FC2ブログ

子供たちのケイタイ

 もうすぐクリスマスやお正月。子供たちにとってクリスマスプレゼントやお年玉がもらえる心弾む季節だ。夏休みほど長くはないが、楽しい冬休みにもなる。その一方で大人たちは「子供対策」を考えるのである。プレゼントやお年玉ばかりではない。冬休み中の「生活指導」の方策だ。


クリスマスケーキ   プレゼント   お正月


 昨夜、公民館で「青少年育成地区市民会議」が開かれた。四つの地区の区長を始め、PTA育成会体育協会老人クラブ人権擁護委員民生委員消防団に至るまで各種団体の代表が集まって冬休み中の子どもたちの生活指導について協議するのである。もちろん、小、中学校の校長先生や生活指導担当の先生など学校側の代表も出席する。


青少年育成会議1


 気が緩みがちな子供たちの非行防止や健全育成について地域や家庭、学校の立場から話し合うのだが、その中身は、地域ぐるみの挨拶運動の展開、家族の間でのコミュニケーションを促すための団欒など主だったものは同じ。だが、だんだん重きを増しているのは、やっぱりケイタイインターネットの存在だ。




 「携帯電話やインターネットの使い方について家族でよく話し合うと共に、アダルト、出会い系サイトへの接続防止ソフトやプロバイダのフィルタリングサービスを利用し、青少年に視聴できないようにしましょう」




 「携帯電話は安易に買い与えないようにしましょう



 資料のプリントには、こんな所にアンダーラインや◎が。論議も、このケイタイやインターネットに集中する。


青少年育成会議2


 論議の行き着く先は「子供に携帯電話は必要か」「学校に持ち込ませないように規制すべきだ」ということになる。学校側は「教育現場では必要ないものだが、子供の安全対策連絡のため必要、というご父兄の声もある」と、戸惑いも。つまり、総じて大人たちは、このケイタイを「モシモシ」の電話としてだけしか捉えていないのである。





 この論議を子供たちが聞いたら「今の大人たちは何にも分かっちゃあいねえんだよなあ~」と笑うだろう。子供たちにとってケイタイはもはや電話ではなく、もっと高度な、もっと「普通な」IT機器なのである。その奥深い、子供たちには当たり前のケイタイを知らないのは、そこに居る先生も含めて、私たち大人たちだろう。




 大人たちは大抵の事なら子供たちのする事、考える事は分かる。自分が来た道だからだ。しかし、ケイタイやインターネットは、その来た道に全くなかった。「俺たちは・・・」とハナから遠巻きに居る人達はもちろん、分かっているようなつもりでいる大人たちでさえ、実はほとんど分かっていないのだ。




 そこにケイタイやインターネットをめぐる指導の難しさがある。事実、この日の会議でも同席した校長先生は「実は私たちにも・・・」と本音をちらり。こうしている間にも子供たちは、どんどん、その奥へ奥へと入っていっているのである。もし、指導をするとすれば、もはや家庭の域を超えていることに気づいていない。しっかりしないと事故が起きる。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

携帯電話では、現在相談に乗っている学生は「悪口を書かれた」と友達との付き合いに恐怖を抱いている。
顔が見えない携帯電話、文章力の無さが相手に与えてしまう誤解、などなどマナー(道徳)を知らない人が持つと凶器にもなってしまう。
利点は利点としてあるのだけれども、携帯電話によって恐怖している子がいる事を知らなければならないですね。
また月の通話料はかなりの金額になっている事も、目に見えない浪費がそこにあることも知って判断をしないと と思います。

風小僧さん

 まったくですよね。子供たちのいじめは今やケイタイによるメールに変わっているのですよね。おっしやるとおり顔が見えないから、いじめられる側の恐怖心は増幅します。
 その手口は、私たちアナログ人間には考えられないほど巧妙化しているのです。実態を聞くと空恐ろしくなります。
 風小僧さんが言うように、子供たちの文章力やボキャブラリーが低下して、表現が短絡的になりやすいから、ここでもショックを大きくしてしまうのです。本を読まない、文章を書かない、こんな事がいけないのでしょうね。絵文字の氾濫も文章の表現力を低下させましたね。

No title

先日のみどりの会無尽には、会社の忘年会と重複したために出席できなくて、残念に思います
会社の社員は現在約120名となっています
いくつかに分散して、忘年会をしておりまして
役員が分担しての参加ですが、私は都合つく限り出席したいと思っていますので、会の参加が後回しとなりました
きびしい社会情勢ですが、まだ余波が遅いのか実感としては少し悪い状況という程度です
田舎なので不況の波が来るのに山を越えるため時間がかかるのでしょうね、
先日、当社の雨宮治男氏に山田さんのブログアドレス教えました
同じ町内なので、CATVでも時折見てるようでした

miyazaki noboruさん

 いつも済みません。私も、12日はその会議とぶつかり、行くことが出来ませんでした。隼の雨宮さんも頑張っていますか。陰に陽に育ててあげてください。
 この不況下でも業績は持ちこたえている様子、何よりです。一重に社長を中心に皆さんの努力の賜物でしょう。ご同慶の至りです。
 ただ、不況のトンネルは、都市部が入り口なら地方は出口。かなりのタイムラグがあると考えるのが自然です。もし、この先、多少なりとも景気の回復が望めたとしても、その順序は八王子から。山梨、長野はずっと後になると考えるのが妥当だと思います。
 大変な時期ですが、頑張ってください。雨宮君に岩手に寄ってくれるように言ってください。

小中のケータイは反対したいです

私の家では、夫婦共々ケータイで会話しませんし、メールのやり取りもあまりありません。(女房が友達に打つメールの数はすごいですが・・・)
小中学校生には、必要ないと思います。
ただ、一気に持ってくるなとは言えないので、学校に着いたら預けて、帰りに受け取る方法がいいのかもしれません。

ドカドンさん

 まったく必要ないですよねえ。大人だって加入電話があるのですからケイタイなどなくてもいいのですよね。しかし人間の習慣とは怖いもの。持ち始めると、なんとなく持っていないと不安になってしまうのです。
 問題は子供です。親は「連絡用」のつもりなのでしょうが、とんでもない。親ばかも最たるもので、子供たちはそんなように使っていないのです。いわゆる遊び感覚で、とんでもないところに入り込んだり、しかねない危険の瀬戸際にいるのです。知らないのは親ばかり。ハナから分からないのですから、仕方がないのですが、そうばっかり言っていられない現状なのです。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!