危なっかしい子供達

乙女高原ロッジ

 秩父多摩甲斐国立公園の一角・乙女高原で二日間にわたって開いたユネスコの国際子供キャンプは天候にも恵まれ、無事終わった。何であれ、野外活動は、その成否が天候に左右される。昨年からだが、8月のお盆前の土、日としたのは正解だった。この時期は天候が安定する時期だからだ。

乙女高原の花


 しかし、弱点もある。山梨市を中心に、峡東と呼ばれるこの地方は山梨県きっての果樹地帯。桃や葡萄が出荷の最盛期を迎える。だからキャンプを運営するスタッフや指導者の確保が難しくなるのも確かだ。


 このキャンプは、もちろん子供たちが主役。国際子供キャンプだから日本ばかりではなく、外国籍の子供たちもいる。今年はブラジルやペルーの子供たちを含めて主役は約50人。これに大人のスタッフや指導者を合わせて参加者は総勢80人を超した。


 主催者の山梨市ユネスコ協会とユネスコみどりの会が入念に用意したプログラムに沿って子供たちは二日間の野外生活を楽しむのである。歌やゲーム、思考を凝らした創作活動、ハイキングや星空の観察、キャンプファイヤーもある。キャンプだから自分達が寝るテント張りや食事のための飯盒炊さんもある。


ナベ

 子供たちが和気合い合いに取り組むのはやっぱり飯盒炊さん。カレーが定番で、子供たちは持ち寄ったおコメを研ぐ傍ら、タマネギやジャガイモ、肉など具の調理をする。これがまた悪戦苦闘。まず、包丁の使い方をほとんどの子供たちが知らない。危なっかしくて見ていれないから使い方を教えるのだが、今度はジャガイモを小さなサイコロに切ってしまうのである。


 こんなことならまだいい。タマネギを剥かせたら、芯まで剥いてしまう。今回はなかったが、もっとひどいケースになると、飯ごうに水を入れずにご飯を炊いたり、「コメを研ぐ」という言葉が分かりにくいと気遣った指導者が「おコメを洗って」と言葉を置き換えたら「洗剤はどこ」と言うのである。世のお母さん達、ホントだよ。


笑うに笑えない話だ。考えてみれば無理もない。子供たちは家庭で母親が作ったご飯を食べ、料理を食べる。そこで親に手伝うとか、手伝わせるといったことがない証拠である。ご飯を炊くのは自動炊飯器だから、火をたく必要もない。しかし子供たちは嬉々として火を焚き、カレーの具を作った。




 もっとびっくりしたのはトイレ。小学4年生の子が「トイレが出来ない」と、ベソをかいて来るのである。「どうしたの」と言うと、キャンプ場のトイレが和式だったからだった。跨ぐのが怖かったというのである。スタッフもすぐには理解しかねたと言う。


 この子の場合、生まれながらに便座の洋式トイレで育ったのだ。スタッフの中には教師もいるので聞いてみたら、そんな子供は珍しくないのだそうで、学校では和式ばかりでなく、洋式トイレを増設しているのだそうだ。生活のハイレベル化は子供たちを軟弱にしてしまうのか。野外活動の大切さを改めて思い知らされた。



乙女高原風景




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


スポンサーサイト

子供達の国際交流

 「遠~きや~まに日は落ちて・・・」

 真っ赤に燃え盛るキャンプフヮイヤーを囲んだ子供たちの歌声は、静まり返った山々の闇に響き渡った。ここは秩父多摩甲斐国立公園の山梨県境に位置する乙女高原の一角である。

地図   

真っ赤な炎に照らし出された顔、顔、顔。みんな清らかに輝いていた。


キャンプファイヤー2

 国際子供キャンプ。山梨県高校ユネスコのOBたちで組織したユネスコみどりの会が子供たちの国際交流を狙いに1966年、やはり山梨県山梨市の万力林で始めたのが、その始まりである。その後、ユネスコみどりの会が母体となって結成した山梨市ユネスコ協会が継承、再びユネスコみどりの会と共催で、1回も休むことなく43年間実施してきた。



 このキャンプに参加した子供たちの数は延べでは3,000人近い。参加者の人数にとどまらず、さまざまの場面で
歴史の重みを実感ずる。最初の頃に参加した子供たちが親となって、その息子や娘達を参加させているのである。無邪気に飯盒炊さんや創作クラフト、ハイキングやキャンプファイヤーを楽しんだ子供たちが立派なお父さんやお母さんになっていた。間もなくお孫さんをこのキャンプに送り込んでくるだろう。

キャンプファイヤー


 しかし、子供たちを取り巻く環境は変わった。例えば、日本の子供たちと並んでキャンプの主役となる外国の子供たち。かつては横田基地などを廻り、キャンプの米兵の子弟に参加を促した。白人もいれば黒人もいるが、当然のことながらアメリカ人一色。ところが、今は違う。中国、韓国は当たり前。タイ、フィリピン、インドネシアなどの東南アジア、さらにブラジルやペルーなど南米、またイラン、イラクなど中近東といった具合に参加国は多岐にわたる。一方、アメリカ人は影を潜め、イギリスやフランス人はほとんどいない。 外人さん金髪 笑



 最初の頃のアメリカの子供たちはほとんど日本語が話せなかったのに対して、今参加している外国の子供たちは日本語がぺらぺら。それもそのはず、半ば日本の社会から閉鎖された米軍キャンプの子弟達の多くは、アメリカ人学校に通っていたから日本語が話せないのも無理はない。子供たちの環境が全く違う。



 今参加している外国の子供たちは、そのすべてが山梨県内の小、中学校の在籍者。かつては山梨県の学校にはほとんどいなかった外国人の師弟が今はかなりの数にのぼる。確かな数は分からないが、平均では30人、40人学級のクラスに1
人ぐらいの割合でいるのではないか。子供たちのお父さん達は日本で懸命に働き、やがては母国に帰る人たちもいるのだそうだ。外国人の師弟は甲府や、その近郊を中心に増加の傾向にあるという。


乙女高原



 こうした子供たちは言葉ばかりでなく、日本の生活や習慣まで結構理解している。だから、かつてのように米軍キャンプのアメリカ人の師弟が片言の日本語を話し、日本の子供たちが片言の英語を覚える、といった光景はなくなった。言葉ばかりでなく、風俗や習慣は、それぞれ国によって違うのだが、二日間のキャンプ生活の中で外国の子供たちは、それを日本の子供たちに合わせてしまうのである。考えてみれば、今の子供たちは国際交流を銘打ったキャンプ生活以前に毎日の学校生活の中で国際交流をしているのである。



.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


危なっかしい子供たち

乙女高原ロッジ

 秩父多摩甲斐国立公園の一角・乙女高原で二日間にわたって開いたユネスコの国際子供キャンプは天候にも恵まれ、無事終わった。何であれ、野外活動は、その成否が天候に左右される。昨年からだが、8月のお盆前の土、日としたのは正解だった。この時期は天候が安定する時期だからだ。

乙女高原の花


 しかし、弱点もある。山梨市を中心に、峡東と呼ばれるこの地方は山梨県きっての果樹地帯。桃や葡萄が出荷の最盛期を迎える。だからキャンプを運営するスタッフや指導者の確保が難しくなるのも確かだ。


 このキャンプは、もちろん子供たちが主役。国際子供キャンプだから日本ばかりではなく、外国籍の子供たちもいる。今年はブラジルやペルーの子供たちを含めて主役は約50人。これに大人のスタッフや指導者を合わせて参加者は総勢80人を超した。


 主催者の山梨市ユネスコ協会とユネスコみどりの会が入念に用意したプログラムに沿って子供たちは二日間の野外生活を楽しむのである。歌やゲーム、思考を凝らした創作活動、ハイキングや星空の観察、キャンプファイヤーもある。キャンプだから自分達が寝るテント張りや食事のための飯盒炊さんもある。


ナベ

 子供たちが和気合い合いに取り組むのはやっぱり飯盒炊さん。カレーが定番で、子供たちは持ち寄ったおコメを研ぐ傍ら、タマネギやジャガイモ、肉など具の調理をする。これがまた悪戦苦闘。まず、包丁の使い方をほとんどの子供たちが知らない。危なっかしくて見ていれないから使い方を教えるのだが、今度はジャガイモを小さなサイコロに切ってしまうのである。


 こんなことならまだいい。タマネギを剥かせたら、芯まで剥いてしまう。今回はなかったが、もっとひどいケースになると、飯ごうに水を入れずにご飯を炊いたり、「コメを研ぐ」という言葉が分かりにくいと気遣った指導者が「おコメを洗って」と言葉を置き換えたら「洗剤はどこ」と言うのである。世のお母さん達、ホントだよ。


笑うに笑えない話だ。考えてみれば無理もない。子供たちは家庭で母親が作ったご飯を食べ、料理を食べる。そこで親に手伝うとか、手伝わせるといったことがない証拠である。ご飯を炊くのは自動炊飯器だから、火をたく必要もない。しかし子供たちは嬉々として火を焚き、カレーの具を作った。




 もっとびっくりしたのはトイレ。小学4年生の子が「トイレが出来ない」と、ベソをかいて来るのである。「どうしたの」と言うと、キャンプ場のトイレが和式だったからだった。跨ぐのが怖かったというのである。スタッフもすぐには理解しかねたと言う。


 この子の場合、生まれながらに便座の洋式トイレで育ったのだ。スタッフの中には教師もいるので聞いてみたら、そんな子供は珍しくないのだそうで、学校では和式ばかりでなく、洋式トイレを増設しているのだそうだ。生活のハイレベル化は子供たちを軟弱にしてしまうのか。野外活動の大切さを改めて思い知らされた。



乙女高原風景




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


子供たちの国際交流

 「遠~きや~まに日は落ちて・・・」

 真っ赤に燃え盛るキャンプフヮイヤーを囲んだ子供たちの歌声は、静まり返った山々の闇に響き渡った。ここは秩父多摩甲斐国立公園の山梨県境に位置する乙女高原の一角である。

地図   

真っ赤な炎に照らし出された顔、顔、顔。みんな清らかに輝いていた。


キャンプファイヤー2

 国際子供キャンプ。山梨県高校ユネスコのOBたちで組織したユネスコみどりの会が子供たちの国際交流を狙いに1966年、やはり山梨県山梨市の万力林で始めたのが、その始まりである。その後、ユネスコみどりの会が母体となって結成した山梨市ユネスコ協会が継承、再びユネスコみどりの会と共催で、1回も休むことなく43年間実施してきた。



 このキャンプに参加した子供たちの数は延べでは3,000人近い。参加者の人数にとどまらず、さまざまの場面で
歴史の重みを実感ずる。最初の頃に参加した子供たちが親となって、その息子や娘達を参加させているのである。無邪気に飯盒炊さんや創作クラフト、ハイキングやキャンプファイヤーを楽しんだ子供たちが立派なお父さんやお母さんになっていた。間もなくお孫さんをこのキャンプに送り込んでくるだろう。

キャンプファイヤー


 しかし、子供たちを取り巻く環境は変わった。例えば、日本の子供たちと並んでキャンプの主役となる外国の子供たち。かつては横田基地などを廻り、キャンプの米兵の子弟に参加を促した。白人もいれば黒人もいるが、当然のことながらアメリカ人一色。ところが、今は違う。中国、韓国は当たり前。タイ、フィリピン、インドネシアなどの東南アジア、さらにブラジルやペルーなど南米、またイラン、イラクなど中近東といった具合に参加国は多岐にわたる。一方、アメリカ人は影を潜め、イギリスやフランス人はほとんどいない。 外人さん金髪 笑



 最初の頃のアメリカの子供たちはほとんど日本語が話せなかったのに対して、今参加している外国の子供たちは日本語がぺらぺら。それもそのはず、半ば日本の社会から閉鎖された米軍キャンプの子弟達の多くは、アメリカ人学校に通っていたから日本語が話せないのも無理はない。子供たちの環境が全く違う。



 今参加している外国の子供たちは、そのすべてが山梨県内の小、中学校の在籍者。かつては山梨県の学校にはほとんどいなかった外国人の師弟が今はかなりの数にのぼる。確かな数は分からないが、平均では30人、40人学級のクラスに1
人ぐらいの割合でいるのではないか。子供たちのお父さん達は日本で懸命に働き、やがては母国に帰る人たちもいるのだそうだ。外国人の師弟は甲府や、その近郊を中心に増加の傾向にあるという。


乙女高原



 こうした子供たちは言葉ばかりでなく、日本の生活や習慣まで結構理解している。だから、かつてのように米軍キャンプのアメリカ人の師弟が片言の日本語を話し、日本の子供たちが片言の英語を覚える、といった光景はなくなった。言葉ばかりでなく、風俗や習慣は、それぞれ国によって違うのだが、二日間のキャンプ生活の中で外国の子供たちは、それを日本の子供たちに合わせてしまうのである。考えてみれば、今の子供たちは国際交流を銘打ったキャンプ生活以前に毎日の学校生活の中で国際交流をしているのである。



.ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


一冊のタウン誌

かまくら春秋_convert_20140321224931


 鎌倉ユネスコ協会が用意してくれた資料袋の中には、幾つもの大会資料に混じって一冊のタウン誌がそれとなく入っていた。そのタウン誌の名前は「かまくら春秋」。縦約18㎝、横約12㎝の、いわゆるポケット版。月刊誌らしく「2」の文字が。中味は92ページのこざっぱりした仕立てだ。




 公益法人日本ユネスコ協会連盟に加盟する国内のユネスコ協会などユネスコ関係団体は、八つのブロックに分かれて毎年、研究大会を開く。もちろん、主催者は同連盟だ。神奈川、静岡、山梨、長野の4県で構成する中部東ブロックもその一つ。4県の加盟協会が持ち回りでホスト役を務めるのだ。今年度は神奈川県の鎌倉ユネスコ協会。昨年度は山梨県の山梨市ユネスコ協会が担当、来年度は長野県の木曽ユネスコ協会がその任を負う。


鶴ヶ丘八幡宮_convert_20140321134615
鶴岡八幡宮の鳥居


 むろん資料袋の中味は大会の全容を綴ったプログラム冊子が中心。だが、4県、27協会の持ち回り開催とあって、ホスト協会は観光案内など“お国自慢”の資料も用意して地域のアピールもするのである。タウン誌「かまくら春秋」2月号は、その一つであった。




 中味を覗くと著名人のエッセイや対談、タウンスポット、食や催し物の案内、名店地図など盛りたくさんの“鎌倉情報”が詰まっている。鎌倉の自然を彷彿とさせる写真も小気味よく使われていて、見る人を飽きさせない。タウン誌だから、むろん、鎌倉がテーマ。“土着“に拘っているが、巧みな編集ぶりが鎌倉をスマートに浮き彫りにしている。古都鎌倉がそもそも持っている垢抜けた地域性がそうさせているのかも知れない。




 タウン誌の編集長でもある同社の代表は、鎌倉ペンクラブ会長で関東学院大学人間環境学部教授の伊藤玄二郎さん。鎌倉ユネスコ協会のメンバーでもあり、今度の研究大会では、やはり鎌倉出身の前文化庁長官・近藤誠一さんらをパネリストにしたシンポジュームのコーディネーターを務めた。「文化の多様性とこれからの日本」をテーマにしたシンポジュームでは近藤さんら3氏の間に立ちながら、自らの文化論をぶった。


伊藤玄二郎_convert_20140321133647
伊藤玄二郎氏


 タウン誌には自身も登場。2月号では「日本人の宗教観と心の在り方」をテーマに宗教学者の山折哲雄さんとの対談(下)を掲載していた。その一コマをちょっと覗くと、山折さんは、最近目立つ凶悪犯罪やいじめ、体罰問題に触れ、「子供(人間)は放置しておけば限りなく野生化する」といい、「それを食い止める文化的な装置はスポーツ、軍隊、宗教、教育の四つ」と断言。いじめや体罰を単に犯罪と捉えて警察に引き渡せば、事が済むという安易な今の日本社会の在りように疑問符を呈した。伊藤さんも、特にスポーツの世界で、それが教育的な措置であるか体罰であるかの境目は難しく、「同じ行為でも送り手と受け手の心の在りようで、全く異なる」と単なる体罰犯罪論にクギを刺していた。


鳩サブレー_convert_20140321225415


 このタウン誌のお値段は276円+税。地元の広告も取り込んでいて、発行のやりくりの舞台裏も窺うことが出来る。表表紙の返しには鳩マークで有名な豊島屋の「鳩サブレー」の全面広告が。鎌倉が本社だという豊島屋の店内は土産に求める観光客でいっぱい。

  「鎌倉と言えば…」。旨いお菓子には目がない女房の注文に応え、山梨に買って帰った。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!





ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!