孫の誕生日

写真_convert_20160418101712
 

 「お父さん、ケーキを買ってくるわね」


 「そうだな」


 孫娘が3歳の誕生日を迎えた。私達夫婦を気遣ってか、週末にはやって来る娘と孫娘。娘達の住まいがある甲府からだと、私達が住む山梨市まで道路が空いていれば、車で30分と言えば来る事が出来る。




 丁度、孫娘の誕生日が週末に重なったため、女房は朝からソワソワ。言葉にこそ出さないが、私だって同じ。普段、お世辞にも腰が軽いとは言えない女房は、嬉しそうに街のケーキ屋さんに車を走らせた。


京佳しおべ_convert_20160418101405


 こじんまりしたケーキの上にはカラフルなローソクが3本。孫娘の名前は「京佳」というのだが、




 「京佳ちゃん、3歳になったんだよ」


 女房がニコニコしながら言うと、孫娘は


 「ハッピー バースデー トー ユー…」


 何処で覚えてきたのだろう。そこそこのリズムで歌うのである。それがまた可愛い。


 73歳と72歳。孫娘から見れば、私達夫婦は爺、婆。口を尖らせて、3本の小さなローソクを吹いて火を消す孫娘は、可愛らしい、と言う言葉以外に表現の仕様がない。


 
写真(1)_convert_20160418100934


 そんな孫娘を見ながら自らの3歳の頃を思い出した。と言っても、その頃の記憶は全くない。丁度、70年前。戦後も間もない頃だ。焼け野原になった東京などと違って田舎だから直接的な戦火は免れ、畑の野菜、供出を免れた米や麦も少しは、あったはずだ。しかし、食べ物にも事欠く時代。ケーキなどと言う言葉はむろん、誕生日を祝う余裕などあるはずがない。




 そんなことを考える一方で、「この子が私達の年齢になる頃の社会は、どうなっているのだろう」。ふと、そんなことを考えた。もちろん、そんなことが分かりっこない。どんな有能な科学者や未来学者だって見通すことは、出来はしまい。




 今、当たり前のようにポケットの中に入っている携帯やスマホだって少なくても30年前には無縁なものであった。子供達の間で当たり前のように使いこなされている電子ゲーム機器だって同じだ。当たり前のように家庭にある子供達の絵本も、中を開けば立体式。いやが上にも情操を駆り立てもする。インターネットが世界を一つにし、子供達にまで普及したのも、そんなに古い話ではない。




 さっきまで部屋の中を飛び回り、私達のベッドの上でトランポリンさながら大はしゃぎで遊んでいた孫娘が、「あれ?静かになったな」と思ったら、ママのタブレット端末をいじって遊んでいる。かつてとは比べものにならない高画質でアニメ漫画だって当たり前のように見ている。決して秀才でもなく、何処にでもいる子供の日常。インターネットはおろかパソコン操作にも四苦八苦する爺、婆は近々、この孫娘に追い越されるに違いない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!