FC2ブログ

貧乏農家の絆

 中学時代や高校、大学の頃、明日は試験というのに何の準備もしていなかった時「困った」と素直に思う一方で「え~い、今更・・。どうにでもなれ」と、開き直った経験は少なからず、どなたにもおありだろう。怠け者のご粗末を、どなたでもと言ったら叱られる。


畑


 百姓の実家を離れ、東京で気ままに過ごした学生時代はともかく、だだっ広い農地を抱え、四苦八苦していた親父たちを見ていた中学、高校の頃、子供たちの畑仕事への手伝いは当たり前に思った。戦後の農地解放で田畑の面積は大幅に減ったとはいえ、それでも2丁歩以上の土地が残った。親父たちは苦労した。機械力もない時代である。自らの農地を手にした人たちは、その耕作に専念しなければならないので、他人(ひと)の手伝いをしたくても、それを許してくれないのだ。勢い、それぞれが頑張るしかなかったのである。そんな親達が心配にもなった。学生の頃も休みで実家に戻れば文句なく畑仕事を手伝った。親孝行などとたいそうなものではなく、当たり前だった。





 親父の背中を見て4人の子供たちは、不平を言わなかった。言わなかったというより、子供心にも言えなかった。朝は学校に行く前、野良仕事を手伝い、帰ってくれば当たり前に田圃や畑に。お蚕さんと呼んだ養蚕の時期には桑やりを蚕のお腹に合わせなければならないので、夜中も朝っぱらも関係なかった。蚕を「お蚕さん」といい、桑を与えることを「あげる」と言ったことからも、蚕がいかに大切だったかがお分りだろう。眠たい目をこすりながら手伝うのだ。最も忙しい農繁期ともなれば朝飯を食べるのは、いつも野良。時間稼ぎである。子供たちは学校の始業時間に合わせて飛び返り、学校へ。


蚕      繭


 こんなことを並べ立てると、まるで子供をこき使う収容所のように聞こえるかもしれないが、そこは自由奔放な田舎の子供。地域の子供たちと群れになって遊んだし、わんぱくもした。それに加えての百姓の手伝いである。当時も学校の先生がよく言った予習も復習も疲れて出来るはずがない。朝も同じで、学校では居眠りか、目を開けているのが精いっぱい。元々が勉強嫌い。どう考えたって、そんな子供の成績がいいはずがない。


畑2  


 教育ママ、教育パパが氾濫している今では、およそ考えられないし、ひんしゅくを買い、場合によっては「なんとひどいことを・・・」と叱られるかもしれない。でも、当の子供たちはなんとも思わなかった。一方の親父やおふくろたちはどう考えていたかは知る由もないが、恐らく忸怩たる思いをしていただろうことは、自分がその立場になってみると分かる気がする。心の内は生活の現実と子どもたちの教育の狭間に立たされていたはずだ。




 時はそんな経緯を知らないように経って行く。不思議なことに子供たちは、みんなそこそこに育ち、今を生きている。翻って今の子供たちが羨ましくも見え、かわいそうにも思えるのだ。学校から帰れば塾通い。家に戻ったら戻ったで勉強、勉強だ。夏休みや冬休みも塾通いだから休みがないのも同じだ。社会人への入り口・就職試験で父親の職業について聞かれ、農業であることは知っていても、その畑や果樹園がどこにあるかさえ知らない人がいっぱい。家庭の連帯や家族を思う心は確実に希薄になっている。今、新聞やテレビを賑わわせている高齢な親のほったらかしや所在不明騒ぎ。何も小難しいことを言うつもりはないが、勉強、勉強優先の家庭教育は、そんな社会をさらに助長していくのだろうか。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

ボランティア先生

勉強会


  子供の頃、ろくに勉強しなかった人間が今、週に一度のペースとはいえ、学校で子どもたちと一緒に勉強している。私が住む山梨市の教育委員会にはボランティアによる「学校支援制度」というのがあって、外野にいるそれぞれの分野の人達が忙しい先生達をバックアップしたり、フォローするのだ。とりあえずは2年任期。教育委員会が各分野の適任者に白羽の矢を当て、教育長が委嘱するのである。正確には「学校支援コーディネーター」と呼んでいる。いわば民間のボランティア先生だ。


勉強会3



 この制度は文部科学省が全国幾つかの市町村を選んで設けた教育畑での民活モデル事業である。教育に関わる資材、教材などの経費は予算化されているが、そのための人件費はなく、原則的にはまったくのボランティア。定期的に市内小中学校の代表教諭も交えて打ち合わせのための会議を開くが、ボランティア先生はスポーツの分野もあれば、英語や理科、社会、図書館司書など多岐に渡る。私が委嘱され、担当するのは「学芸」といわれる分野で、文章の書き方や学校新聞作りがテーマ。文科省は教育現場に民間の風を導入しようとしているのだ。


勉強会4


 メンバーは学校の校長先生などのOB、いわゆる教育経験者がほとんど。私のような生粋の民間人は数少ない。未知の制度でスタートからそれ程時間が経っていないので、正直言って学校側にも、それを支えるボランティア側、さらに教育委員会にだって戸惑いは隠せない。



 「自分たちが住む地域をもっと知ろう。知ったらそれをみんなに知らせよう」



 そんなテーマで先頃、山梨市にある日下部小と山梨北中の児童、生徒25人を集め、学習会を開いた。子供たちの身の回りに近い史跡や文化財を実際に見て回り、そこで学んだことを、自由な切り口で記事にまとめ、夏休み明けに、それぞれの学校で発表してみようというものだ。社会科というか郷土史の勉強と、それを記事にまとめる文章力養成の二段構えの講座である。主には前段を郷土史に詳しい学芸コーディネーターが担当、後段を私が受け持つことになっている。3人のコーディネーターはもちろん事前に打ち合わせをする。


勉強会2


 これより先、やはり山梨市立の岩手小学校では、文章の書き方教室をスタートさせた。放課後の1時間半ぐらいを使って週1回のペースで勉強するのだ。こちらは一歩進んでいてそれぞれの児童が書いた記事を添削、パソコンで打っている。記事は児童会のことや自らが参加する少年野球やミニバス、中には地域の神社についてお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんから取材してきた子もいる。支援講座はこの秋以降、別の小中学校にも広げる。むろん学校側の要望が前提だ。


勉強会5


 「俺たちが子供の頃、こんなに飲み込みが良かったかなあ・・・」。そんなことを自問するほど、今の子供たちの理解力は優れている。それより驚かされるのはパソコンを自在とは行かないまでも遜色なく操ることだ。見出し部分も活字を大きくしたり、簡単にゴジックや明朝にもする。子供たちのIT化は手をこまねいている大人をよそに急ピッチで進んでいる。幼い頃からゲーム機で育った子供たち。嬉嬉としながら遊び感覚でパソコンのキーボードを叩くのである。その教室には学習用のパソコンがずらりと並んでいた。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


末は博士か大臣か

3.jpg


 「末は博士か大臣か」。幼い頃、記憶力や読み書き、数字などにめっぽう詳しく、周りの大人たちをびっくりさせる子供がいる。そんな時に目を丸くする大人たちが多少のお世辞も込めて言う台詞だ。




 時々、テレビなどに登場してくる神童のような子供たちばかりでなく、巷にもそれに近い子供がいる。若い頃、そんな子供さんにお目にかかったことがある。いずれも知人の息子さんだが、その一人は当時、小学校に入って間もないくらいの歳。動物や植物に興味を持ち、恐らく、親から買い与えられたものだろう。分厚い動・植物図鑑を見て遊んでいるのだ。お父さんは新聞は〇〇新聞、テレビはNHKしか観ないという、ちょっと珍しい方だった。



図鑑


 こちらが面白がって質問してみると、立て板に水で答えが返ってくる。




 「おじさんねえ、それは亜熱帯植物で、原産地は〇〇。〇〇科の植物で、背丈は〇〇くらい。〇〇の頃、〇〇色の花を咲かせる。花言葉は〇〇と言うんだよ」





 その植物の原産地であれ、科目であれ、姿、形であれ、ものの見事に説明してくれる。動物だって同じだ。こちらに問いかける知識があるわけではないので、図鑑の後ろの方にある索引から、これなら分かるまい、と思えるような動・植物を挙げてみると、今度は・・・。


カメ   5   カエル


 「それねえ、〇〇ページに載っているよ」




 そこまで来ると、こちらも大人気なく、むきになりたくもなる。「〇〇は?」「〇〇は?」と矢継ぎ早に質問するのだが、「オジサン、大人のくせに知らないの?」と言わんばかりにニコニコしながら全問正解。


花1   花2   花3


 「こいつの頭の中には、この図鑑がそっくり入っているのか?」





 舌を巻く、と言う表現を通り過ぎて、可愛いはずの子供が咄嗟に憎らしくさえ見える。無知なオジサンのひがみ?そんなオジサンが言う言葉が「この子、末は博士か大臣ですよねえ・・・」




 これに対してお母さんは、まんざらでもなさそうに、こう言うのである。




 「外であまり遊ばず、この子、図鑑ばかり見ているんですよ。困ったものです・・・」




 こんな子もいた。その子は鉄道に興味を持ったのか東京の山手線はもちろん、東海道線、中央線など全国の国鉄(当時)や私鉄の駅名を、これまた立て板に水。そればかりではない。駅名の起こりやそこまでの運賃乗り継ぎ駅に至るまで説明してくれるのである。「この子、大人になったら鉄道博士ですねえ」。そのご両親の答えも、やはり同じだった。


電車


 「使用前」、「使用後」という言葉がある。漫談家の綾小路きみまろではないが、それから30年後、40年後。不思議なことに、その子たちは只の平凡な大人に。大臣でも博士でもなかった。

 

「そんなこと、ありましたかねえ。でもみんな忘れちゃいました」。

 


 子供の頃の優劣。大人になって逆になるケースが往々にして世の常?ガキ大将だったり、鼻たらし小僧だったりした子が社会的には活躍しているのだ。「末は博士か大臣か」。大人への、人生へのレールは子供だったある時期だけを基点に敷かれているものではないらしい。
子供
.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


今時の若者

 大人たちはよく言う。「今時の若いモンは」と。私だってそう思ったことはいっぱいある。でも、とんでもない。「今時の若いモン」は、少なくとも私たちの子供の頃より、ずっとしっかりしているし、今を憂い、将来を、未来を真剣に考えていると思った。

高校生

 そんなことを痛烈に実感させられたのは高校生の弁論大会であり、中学生の作文コンクールだった。



 高校生の弁論大会。大会は山梨県の高校ユネスコが毎年開いている主張大会だ。ここでは同県下の高校ユネスコ部の代表が一堂に会して持ち時間6分で、それぞれの主張を競うのである。国際理解、相互理解など幅広い見地から意見を述べるのだが、もちろん内容は様々。




 発展途上国における飢餓に言及し、飽食の日本に置き換えて平気で食べ残しをする現実に「もったいない運動」を提唱する者もいた。そうかと思えば国連の現実に疑問を呈する生徒も。米国、ロシア、英国、仏国、中国など世界大戦の戦勝国でリードされている現実への疑問だ。


地球  


 食料自給率40%の日本。それを分かっていながら毎日大量に捨てられている食べ物。民主主義を標榜しながら≪強者支配≫の国連。高校生たちは国際感覚で疑問を呈し、改善を訴えた。もちろんテーマは食料や国連ばかりではない。様々な角度から論じた。




 コンクールだから採点しなければならない。6人の審査員はみんな頭を抱えた。甲乙つけがたいからだ。表彰式で講評役を仰せつかった私はこんなことを言わせていただいた。




 「高校生の皆さんが自らや自分たちが住む社会をしっかりと見つめ、新たなステップを見出そうとしている。その姿勢に感銘した。主張や提言が自らの体験や勉強に立脚しているから説得力もある・・・」




 驚いたのは若者たちの国際感覚だ。たまたまかもしれないが、帰国子女がいたり、夏休みなどを利用した外国での短期留学・ホームステイを経験している生徒が目立った。若者たちはそこで「何か」を感じ取って帰って来ている。


飛行機


 すぐ自分と重ね合わせてしまうオジサンの悪い癖だが、私たちの高校生の頃は外国に行くことなど夢のまた夢。全く遠い存在だったから、むしろ考えにも及ばなかった。「トリスを飲んでハワイに行こう」。こんなキャッチコピーのコマーシャルがテレビやラジオで、ぼつぼつ流れ始めようとしている時代だった。ハワイが外国、いわばあこがれの地だったのである。新婚旅行はまだ国内一辺倒。因みに山梨に住む私たち夫婦の新婚旅行は南紀白浜だった。




 ユネスコの弁論による主張が高校生なら、こちらは「人権」をテーマにした作文。甲府地方法務局と山梨県人権擁護委員連合会が毎年、同県下の中学生を対象に実施しているもので、今年で37回。37年の歴史を誇っている。全国大会に繋がる催しである。ここでも若者たちは、大人たちをハッと思わせるような論陣を張った。それがまた自らの体験に基づいたものであったことは言うまでもない。 




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


more...

子供は育てるもの?育つもの?

親子2

 育児。良くも悪くも人間、そんな時代が華かもしれない。大分前になるが、石和温泉郷にあるリハビリテーション病院でムチウチ症のマッサージ治療(PT=理学療法)を受けながら交わした若い理学療法士さんとの会話の一方で、そんなことをつくづく感じた。この若いお父さんのように育児で悩み、やがてまた教育投資も含めた子育てで苦労もする。考えてみれば誰もが大なり、小なり通らなければならない道かもしれない。



 私にも一人娘がいる。もう40も半ばになる。振り返ってみれば、育児などと難しい事を考えたことは一度もなかった。仕事、仕事で追われ、子供のこと、つまり育児のことなど女房にまかせっきりだった。もちろん、可愛い我が娘のこと、そのやり方を巡って女房と喧嘩をしたことがなかったわけではない。

親子

 育児を女房にまかせっきりだったからと言うわけではないが≪子供は育てるものではなく、育つもの≫だと、今でも思っている。女房と育児を巡る喧嘩があったとすれば、「過保護にするな」の一点ぐらい。過保護に育てたら、やがてそのツケを背負わされるのは、子供自身だと思っているからだ。

 「年寄りっ子は三文安」。昔の人はうまい事を言ったものだ。その時の感情で孫を気ままに可愛がり、あとは野となれ山となれ、そのツケは孫に行くの例えである。私にはたまたま娘一人しかいないが、私達の世代では自らの子供は2~3人が普通。私の兄弟は4人。おふくろの兄弟も親父の兄弟も9人。だんだん子供の数は減っている。3世代で世代が変わる度に半減している勘定で、今では一人っ子は当たり前。統計で見てもわが国の出生率は1・25人ぐらいだからそれを裏付けている。


赤ちゃん

 昔の親は偉かった。4人、5人、8人、9人を平気で育てたのである。自分の場合を例にしても、私は戦中生まれ、姉は戦前。弟二人は戦後間もない頃の生まれ。経済的にも最も貧しい頃だった。食べることにも事欠いた。物がなく、小学校時代、配給物資をくじ引きで分け合ったこともある。食生活が貧しいから栄養失調の子供も。私もどちらかと言えば、その一人だった。肥満が溢れ、栄養失調という言葉が死語になった今とは大違い。




 そんな兄弟も立派にとはいかないまでも世間様にご迷惑をかけない程度の大人に育った。男3人だから兄弟喧嘩もした。わんぱくもした。その度に親父から怒られ、ゲンコツを食った。日常茶飯事だった。そんな親父は怖かった。学校に行けば先生から、これまたゲンコツ。それを家に帰って話そうものなら「お前が悪いからだ」と、またゲンコツだ。いたずらをして近所のオヤジから怒られることも珍しくはなかった。みんなが、みんなで子供を戒め、見守った。


男の子

 「ヘタに叱って性格が歪んだら・・・」。若い理学療法士のお父さんや、その奥さんが言うような迷いや心配は誰もしなかった。むしろ、そんな親父や先生、近所のオヤジのやり方がわかり易かった。今、国では子供手当て云々の論議をしている。もちろんあった方がいいに決まっている。でも、これだって、みんなの税金。裏を返せば借金の先食いだ。親に対する≪過保護≫にもみえる。むしろ、貧しいながらも何人もの子供を育てた昔の親達に、その根性を学びたい。子供手当ては、本当に政治家先生が言う少子化対策になるのか・・。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!