惹かれる言葉と人の心

行けるところまで    


 「行けるところまで、ひとりで行ってみよう。やれるとこまで、ひとりでやってみよう」


 幼稚園や小学校の教室にある掲示板ではない。文面は、さらに続く。




 「耐えられるところまで、ひとりで耐えてみよう。その中から本当の自分の生きる道をみつけよう。本当の自分の心をみつけよう」




 病院のリハビリ室の壁に何気なく貼られた一枚の張り紙である。なぜか惹かれた。リハビリ室は幾つものセクションに分かれていて、首や腰の牽引をしている人もいれば、はり治療を受けている人もいる。ホールのような広いコーナーでは、マッサージや歩行訓練、輪投げやボール投げなど機能回復訓練をしている人も。マッサージも患者の症状によって、みんな違うのだ。扉で仕切られた隣のプールでは温泉での機能回復訓練が。



リハビリ室



 共通しているのは、全てが患者と医師のマン・ツーマン。「行けるとこまで・・。やれるとこまで・・。耐えられるとこまで・・」。患者と医師の呼吸が一つになっているのはもちろんだが、リハビリ室全体に漂う呼吸がまさに一つ。それも明るい。誰一人我がままを言う患者はいない。親身になった医者と患者のマン・ツーマン治療が続くのだ。





 いい所に導いてもらえたと思った。トンマが故の自損のムチウチ症を患って、もう一ヵ月以上。首の痛みというか、起きていると左半分の肩と言わず、背中、胸、果ては腕まで激痛が走るのである。




 「俺の所の病院に来いよ。うちに、いい先生がいる。診立てが変われば、打開の道が見つかるかも」


富士温泉病院  



 はかばかしくない私のムチウチ症を気遣ってくれた高校時代の同級生が声を掛けてくれた。この男は山梨県甲府市の郊外ともいえる石和温泉郷の一角にある温泉病院、分かり易く言えばリハビリテーション病院の管理部門を事実上仕切っている。毎月一回、日川高校の同級生で作る無尽会でお酒を酌み交わしたり、麻雀をする仲間である。「医者の診立てを替えてみろ」。やはり心配してくれた同じ仲間達の意見でもあった。友への心遣い、病院での気配り。さらに病院のみんなが労わり合い、心を一つにして治療に取り組むリハビリ室で、一緒になって首の牽引をしながら、友達の≪心≫のありがたさをかみ締めた。麻雀でいつもやっつけてくれる≪鬼≫のような仲間達が、この時ばかりは神にも仏にも思えた。


病院2



 石和温泉郷には私が知っているだけでも五つ、六つのこうした温泉付きのリハビリテーション病院がある。東京など全国からも患者がやって来る。私のようなムチウチ症や交通障害、さまざまな疾患から来る機能障害などの症状を持つ人達である。私の隣のベッドで、はり治療を受けていたご婦人も県外からの患者だった。そのご婦人は担当医とこんな話を。





 「ここは全国でも有数の温泉リハビリが進んだ所。ここに来る障害者は多いはず。ところが、その玄関口のJR石和温泉駅にはエレベーターもなければエスカレーターもない




 私達は地元に住みながら、そんなことを気にも留めなかったし、誰一人として言わなかった。観光客の玄関口くらいに思っていた。人の心も含めて健康を害して初めて気付くことがいっぱいあることを思い知った。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!