊である。6つの班に分けて毎月、ポンプ操法の消防訓練も欠かさない。


消防5


 もちろん、自治体の広域消防もある。「自治体消防に任せればいい」。こんな割り切った声もないではない。しかし、人口密度が少なく、その拠点から比較的遠隔地にある山間地の場合、初期消火などに地元の力は欠かせないのだ。


消防1


 「自治体消防は何をしているのだ」。その声は都市部から地方の田舎へとジワジワと波及している。拍子木が身の回りから消え、特殊なものになった今、自分たちの地域を守る基本的な意識も変わりつつある。親と一緒に拍子木を叩きながら夜警に歩いた子供たちがいつの間にか60歳代になった。拍子木が消え、次には法被もやがて消えていくのか・・。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

法被と消防協力隊

 法被。さて、皆さん方は、この二文字の言葉から一体何を連想されるでしょうか。祭り商店街の大売出し各種のイベントさまざまな啓発活動消防団交通安全協会、防犯協会。伝統的な木遣り保存会の見事なあの節回しを思い浮かべる人もいるだろう。なんとなく古風なイメージを持った着物のような気もするが、今も、あっちこっちで生きている。もちろん、その性格によって、全体の色やデザインは異なる。でも、形そのものは少しも代わっていないのである。


法被1   法被2


 我が家にも一着の法被がある。作ったばかりの真新しい法被だ。胸から両側の縦に「岩手分団」「紺屋区消防協力隊」の文字が黒地に白で染め抜かれている。背中には県名「山梨」をあしらった、おなじみの消防団の法被である。違うのは一方の胸から下に染め抜かれた「・・・消防協力隊」の文字だけだ。



 「消防協力隊」はその名の通り消防団への協力部隊である。この4月に発足した。その背景や理由はおおよそお分かりになるだろう。私達の地区の消防団も、ずっと昔から若い人たちの手によって引き継がれてきた。ひとたび火事が起きれば消火の先頭に立ち、地域防災の旗手としての役割を果たしてきた。


消防1


 しかし、その消防団がやせ細る一方。この地域ばかりではなく、世に言う少子化現象を反映、それを担う若者達が減少しているからだ。それに、農業後継者であるはずの若者達の農業離れが拍車をかけた。



 「このままでは万一の場合、地域を守ることは出来ない」



 誰からともなく、そんな声が上がった。そこで登場したのがこの消防協力隊である。いわゆる自主防災組織。消防団OBはもちろん、日中、地元にいることが可能な75歳までの人たち35人余りで編成した。区長代理でもある私が隊長役でもある本部長を仰せつかった。

消防3


 各組長らで本部を構成する一方、機械、水利、交通、筒口ホースの各係りを設けた。本部は部隊の司令塔、機械係はポンプ車、筒口ホース係は最先端での消火作業を担当する。交通係は万一の場合の交通整理だ。水利の確保も含めて日ごろの備えが必要。このため、消防ポンプ車の整備を担当する班も作った。全体を6つの班に分け、ポンプ車の点検整備はもちろん、班ごとに月代わりでポンプ操法の訓練もしている。全員がポンプ車を操れなければ万一の場合、役に立たない。備えあれば憂い無しである。

消防2


 消防ポンプ車の操法訓練は午後6時半からと決めている。夏の時期ならともかく、冬の時期だと真っ暗だ。仕事を終えた時間ということもあるが、実戦に備えるためにはむしろ夜の方がいい。もちろん、指導役は消防団。みんな真剣だ。



 自治体消防はどの地域にもある。しかし、それだけに任せているわけにもいくまい。都市とか農村を問わず、それなりの自主防災組織は欠かせない。特に、農村の場合、消防団への依存度は大きい。その消防団が少子化のあおりを食っている今、全国どの地域でも人事ではないはずである。ただ、実戦の法被は着ないにこしたことはない。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


防災無線と触れ合い広場

 防災無線。いかにもいかめしい呼び名だが、言ってみれば、地域の生活情報を伝える基地局だ。キー局は山梨市役所の中にあるのだろう。施設は市内の地域端末局とネットワークされていて、情報の性格や対象によってキー局からでも地域の端末局からでも自由に放送できる仕組みになっている。私達の地域は町場と違って、平坦ではなく、傾斜地や高低差があるので、火の見やぐらにそれぞれの方向に向けたスピーカーを取り付け、放送を聞き取り易くしている。

  


 キー局からの発信は、言うまでもなく市民全体向け。行政、民間を問わず、全市レベルの連絡事や催し物情報などが流される。一方、地域局は地区の行事連絡から始まって、果樹の消毒など農業指導やご不幸のお知らせと通夜、告別式など葬儀の連絡など何でもこなす。時々ある認知症のお年寄りの捜索には決まって威力を発揮する。行方不明の放送があって数分後には「発見」の放送が。みんながホッとするのである。





 回覧板という情報ツールもあるのだが、当然のことながら、スピードにかけては、これには勝てない。しかし、他地区に職場を持っていたり、放送時に地元を留守にしている人もいるので、回覧板も欠かせない。回覧板はその都度、隣組に発信するのである。今、区長代理を兼ねた組長を仰せつかっているが、回覧板が組を一巡して手元に戻るまでにはかなりの時間がかかる。
回覧板


 防災無線はその名の通り、元々の設置目的は地震や火事など非常時の災害への対処だろう。これこそ、頻繁にあっては困るのだが、火事が発生した場合「今、○○で火災が発生しました」と、その一報を速報するばかりでなく、鎮火したかどうかも知らせる。場合によって、火事の途中情報も。また、交通事故や、それに伴う交通規制などの情報もタイムリーに伝える。

 その防災無線と前後して私達の地域に登場したのが災害時に住民が避難するための広場だ。これも現実的には多目的広場。広場の隅には防災倉庫を設けて万一に備えているが、日常的には子ども達の遊びの広場であったり、お年寄りのゲートボール場だったりする。いわゆる住民達の憩いの場だ。もちろん9月1日の「防災の日」には訓練会場になる。それでいい。
防災訓練3



 この広場には、ちょっとしたいきさつがあった。10数年前のことである。当時の区長ら区の役員が顔を揃えてやって来て「お宅の梅畑を貸して欲しい」と座り込んで来たのである。「地域のためになるなら」と、快く応じたものだ。その面積は10アール近いが、畑には戻らないから寄付したに等しい。それでいい。周囲のしだれ桜やハナミズキもすっかり大きくなり、寄付させて頂いたベンチや防災倉庫もそこに彩を添えている。


お花見 009


 いつの間にか秋がやって来た。ひと頃の猛暑がウソのようだ。昼間の子ども達やゲートボールのお年寄りの歓声とは違って、宵闇に瞬時の涼を求めるように花火を楽しむ家族ずれ。ふれあい広場にお使い頂いて良かったと、しみじみ思う。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


今日も流れる「花かげ」のメロディ

十五夜



「十五夜お月さま ひとりぼち 桜吹雪の花かげに 花嫁姿のお姉さま お馬にゆられて行きました」


 ご存知、童謡「花かげ」の一節である。この「花かげ」のメロディが毎日午後5時になると、私が住む山梨市と笛吹川を挟んで反対側の甲州市から、6時になると今度は山梨市から流れてくる。山梨市や甲州市ばかりでなく、この地方では防災無線の放送設備が整備されていて、さまざまの連絡媒体として威力を発揮しているのである。




 甲州市では午後5時の「花かげ」ばかりでなく、朝7時には「のばら」のメロディを流す。私達の山梨市では、朝は音楽ではなくて、チャイムで時を知らせるのである。地域の人たちは、それを合図に農作業や家事、出・退勤の時間的な目安にするのである。




 「花かげ」のメロディを流すのには理由がある。今は甲州市の一部・旧塩山市の塩の山の麓に向岳寺という名刹があって、そこに「花かげ」の歌碑があるからだ。いわば、地元のテーマソングみたいなものだろう。塩山市のロータリークラブでは月初めの例会では必ずこの歌を歌うのだそうだ。「花かげ」を地域の人たちが誇りにしている証拠である。




 「花かげ」の作詞者・大村主計(1904~1980年)の生誕地は甲州市の隣村の旧牧丘町。私達が住む旧岩手村の隣村で、今は山梨市に組み込まれている。「花かげ」の歌詞に出て来る「花嫁姿のお姉さま」は大村のお姉さん。「お馬に揺られて」通りかかった「桜吹雪」は向岳寺の桜並木だったのだろう。


桜吹雪

 このお寺さんは 臨済宗向岳寺派の総本山。日蓮宗の総本山身延山久遠時と共に山梨県では二つしかない総本山の一つである。大村が「桜吹雪」と歌った境内の桜や塩の山付近の桜は見事で、シーズンには大勢の花見客で賑わいを見せる。ただ、その桜吹雪と歌の冒頭に出て来る「十五夜お月さま」がいかにもミスマッチのような気がしてならない。




 つまり、十五夜は「旧暦の8月15日・・・」と言うから、文字通りの解釈をすれば秋。いうまでもなく桜は春だから季節が合わない。恐らく、「十五夜お月さま」は、いわゆる中秋の名月ではなく、満月のお月さまを指しているのだろう。大村主計と「花かげ」の資料は山梨と埼玉を結ぶ国道140号(雁坂道)沿いに設けられた牧丘町の道の駅の隣接地に移築された町の資料館に展示されている。




 大村主計さんとは生前、何度か仕事の関係でお目にかかったことがある。当時、大村さんは山梨県の文化人達でつくる山人会のメンバーで、毎月、東京・新橋にある中華料理屋さんで会合を持っていた。文化人というと個性的な方々が多いのだが、実に穏やかで,優しい雰囲気をお持ちになった方だった。




 今にして思えば、その時に「十五夜お月さん」と「桜吹雪の花かげ」の裏話も聞いておけばよかった、と思っている。ただ「花嫁姿のお姉さま」は実のお姉さまであることはご本人のお話なので間違いない。心優しい大村さんならではの歌である。毎夕流れて来る「花かげ」のメロディは感慨深い。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


法被と消防協力隊

 法被。さて、皆さん方は、この二文字の言葉から一体何を連想されるでしょうか。祭り商店街の大売出し各種のイベントさまざまな啓発活動消防団交通安全協会、防犯協会。伝統的な木遣り保存会の見事なあの節回しを思い浮かべる人もいるだろう。なんとなく古風なイメージを持った着物のような気もするが、今も、あっちこっちで生きている。もちろん、その性格によって、全体の色やデザインは異なる。でも、形そのものは少しも代わっていないのである。


法被1   法被2


 我が家にも一着の法被がある。作ったばかりの真新しい法被だ。胸から両側の縦に「岩手分団」「紺屋区消防協力隊」の文字が黒地に白で染め抜かれている。背中には県名「山梨」をあしらった、おなじみの消防団の法被である。違うのは一方の胸から下に染め抜かれた「・・・消防協力隊」の文字だけだ。



 「消防協力隊」はその名の通り消防団への協力部隊である。この4月に発足した。その背景や理由はおおよそお分かりになるだろう。私達の地区の消防団も、ずっと昔から若い人たちの手によって引き継がれてきた。ひとたび火事が起きれば消火の先頭に立ち、地域防災の旗手としての役割を果たしてきた。


消防1


 しかし、その消防団がやせ細る一方。この地域ばかりではなく、世に言う少子化現象を反映、それを担う若者達が減少しているからだ。それに、農業後継者であるはずの若者達の農業離れが拍車をかけた。



 「このままでは万一の場合、地域を守ることは出来ない」



 誰からともなく、そんな声が上がった。そこで登場したのがこの消防協力隊である。いわゆる自主防災組織。消防団OBはもちろん、日中、地元にいることが可能な75歳までの人たち35人余りで編成した。区長代理でもある私が隊長役でもある本部長を仰せつかった。

消防3


 各組長らで本部を構成する一方、機械、水利、交通、筒口ホースの各係りを設けた。本部は部隊の司令塔、機械係はポンプ車、筒口ホース係は最先端での消火作業を担当する。交通係は万一の場合の交通整理だ。水利の確保も含めて日ごろの備えが必要。このため、消防ポンプ車の整備を担当する班も作った。全体を6つの班に分け、ポンプ車の点検整備はもちろん、班ごとに月代わりでポンプ操法の訓練もしている。全員がポンプ車を操れなければ万一の場合、役に立たない。備えあれば憂い無しである。

消防2


 消防ポンプ車の操法訓練は午後6時半からと決めている。夏の時期ならともかく、冬の時期だと真っ暗だ。仕事を終えた時間ということもあるが、実戦に備えるためにはむしろ夜の方がいい。もちろん、指導役は消防団。みんな真剣だ。



 自治体消防はどの地域にもある。しかし、それだけに任せているわけにもいくまい。都市とか農村を問わず、それなりの自主防災組織は欠かせない。特に、農村の場合、消防団への依存度は大きい。その消防団が少子化のあおりを食っている今、全国どの地域でも人事ではないはずである。ただ、実戦の法被は着ないにこしたことはない。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!