兄弟のポジション

齋藤茂太_convert_20140216120836
齋藤茂太さん


 齋藤茂太さん。既に故人となられたが、知る人ぞ知る精神科医であり、エッセイスト。アララギ派の詩人・斎藤茂吉の息子さんと言えば、もっと分かり易い。やはりエッセイストであり、作家の北杜夫さんは弟さんだ。その齋藤茂太さんを人は「茂太(もた)さん、もたさん」と親しみを込めて呼んだ。




 その茂太さんとお酒をご一緒させていただく機会があった。もう20年以上も前のこと。甲府での講演会の講師としてお招きしての前夜、ホテルの一室であった。「酒好き」だという茂太さんは、飲むほどに、酔うほどに明るくなった。所詮はお酒のみの話。らちもない話の積み重ねだが、茂太さんは、ふと、こんなことを言った。


酒



 「あなたは何男?そう。長男ですか。野球は9人でプレイしますよねえ。その9つのポジションで長男がいないポストがあるんですよ。私はある時、プロ野球セパ両リーグの選手を時代を遡ってつぶさに調べたことがあるんです。結果論かも知れませんが、あるポジションだけは長男がいないんです。そのポジションとは何処か分かりますか?」





 投手、捕手、一塁手、二塁手、三塁手・・・・。9つのポジションを頭に浮かべてみた。さて何処だろう。分からない。見当もつかない。茂太さんは言った。



 「セカンドなんですよ」



 「どうしてなんですか?」



 「セカンドというポジションはファーストやショート、サード、果てはセンターやピッチャーにも気配りをしなくちゃあいけない。つまり、上にも下にも気配りしなければ務まらないポジション
なんですよ」



野球



 なるほど。そう言われてみれば、頷ける。茂太さんによれば、長男は全体を見たり、考えたりすることには長けているかも知れないが、細かい気配りは下手くそ。そこへいくと次男は上にも下にも気配りをして日常を生きてきた。上からは頭を押さえられ、下からは突き上げられる・・・。「もちろん、これは一般論」。「生い立ちは人間の生き様のあちこちに現れるもの」とも。



 茂太さんは、こんなことも言った。



 「長男は人から笑われることを嫌うのです。これは日常生活のことなんですが、世の中には人に笑われなければメシを食えない商売がありますよね。噺家と呼ばれる落語家や、漫才師です。データを取ったことはありませんが、この世界でも長男は少ないと思いますよ」



 「なるほどねえ。反対に長男が多い職種ってあるんでしょうか」



 「次男は一般的に機を見て敏。世渡りが上手なのですが、一方、長男の取り柄は責任感が強いこと。総領の甚六なんて言葉もあります。職種的にみれば銀行マンや公務員、学校の先生にも多いんじゃあないかな。もちろん、これもデータを取った訳ではないんです」




 長男、次男、三男…。子供が多かった時代の話だ。(次回に続く)




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!