メイドイン外国

朝


 ロータリークラブの早朝例会で、メンバーの一人がこんな話をした。
早起きは3文の得と言う言葉がありますが、その通りなんです。朝一番の陽を浴びると、人間、健康にいいんです。特に、メタボ人間には最適なのです」





 私たちの山梨ロータリークラブは、毎週1回の例会は昼休みの時間、つまり午後零時半から1時半までの1時間を原則にしているが、夏の時期だと午前6時半からの早朝例会、冬場だと午後6時半からの夜間例会を年何回かは実施する。いずれも水曜日だ。



朝2



 例会では、会員が交代で「卓話」という名の講話をする。メンバーの職域は多岐にわたっている。医者もいれば、機械金属、建設、不動産、測量、旅行、ワインなど会社経営者や、家電時計文房具、花キなどの商店主、公認会計士司法書士学校の校長先生新聞記者のOB銀行マン僧侶だっている。もちろん、果樹地帯のど真ん中だから、桃や葡萄の栽培者だって少なくない。




 目の前の医者をちょっとはばかりながらも、この日の卓話の担当者は「聞いた話」と前置きしながら朝日、早起きとメタボ改善の医学的な因果関係を説いた。この人はアパレル業界で会社を営む人だから、話の中心はファッション



1


 「今、女性物、男性物を問わず、値段はどんどん安くなっている。その秘密は外国での生産だ。われわれ専門家から観れば、技術は劣るが、そこそこのファッション性があるから消費者にとって安さは魅力。男性者のスーツが9,000円台で売っているんですねえ。そんな人はいないとは思いますが、この背広を5年も6年も着られたのでは、われわれはたまったものではないんです」





 そう言ってこのアパレルメーカーの社長は、苦笑いした。確かに、安かろう、悪かろうと言ってはいい過ぎかもしれないが、ファッション製品にとどまらず、わが国で売られているのは≪メイドイン外国≫。中国や、タイ、フィリピンなどの東南アジアは当たり前。このアパレルメーカーの社長によれば、ファッション製品の中には、欧州のブルガリアなどで作らせているものもあるのだそうだ。「ヨーグルトだけでたくさん」。この社長は本音とも思えるオチをつけた。


ヨーグルト


 そんな話を聞いた日の昼間、テレビを見ながら飯を食っていたら「思いっきりDO~N」という番組で、ニシオカ何がしというタレントさんが商店街を歩いて買い物した衣服を「生着替え」するという中継番組をやっていた。買って着替えた下着はもちろん、ワンピースや帽子から靴まで、値札を貼って、その金額をトータルしてみるのだ。




 なんとその合計金額は5千数百円。一部の千数百円を除いてほとんどが千円未満。テレビだから、その素材だとか仕立ての技術は分からないが、見るからにカッコいいし、イケてる。




 早朝例会でのアパレルメーカー社長の話とオーバーラップさせながら「なるほど」とヘンなところで納得した。その一方で、苦境に立たされる日本のメーカーに同情したくもなった。日本の製造業はまだまだ空洞化が進むのか・・・。






.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

クリスマスがやって来る

クリスマス


 一足早いクリスマスの集いが開かれた。山梨ロータリークラブ恒例のクリスマス家族会だ。その帰り道、民家の軒先にはあっちにもこっちにもクリスマスの電飾が。その翌日は市民ホールに陸上自衛隊第一音楽隊がやって来て、クリスマス音楽祭が。よほど鈍感な私でもクリスマスや年の瀬が近いことを否応なく実感させられる。


 


 山梨ロータリークラブのクリスマス家族会は毎年、12月の第二週と決まっている。50人のメンバーはもちろん、家族会だから、そのご夫人方やお孫さんたちも加わって参加者は100人を超す。それに地元の市長、ライオンズクラブや青年会議所(JC)の代表もお招きする。


クリスマス 


 会場はフルーツパーク富士屋ホテル。ホールのステージには大きなクリスマスツリーを飾り、ステージの中央からは放射線状に万国旗が。子供も大人もとんがり帽子、首にはレイを着ける。みんなメンバー達の手作りの演出だ。クラブ管理運営委員長や会長の挨拶、来賓代表である市長のお祝いの言葉などセレモニーに続いて、友好団体のライオンズクラブ会長の音頭取りで乾杯をして宴に。


シャンパン


 乾杯のグラスはもちろんシャンパン。テーブルにはチキンやサンドウイッチなど盛沢山の料理、それに子供たちが喜ぶケーキも。パーン、パーン。子供たちはテーブルに用意したクラッカーを、まるで競うかのように鳴らす。宴はいやが上にも盛り上がっていく。2時間余りの最後は山梨の新民謡「よっちゃばれ踊り」やロータリーソング「手に手つないで」をみんなで踊り、歌ってお開きとなるのだ。もちろん二次会も。近くのカラオケハウスである。調子に乗って飲みすぎたら案の定、二日酔いだ。


ケーキ  



 翌日の自衛隊音楽祭は、市民会館が会場。「花かげホール」と名付けられた市民ホールを使うこともある。「十五夜お月さん一人ぼち 桜吹雪の花かげに・・・」で始まる童謡「花かげ」を作った地元出身の大村主計に因んだ命名だ。500人ぐらいは入るだろう今年の会場・市民会館は超満員。プログラムは二部構成。



 第二部は約50人の奏者が全員サンタクロース姿に装いを変えて再登場。そりすべり、クリスマスキャロル・ファンタジー、クリスマス・トゥデイ、行進曲「雷神」などお馴染みの曲が次々と。もちろん「聖夜」も。みんな拍手喝さい。最後は山梨の民謡「武田節」のサービスも忘れなかった。


 クリスマス2


 この時期、町といわず、田舎といわず、お目見えするのがクリスマスの電飾。ビジネス絡みのイルミネーションはともかく、一般家庭のそれはなぜか微笑ましい。子供たちやお父さん、お母さん、家族ぐるみの飾り付けの様子が伝わってくるからだ。でも、気のせいか、飾り付けはいつもの年より寂しい。不景気がこんな所にも影を落としている。


クリスマス2  

 
.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ワインとお酒

ワイン3_convert_20121120095847


 焼酎やウイスキーは普段、あまり飲まないから、よくは分からないが、お酒やワインには甘口と辛口がある。私はお酒でもワインでも辛口派。いつもお酒を買ってきてくれる女房も、それを知っているので、我が家のお酒はみんな辛口ばかりだ。そのことは親しい知人も知っているから、いただくのも辛口。




 女房の学生時代の友達だが、今では家族ぐるみのお付き合いをさせていただいているお一人に広島のOさんご一家が。数年前、その広島を訪ねた折、ご馳走になったお酒を「これは美味しいお酒ですねえ」と言ったのがきっかけで、毎年、旬になると、そのお酒を送ってくれる。銘柄は「賀茂泉」。辛口の本当にうまいお酒なのだ。



賀茂泉



 私は毎晩、晩酌をする。酒量は加齢とともに減ってはいるものの1年365日、お酒を飲まない日はない。「たまには休肝日を作ったら…」。女房からは何時もそういわれる。その通りだ。頭では分かっていても癖とは恐ろしいもの。「人の世話を焼くな」。自らの気持ちと裏腹に、女房に言わないでもいい悪態を言ってしまうのである。




 酒は常温で飲むに限る。特にうまい酒を堪能するには、お燗をしたらダメだと思っている。「健康のためにはお燗をした方がいい」。それが正しいのだろうが、なぜかこだわり続けている。お燗の効用は、体を冷やさないことや一定のアルコールを飛ばすことにあるという。


酒



 これに対してワインは冷やしていただく。ビールほどではないにしても生ぬるかったら興ざめだ。飲み方ではないが高校時代の同級生でワインメーカーの社長をしている男がこんなことを言ったことがある。そのメーカーは勝沼にあるダイアモンド酒造という。




 「お酒はほとんどが水。オレ達が作っているワインは100%果汁。我々は“水”を売ってはいないんだよ」

ワイン4_convert_20121120095658


 確かにうまい酒造りの生命線は良質の水。これに対してうまいワイン作りは原料葡萄の善し悪しに掛かっているのである。今年はその原料葡萄が記録的と言ってもいい豊作の年。甘口、辛口の選択はさておき、ワイン党には笑いが止まらない。2012年物、ワイン通の皆さんは頭の片隅にとどめておいた方がいい。原料がいい年のワインがうまいに決まっているのだ。



ワイン6_convert_20121120100012



 甲府盆地の東部。この一帯は早くから果樹、とりわけ葡萄の先進地であった。その原点は甲州種。古くは古代オリエントで生まれ、シルクロードを経て遣唐使が伝えたと言われている。我が国のワインの代表的な原料葡萄なのだ。欧州系葡萄の変種といってもいい。そこから起源して山梨の葡萄作りは、どんどん進化。その品種はフランスなど欧州系を中心に多様化し、私たち地元の人間ですら知らない品種がいっぱい。




 甲州種は山梨の葡萄作りの原点であった。ところが今、巨峰やピオーネなど大房系の葡萄が席巻、更に新しい品種の葡萄が進出して、甲州種の影は萎む一方。今や生食用の座から引きずり下ろされ、ワインの原料に。私は少なくとも葡萄を知る地元の人間。こんなうまい葡萄はないと思っている。しかし果肉が柔らかいため種を抜くことが出来ない。なぜか葡萄に種がないことが当たり前と思っている?消費者に嫌われてしまったのが致命傷なのだ。



甲州葡萄_convert_20121120100253
甲州葡萄


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


メイドイン外国

朝


 ロータリークラブの早朝例会で、メンバーの一人がこんな話をした。
早起きは3文の得と言う言葉がありますが、その通りなんです。朝一番の陽を浴びると、人間、健康にいいんです。特に、メタボ人間には最適なのです」





 私たちの山梨ロータリークラブは、毎週1回の例会は昼休みの時間、つまり午後零時半から1時半までの1時間を原則にしているが、夏の時期だと午前6時半からの早朝例会、冬場だと午後6時半からの夜間例会を年何回かは実施する。いずれも水曜日だ。



朝2



 例会では、会員が交代で「卓話」という名の講話をする。メンバーの職域は多岐にわたっている。医者もいれば、機械金属、建設、不動産、測量、旅行、ワインなど会社経営者や、家電時計文房具、花キなどの商店主、公認会計士司法書士学校の校長先生新聞記者のOB銀行マン僧侶だっている。もちろん、果樹地帯のど真ん中だから、桃や葡萄の栽培者だって少なくない。




 目の前の医者をちょっとはばかりながらも、この日の卓話の担当者は「聞いた話」と前置きしながら朝日、早起きとメタボ改善の医学的な因果関係を説いた。この人はアパレル業界で会社を営む人だから、話の中心はファッション



1


 「今、女性物、男性物を問わず、値段はどんどん安くなっている。その秘密は外国での生産だ。われわれ専門家から観れば、技術は劣るが、そこそこのファッション性があるから消費者にとって安さは魅力。男性者のスーツが9,000円台で売っているんですねえ。そんな人はいないとは思いますが、この背広を5年も6年も着られたのでは、われわれはたまったものではないんです」





 そう言ってこのアパレルメーカーの社長は、苦笑いした。確かに、安かろう、悪かろうと言ってはいい過ぎかもしれないが、ファッション製品にとどまらず、わが国で売られているのは≪メイドイン外国≫。中国や、タイ、フィリピンなどの東南アジアは当たり前。このアパレルメーカーの社長によれば、ファッション製品の中には、欧州のブルガリアなどで作らせているものもあるのだそうだ。「ヨーグルトだけでたくさん」。この社長は本音とも思えるオチをつけた。


ヨーグルト


 そんな話を聞いた日の昼間、テレビを見ながら飯を食っていたら「思いっきりDO~N」という番組で、ニシオカ何がしというタレントさんが商店街を歩いて買い物した衣服を「生着替え」するという中継番組をやっていた。買って着替えた下着はもちろん、ワンピースや帽子から靴まで、値札を貼って、その金額をトータルしてみるのだ。




 なんとその合計金額は5千数百円。一部の千数百円を除いてほとんどが千円未満。テレビだから、その素材だとか仕立ての技術は分からないが、見るからにカッコいいし、イケてる。




 早朝例会でのアパレルメーカー社長の話とオーバーラップさせながら「なるほど」とヘンなところで納得した。その一方で、苦境に立たされる日本のメーカーに同情したくもなった。日本の製造業はまだまだ空洞化が進むのか・・・。






.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ロータリーアンのクリスマス

クリスマスツリー


 もう、そんな季節がやって来たのだ。夜、車で走っていると、あっちこっちの家にクリスマスの電飾が。赤、青、黄色。さまざまに模られたイルミネーションが闇に浮かび、子供ならずとも、心弾むような、ロマンチックな気分にさせてくれる。なぜか、その電飾は数軒ずつかたまっているのである。ある知人が、こんなことを言った。




 「あれねえ、隣近所というか、人間の心理を見事に反映しているんですよ。最初、どこかの家で、この電飾を始めますよねえ。すると、それが両隣に波及するんです。そこで、もう一つ面白いのは、波及の方向。全てとはいえませんが、その波及の順路は道を挟んで反対側ではなく、一方づきながらやがて反対側にも広がるんです」


電飾


 へえ~。そんなものかなあ、と注意して見たら、やっぱりそうだ。まあ、そんなことはどっちでもいい。子供達と一緒に楽しそうにクリスマスの電飾の飾り付けをする若いお父さんやお母さん。平和な家庭の証だ。微笑ましくもあるし、傍から見ていても楽しい。


クリスマス2


 私たちのロータリークラブでは毎年、12月の第二土曜日と決めてクリスマス家族会を開いている。メンバーが子供達やお孫さん、おじいちゃん、おばあちゃんまで連れてきて、みんな一緒に和やかなひと時を過ごすのである。メンバーの奥さんはもちろんだ。歌やゲーム、子供達や奥さん達へのプレゼントもいっぱい。


クリスマスサンタ



 名前の通りの家族会だが、恒例で市長やライオンズクラブ、JC(青年会議所)の代表をもお招きする。クリスマスならではのカラフルなとんがり帽子やレイがみんなよく似合う。催しの裏方を務めるのはクラブ内で分担しているクラブ管理運営委員会の親睦担当のメンバーたち。事前に「炉辺会談」という古めかしい名の打ち合わせ会を開いて、その趣向を凝らす。




 街のアマチュアバンドを呼んで来たり、時にはプロの歌手をお呼びすることも。いずれにしてもみんな手作りである。夫婦揃っているから金婚式や銀婚式を迎えた会員カップルのお祝いもする。お祝いの花束は会員が営む花屋さんから、子供達や奥さん達へのプレゼントは出来るだけメンバーに関係するお店から調達する。大はしゃぎで喜んだり、楽しんだりしているのは子供達ばかりではなく、お父さん達も同じ。和やかなクリスマスの夜は更けていく。



クリスマス会ステージ


 この家族会が済むと、わがロータリークラブの年内の行事はあと一回の例会を残すだけ。7月から始まるロータリー年度は前半から後半へと折り返す。対外行事は別として、クラブ内の行事は親睦旅行も済んで大きな行事は一段落。一年交代の今年の三役(会長、副会長、幹事)も内心ホッとしているだろう。




 一年が経つのがやたらと早い。あと10日足らず、クリスマスが終わって街の電飾が消えれば、すぐ除夜の鐘だ。今度はお寺の鐘を突く。一夜明ければお正月。手のひらを返したように、あっちこっちの神社に初詣だ。よく考えれば日本人は面白い民族である。世界的にも珍しいに違いない。

門松


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!