赤ちゃんの名前

京佳笑う_convert_20130709105624


 十数年前、歌謡曲「孫」を歌い、大ヒットさせた大泉逸郎は今、どうしているのだろうか。もみじのような可愛らしい手を握りしめ、大の字になってあどけなく眠る孫の顔をそっとのぞき込みながら、そんなことを思った。「いい歌だなあ~」。当時、茶の間のテレビに毎日のように登場して来る「孫」を耳にしながら、そのくらいの感覚で聞き流していたのに、初孫の誕生を機に、その歌謡曲「孫」が今、新鮮に蘇るから不思議。




 大泉は着流しスタイルで茶の間のテレビに登場して来た。今、流行(はやり)のイケメンでもなければ、タレント歌手でもない。ただのオジサン。そんな大泉のキャラクターなのか、それとも「孫」という歌の魅力なのか、十数年前の大泉を、なぜかよく覚えている。確か山形のサクランボ農家のオジサンだった。


京佳・_convert_20130709111324


 山梨のこの辺りは、ちょっとしたサクランボの産地。ハウス物から露地物と続くシーズン中には首都圏を中心にサクランボ狩りの観光客がバスで、わんさと、やって来る。7月の声とともに山梨のサクランボのシーズンは幕を閉じ、本場・山形にバトンを返す。山梨は植生上、サクランボの南限。そんな立地条件と、時間的な間隙を突いて山形の“前座”を担うのだ。




 大泉さんも忙しいシーズンを迎えるのだろう。何という名前か知るよしもないが、歌のモデルがいたとしたら,「孫」は、もう中学生くらいの歳になるはず。近年、子どもの名前は様変わりした。例えば、昔は男なら○○郎(朗…)、○○男(夫、雄…)、女なら○○子…など名付けのパターンのようなものがあった。銀行などの例だが、手続き書類の名前欄の記入例は「日本太郎」、「日本花子」だったりした。


京佳130709_convert_20130709173340


 ところが当世風の名前の付け方は一変。「郎」や「子」がつく名前など今では,全くお目に掛からなくなった。かつて我が子に「悪魔」と命名、ひんしゅくを買った親がいたが、コレは論外。若いお父さん、お母さん達は真剣に、それでいてのびのびと、奇抜な名前を付けている。




 「京佳」。私たち夫婦にとっては初孫の名前だ。娘達夫婦によれば「京」は高台の家を表す象形文字。人が集う場所を意味し、「佳」は美しい、を意味するのだとか。インターネットなどを駆使して二人で考えたのだそうだ。「いつまでもボコだと思っていたら、そこそこ、ちゃんと考えているんだ…」。内心、娘を見直しもした。




 実は娘に赤ちゃんが授かったことを知った時、うれしさの一方で「名前を付けてやらなければなあ…」と、内心、考えた。ところが、どうしてどうして、「心配ご無用」とばかり、私たちに名前を披露。私たち夫婦だったら,こんなしゃれた名前は付けられなかっただろう。一抹の寂しさの半面で、ホッとしたりもした。


P1000206(1)_convert_20130709173707.jpg
お宮参り


 お宮参りも済んで赤ちゃんは日に日に大きくなっていく。婿殿のご両親も孫の顔を見たがっている筈だ。若い二人は、そんなお父さん、お母さんをおもんばかって日曜日の午後、そのご両親の元に。孫を抱き、のぞき込む姿が目に浮かぶ。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!