山茶花とおふくろ

山茶花4


 「サザンカ サザンカ 咲いた道 焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き・・・」
そう。唱歌「落ち葉焚きのうた」の一節だ。こんな歌もある。




 「くもりガラスを 手で拭いて あなた明日が 見えますか 愛しても 愛しても ああ他人の妻 赤く咲いても 冬の花」



 ご存知、大川英策の「さざんかの宿」である。



 「落ち葉焚きのうた」は子供から大人までが、なにか心を洗われるような歌であり、一方の「さざんかの宿」は、まさしく大人の歌だ。そして、この二つの歌ほど初冬の情景を見事に詠った歌はないように思う。


山茶花2  


 ここ数日、甲府盆地の冷え込みは激しく、最低気温は一桁になった。最高気温だって14度前後。御坂山塊の向こう、富士山麓地方は最低、最高ともに、これより3度から5度低い。今日のように、どんよりとした曇りの日には日中、家の中にいても素足では足が冷たい。掛け布団の下には厚手の毛布が必要になった。



 一昨日、7日は立冬。秋を一足飛びに飛び越えて季節はもう冬。ついこの間のような気がするが、庭の植え込みで真っ赤な花を付けていた百日紅も今はすっかり葉を落とし、黄色い実を膨らませた柿の木は、一枚、二枚と葉を落としている。庭は女房が毎朝掃くのだが、落ち葉でいっぱい。ブツブツ言いながら熊手でかき集めている。



 歌はウソではない。山茶花の花もちゃんと咲き始めた。


山茶花1  


 我が家の山茶花は、庭の植え込みと野菜畑の向こうの道沿いに植えてある。おふくろが近所の人を頼んで生垣用に植えたもので、40本は楽にある。親父を亡くした後だから、もう、かれこれ20年近く経つのかもしれない。仕事仕事で実家にも寄り付かずに甲府で過ごしていた息子を尻目に、気丈にも独りで家を守っていた、おふくろの姿が目に浮かぶ。



 そんなバカ息子も勤めをリタイアしたからには、もちろん、畑仕事も植木の剪定もする。伸び放題になっていた山茶花は1,6m位の処で頭を切り落とし、前後を刈り込んで、生垣としての体裁を整えた。今年もいっぱい花を付けた。大川栄策は「さざんかの宿」の一番で『赤い花』と唄っているが、ピンクがかった赤もあれば純白の花もある。



 おふくろの知恵なのか、手伝ってくれた近所の人の知恵なのかは分からないが、それが交互に植えてあるから、紅白のコントラストがいい。山茶花の生垣沿いの道は、わずか3尺か4尺の細い道。子供の頃、近所のお年寄りに聞いた話だと、その昔は村の街道的な存在を担った、いわゆる古(いにしえの)道である。


山茶花3



 山茶花は、椿とよく似ているが、山茶花が一枚ずつ花びらを落とすのに対して、椿は花全体を首からころりと落とす。そんなことから椿は病気見舞いの花にはそぐわないのだそうだ。山茶花ならいい。明日は、この山茶花を入院中のおふくろに持って行ってやろう。喜ぶだろう。しかし、痴呆が始まっているおふくろには、自分の手で植えたことすら忘れているかも知れない。そんなおふくろを見るのが痛々しく、哀れでならない。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ


ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私は3歳から母一人で育てられてきました。
姉2人と私の4人家族。
今、母は83歳。
母に恩返しできることはと思いつつの毎日、
「あんたが頑張っている姿が嬉しい」と難聴になった母が言ってくれるものの、まだ何かが足りないと思っている私です。
杖をつき毎日病院・接骨院へと通う後ろ姿は、私が頑張れる心の支えです。

これからは、山茶花の花を見るたびに、山ちゃんのお母さんと合わせて私の母のことも浮かんできそうです。

風小僧さん

 風小僧さんのお母さんは83歳ですか。私の母は93歳になります。ブログでも書いたとおり、痴呆症が始まっています。その痴呆はまだまばらですが、時間とともに進行していくのでしょう。痛々しく思います。
 風小僧さんのお母さんはまだまだ大丈夫でしょう。でも注意をしてあげてください。それが子供の役目です。頑張ってください。

大切にします!

お母さま93歳になられるんですね。ご立派ですね。母もそうなって欲しいです。

先日母の夢を見ました。といっても母は隣で寝ていますが。

それは、映画を見て帰る途中で、中華そばと銀のお皿に載ったアイスクリームを食べている映像でした。
給料日に必ず連れて行ってくれました。
私が小学校の低学年・・・今から40年以上も前の事です。

朝の挨拶が「おはよう」から「ありがとう」になっていました。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!