今時の高校生

「みんな素晴らしい。甲乙つけ難いとはこの事です。皆さん方が現実をしっかりと受け止め、将来を考えている姿がよく伝わってきます」


 先ごろ、甲府市にある山梨県国際交流センターで開かれた「国際交流・国際理解のための高校生の主張大会山梨県大会」での表彰式で、審査員を代表して講評をせよというので、私は開口一番、こう言った。それは、発表者のすべてが、いずれ劣らぬ見事な主張弁論を繰り広げたからだ。

高校生の主張3


 この大会は山梨県下の高校が年に一度開いているもので、今年で24回目。16人の代表が一人6分の持ち時間で弁論を競った。ユネスコ部、国際部、社会部など、その出身クラブはさまざまだが「国際交流・国際理解」が共通テーマ。


 4人の審査員が主張の内容や構成はもちろん、音声や態度に至るまで厳しくチェック、審査する。その主張は自らの体験から導かれたものでものでなければならない。私は山梨県ユネスコ連絡協議会副会長という立場での審査員だった。

高校生の主張1


 代表選手は1年生を含めて主には2年生。3年生は受験勉強に忙しいから運動部、文化部を問わず、その中心を2年生にバトンタッチしているからだ。野球にしてもサッカーにしても、ほとんどのスポーツ大会、また文化関係の大会や発表会は2年生が主体である。言ってみれば、この時期、どの高校も2年生がクラブを背負って立っているのだ。



 2年生、1年生といえども、この日の高校生のための主張大会で見る限り堂々としたもの国連を中心とした世界各地の紛争解決と世界の平和を論じ、その国の文化や習慣を知らないことから生ずる誤解と偏見、さまざまな角度、切り口で論じた。審査基準にもあるのだが、それぞれが日常の体験や勉強から、その主張を導いているのである。



 「今時の高校生は・・・」とか、「今時の若い者は・・・」と、大人たちはよく言う。少なくとも、この日の高校生を見ている限り、そんな事は絶対ない。現実をしっかり見つめ、それなりに将来を、未来を考えているのである。その事は、先に、やはり甲府で開かれた「中部東ブロックユネスコ研究大会」でも、感じたものだ。


高校生の主張2


 この大会は山梨、静岡、神奈川、長野4県にいくつもあるユネスコ協会の代表が一堂に会して「ユネスコ活動のあるべき姿」を研究討議する場だ。4県が持ち回りで開いている今年の甲府大会には約150人が参加した。参加者は20代から80代と幅広い。



 4県の代表が事例発表、それを基にした研究討議が大会のメーン。コーディネーターを仰せつかっていた私は、ここでも、しっかりした若者達の姿を垣間見た。とかく事なかれ主義の大人達と比べ、若者達は現実をシビアに見つめ、将来への夢を語り、あるべき姿を堂々と主張していた。



 「今時の若い者は・・」といわれた人たちが大人になって、また「今時の・・・」と繰り返す。しかし、若者達はしっかりと情報を集め、勉強し、それなりの考えを持って行動しているのである。≪今時の大人≫こそ、若者達の声を聞かなければいけない、と思った。



ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ


ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!