「天才」と石原慎太郎

田中角栄


 幻冬舎出版の「天才」という本を読んだ。石原慎太郎が田中角栄をモデルに、彼になりきって、一人称で書いた小説だ。言うまでもなく石原は小説家であり、政治家。学生時代に「太陽の季節」で芥川賞を受賞、後に政治家となって運輸大臣や東京都知事も務めた。




 「太陽の季節」は映画化され、慎太郎は弟の石原裕次郎を銀幕に導いた。野球界の王貞治、長島茂雄と同じようにスーパースター・石原裕次郎を生み出すきっかけとなったのである。後に裕次郎の妻君になる北原三枝は、この映画に次いで制作された「狂った果実」がご縁だった。私なんか、そんな裕次郎の映画に魅せられ、学校をサボって見歩いた世代の一人。根っからの裕次郎ファンだったのである。




 一方、田中も言わずと知れた我が国の総理大臣経験者。最後は日本に激震を走らせたロッキード疑獄で、「宰相の犯罪」として法の裁きを受けながらも「闇将軍」と揶揄され、政治の裏舞台に君臨した。ロッキード事件は、もう40年も前の出来事だから、事件そのものを知らない世代も多いだろう。小説「天才」は、ロッキード事件を書いたものではない。政治家・田中角栄を、その生い立ちも含めて描いたものだ。




 「天才」を読んでいて「おやっ?」と思ったところが随所にある。その第一は石原が田中を極めて好意的に描いている点だ。石原は時の権力・田中政治と真っ向から対立した政策集団「青嵐会」の中心的な人物。自らも本の中で「田中に弓を引いた男」と書いている。当時、ことある度に繰り返した派閥抗争などという泥臭い政治力学ではなく、政治に対する考え方、言ってみれば政治哲学が全く違う二人なのだ。


石原慎太郎


 実は、この石原さんとは、何度かお目に掛かってお話もしたことがある。国会担当をしていた34,5歳の若造の時分だった。国会議事堂、と言うより衆議院第一議員会館と目と鼻の先に「十全ビル」というのがあって当時、青嵐会の座長をしていた山梨県選出の代議士・中尾栄一の私設事務所があった。そこが石原ら青嵐会メンバーのたまり場になっていたのである。むろん、石原も今より40歳も若い精悍然とした政治家であった。石原や中尾たち青嵐会の強者達は予算委員会であれ、どこであれ、真正面から田中政治に食いついた。国会に近い地の利のいい中尾の私設事務所は、その策略会議の場でもあったのだ。




 中尾の事務所の表札には「中尾」の「な」の字もなく、あるローカルCATV局の表札が架かっていた。そこには美人で、聡明な秘書さんがいて、青嵐会の強者達の世話もしていた。その秘書さんはある大学の経営紛争に巻き込まれた気の毒な人であった。ここでは、そんなことに触れない方がいい。兎に角、石原は精悍であるばかりか、貴公子然としていた。




 小説の「あとがき」が面白い。小説本体の田中一人称の書き方と違って、むろん、ここは石原の考えを綴っている。「面白い」と言ったのは、石原が小説の標題にしたように、田中を「天才」と位置づけ、「田中角栄のような政治家が今の世にこそ必要だ」と述べていることだ。「田中政治」の根幹は「日本列島改造論」に象徴される。高速道路網計画や新幹線構想を打ち出し、地方の公共事業推進を奨励した。このことも「あとがき」で書いているが、この「あとがき」が何と16ページにも及ぶ。そのタイトルは文字通り「長い後がき」。そこに綴られた石原の本音部分が、また面白く、興味深い。(敬称略、次回に続く)




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!