テレビと治療

腰痛

 「あっ、これだ。俺の症状とぴったりだ」


 手術を決断するきっかけは、テレビ番組であった。昨年6月初めだった。確か、月曜日夜の日テレ系のテレビ番組。北野武が司会する医療をテーマにした番組で、腰痛と頻尿の関わりを説いていた。途中から見たので番組の全容は知る由もないが、そこで取り上げていた東京・目黒の総合病院の外科医の説は、私の症状にぴたりと符合していた。




 腰痛は若いときからで、半ば“持病”と諦めていた。ところが、70歳の声を聴こうとした頃から頻尿現象が現れたのである。


 「オジサン、それって歳のせいだよ」


 お若い方は、簡単にそう仰るかも知れないが、当事者にとっては“歳”では済まされない。半端ではない頻尿現象は、やっぱり気になる。




 当然のことながら総合病院の泌尿器科のドアを叩いた。前立腺を中心に様々な検査をした。結果は「異常なし」。そんな馬鹿な…。


 医者は言った。


 「お酒の飲み過ぎじゃあないんですか」


 親しい真柄にあったための医師の言葉であったことは言うまでもないが、私には腑に落ちなかった。


 「そんなことなら医者はいらねえよ」


 こちらも親しさに乗じてそんな悪態をついたものだ。とにかく頻尿の原因が分からなかった。


病院_convert_20110813081019  


 そんな時の腰痛と頻尿の因果関係を説いたテレビ番組は、私を画面に釘付けにした。福音にも聞こえた。簡単に言えば、腰痛がもたらす緊張が、前立腺を刺激して頻尿現象を誘発するのだという。その翌日、説を唱える外科医の病院に電話したのは言うまでもない。


 「お父さん、電話が繋がらないわよ」


 女房が不思議そうな表情で言った。「やっぱり」。私のような症状を持つ人は全国にはいっぱいいるのだろう。内心そう思った。テレビの影響力のすごさをまざまざと見せつけられた思いでもあった。番組の放映から一夜明けて、私と同類の悩みを持つ人達からの電話が殺到したことは容易に想像出来た。



 初診の日を予約出来たのは、その日から丁度、5ヶ月後だった。10月の終わり。結果的に2月21日の手術への助走路が始まった。その都度、山梨から出向き、レントゲンやCT(Computed Tomography)、MRI(Magnetic Resonance Imaging System)駆使するなど3~4回の診察を重ねた師走も押し迫った、ある日、私の隣で診察を待っていたご婦人が
「私もテレビを見て、ここに来たんです。淡路島から電車を乗り継いで通っています」



 このご婦人は70歳前後。私と同じくらいに見えた。初診は12月初めだったという。同じようにワラをも掴む思いで、遠路やって来ていたのだ。(次回に続く)




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の
山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!