庭の百日紅(再)

百日紅2



 庭先の植え込みにある百日紅が今年も花を付けた。紅い、と言うよりは淡いピンクの花である。太い幹のあちこちから出た穂のような枝の先に団子状に付ける小粒のいくつもの花は、一つ一つ見ると、さもない花だが、全体で見ると、風情があって美しい。


百日紅1   


 百日紅とはよく言ったものだ。毎年、7月の終わりから8月にかけて花を付け始め、9月いっぱいは順繰りに花を咲かす。100日とは行かないまでも、2ヵ月、つまり60日以上咲いている。その百日紅、今年は、花を付けるのがいつもの年より、ちょっと早かったような気がする。暑さの始まりが早かったためかもしれない。しかし、なぜかセミの鳴き声がいつもの年より少ない。もう8月も下旬というのに。


百日紅_convert_20110808224142



 私の記憶が間違っていなければ、いつもの年ならアブラセミからミンミンゼミに変わり、その鳴き声が暑苦しさをいっそう掻き立てているはずだ。今年は、どちらかと言うと空梅雨だった。その上、梅雨の間も真夏並みの暑さが続いた。そんな気象が百日紅やセミに影響を及ぼしたのかも知れない。


サルスベリ  



 百日紅は幹がすべすべしていることから、「さるすべり」と読ませる。我が家の百日紅は大きく、太い。もう数百年は経っているだろう。その側には大きな石がある。在るというより、立っている、と言ったほうがいい。子供の頃、近所の子供たちと、まずこの石に這い登り、百日紅によじ登って遊んだものだ。





 私が、もう数百年は経っている、と言ったのは、ぼつぼつ90歳になる私の従兄弟や故人となって久しい親父の従兄弟が、私と会うたびに≪岩手のさるすべり≫と、大きな石の周りで遊んだ思い出を懐かしそうに話すのである。私は今70歳。百日紅の幹の太さは子供の頃とそんなに変わっていない。歳がかなり離れた私の従兄弟や、今生きていれば100歳をとうに超えている親父の従兄弟たちが遊んだ百日紅や大きな石、その周りの植え込みも、それぞれの当時とあまり変わっていないのかもしれない。





 本を読んだり、パソコンを叩いたりする窓辺りの机から見える百日紅は日ごとに花の量を増している。草花は別にして、この時期、大きな木が花を付けるのは百日紅ぐらいのもの。外出しての道すがら目にする百日紅の花はうちのそれと比べて色が濃い。品種なのか、それとも樹齢が若いためなのだろうか。色が濃いから目には爽やかに映る。しかし、淡い色もまた趣がある。


パソコンとサルスベリ



 花を落とすのを待って、毎年枝を切り落としてやることにしている。甲府に住んでいる時分は植木屋さんにまかせっきりだったが、≪毎日が日曜日≫になった今は植え込みの手入れは自分でする。お陰で、さまざまの道具もだんだん揃って来た。植木用のはさみやバリカンなど道具の手入れも、ちょっとした暇を見つけてする。




 自分でやってみると、剪定の仕方や、その時期などもおのずと覚えるようになる。皐月やつつじなどの刈り込み時期も遅まきながら知った。ただ、脚立から落ちないよう注意はしている。もし落ちたら「さるすべりから落ちた」と笑われるのがオチだものねえ。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!