ダムって本当にムダ?

紅葉



 どうやら今年の台風シーズンは過ぎた。どうやらと言ったのは年によっては初冬に近い晩秋にだって台風が襲ってくることがあるからだ。その時期はともかく近年、台風が多くなった。でも集中豪雨などでの局地的な被害は別として、日本列島にまともに上陸、とてつもない被害をもたらすような台風には最近、お目にかかっていない。これも温暖化など地球全体が目に見えない所でジワジワと変化している証だろうか。



水


 子供の頃の記憶だが、山梨でも8月の終わりから9月、台風の襲来と、それがもたらす被害は年中行事だった。近くを流れる一級河川の笛吹川が氾濫、堤防が決壊したり、橋梁が流失した。「この馬鹿者め」と大人からは叱られるだろうが、無邪気な子供たちには、正直言って秋の風物詩くらいに思えたほどだ。無邪気もそこまで行けば立派と笑われるかも知れない。でも、そのダイナミックな光景を面白がって見ていた。無邪気とバカは紙一重。台風一過の翌日から、自分たちだってその復旧作業に駆り出されることに気付かないのだ。堤防が決壊するのだから、付近一帯の水田は水浸しどころか、大小の石ころだらけ。黄金の稲穂を付ける前の田んぼは見る影もない。農家は大人、子供を問わず、一家総出、地域総出で復旧作業に取り組んだ。今のように農業災害共済のような保障制度も確立していなかっただろう。さらに国や県に泣き込んで行ったフシもない。重機もなく、みんな手作業小石や土砂を運び出すにも≪もっこ≫。子供たちもそれを担ぐ肩を貸した。



川



 高校2年の時だった。当時、日川高校は旧制中学の頃から続いていた東京・新宿まで約130㌔の強歩大会のコースを長野県松本に替えた。進み始めていたモータリゼーションがそうさせたのだ。昭和34年。その年、山梨は7号台風と伊勢湾台風のダブルパンチを受けた。松本へのコース上の南アルプスの麓を流れる釜無川が氾濫、沿岸一帯の穀倉地帯は一面の河原と化した。この時も住民達はものの見事に復旧させた。自然災害の一方で、人間の地道な努力とバイタリティのすごさを思い知ったものだ。この自然災害。今ではウソのようだ。川の氾濫、洪水などこの20年、30年、お目にかかったことがない。台風が少ないこともさることながら、その要因の第一は上流にダムが出来たことだ。それによって水がコントロールされているからである。調整された水は上水道や農業灌漑用水に生きている。


ダム



 このダム、かつて政権が交代したある時期、とたんにムダと言われ、悪者になった。地方の道路もそうだが、都会に住む人達の論理だけで進んでいけば、いつかは、そのツケが何倍にもなって国民に帰ってくる。武田信玄もしかり、戦国時代の名将は山を治め、川を治めて国を治めた。この普遍性は頭ではみんな知っている。しかし、政権の先生たちは、目先の選挙や国民にこび、ダムや道路をそのいけにえにした。もちろん、事業予算の優先順位は無視するわけには行かない。しかし、子供手当てや高速道路の通行料は台風災害に遭った農家が努力したように、個々の努力で補えもするし、受益者が負担することだって可能だ。ダム一つだけにとどまらず、今は目には見えない国の礎をないがしろにしたら、子供達に、孫達にとんでもないツケを回すことになると思うのだが・・・。自然は甘く見ると怖い。



都会


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!