親が子に家業を譲る時

 ロータリークラブでは週一度の例会で「卓話」という名のミニ講話をする。メンバーが交代で2~30分、思い思いのテーマで話すのだが、これがなかなか面白い。さまざまな職種さまざまな分野で豊かな経験を持った人達が集まっているからだ。


  私たちのクラブは地域柄、果樹農家もいるし、医者公認会計士行政書士商店主僧侶、もちろん会社経営者も多い。一口に会社経営者といっても、さまざまで、不動産会社もあれば測量会社、家電清涼飲料保険などの販売会社、また機械部品の製造メーカーや観光自動車会社のオーナーもいる。


 私のように会社をリタイアして農業の真似事をしている者もいるし、学校の校長を定年で辞めて葡萄作りに励んでいる人もいる。農業と一口に言っても、この葡萄ばかりかサクランボ、また花卉栽培農家もいる。その花卉を商う花屋さんも。ロータリークラブはそうした職業を通じての社会奉仕を標榜しているのである。だからメンバーの職業分類もしっかりしている。

ユリ


 過日の卓話では清涼飲料の販売会社を営む会員が、我が子に自らが苦労して育て上げた会社を譲る親の心境を話した。この人は私と同い年の72。高校時代の同級生で、私が勤めをリタイアしたのをきっかけに、このクラブへ導いてくれた人でもある。「俺も早く会社を卒業したいよ」。私が役員定年で会社を辞めた時、こんなことを言ったものだ。この人は卓話の中でもそんな心の内を話した。



 「サラリーマンには定年がある。でもオーナー社長には定年がない。≪その時≫は自分で決めなければならない。それは傍が考えるほどやさしくはない」


 確かにそうだろう。サラリーマンなら、その立場がどうであれ「定年」という問答無用の掟があるから簡単。しかし粉骨砕身、企業を育ててきた、しかも創業のオーナー社長が、いつまでも子供と思っている我が子にバトンを譲るのだから、タイミングは難しいに違いない。


牛乳


 この人は20代で脱サラして牛乳販売店を起こし、年商2億円の清涼飲料の販売会社に育て上げた。父ちゃん、母ちゃんとアルバイトを使っての、いわゆる町の牛乳屋さんだった。しかし、この人の着眼は良かった。当時は今のような普及を夢にも考えなかった自販機による販売に,いち早く戦略を切り替えていった。その中身も時代とともにコーヒーやジュース、お茶などの飲料に変えていったのである。



自動販売機


 今では山梨県下の至る所に自販機を設けて、毎日、数十人の従業員が保冷トラックで同県下を飛び回っている。「事業は走りながら考えるもの」がモットーで「まず自販機を置くことが先。営業効果の理由付けは後でいい」が口癖だった。大学を出たての息子さんを取引先でもある大手飲料メーカーに預けて実戦の経営学や帝王学を学ばせた。5年間の≪勉強≫も終えて結婚、一児の父親となった。今では専務として実質的に会社の経営を立派に担っている。



自動販売機2


 世相の乱れ。急成長を遂げたこの自販機ビジネスも多発する自販機荒らしが嫌な予感を感じさせないでもない。いずれにせよ、間もなく親父に代わって息子さんの出番だ。自らの会社にとどまらず、業界へのデビューも意味する。


自動販売機3  


ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!