医療現場と人間

ボール

 人間ドックでお馴染みの胃の内視鏡検査や胸部のレントゲン検査、心電図やエコー検査ならいざ知らず、CTとかMRIなどのハイテク医療機器にお目にかかるとは思いもよらなかった。トンマが故のムチウチ症に遭遇しなかったら、恐らく、ここ5年や10年、あるいは一生、出遭わなかった機器かもしれない。PTとかOTといった、医療の世界では当たり前でも、一般には知る必要もない専門医療用語も知った。




 逆から言えば、思いもよらない事故に遭遇したから、そんな体験も出来たし、知識も得た。こんな人ごとのようなことを言えるのも、症状が回復して来たからこそだ。健常時に受ける人間ドックとは違って、苦しい時は、このハイテク医療機器が神にも仏にも見えるのである。「この機器にかかれば、必ず完治の糸口が見つかり、痛みや切なさから解放される」。まさに、まな板の鯉。そんな気持ちで初めての医療機器と向き合うのだ。



リハビリ室3


 医療に関わる機器や用語、治療の仕方ばかりではない。日常茶飯事に起きている交通事故で障害を負い、リハビリ治療を余儀なくされた人。農作業や植木の選定中、脚立から落ちて重症を負って後遺症に悩む人。自宅のさもない階段から落ちて骨折や頭への障害を引きずらなければならない人達もいる。そのケースはさまざまだし、いかにそうした人の数か多いことも目の当たりにした。



ボール


 自分が同じ立場に立てばよく分かる。病や疾患と真正面から向き合い、闘う患者の気持ち。それを懸命に手助けしてくれる医師や医療従事者。そんな医療の現場が手に取るように分かるような気がするのだ。




 「オジサン、歳だよ。俺達にはCTもMRIもPTもOTも、そんなもの関係ないよ」


 そうおっしゃる、お若い方々もお出でだろう。でも、そのオジサンが今、痛感するのは人間生きていれば何があるか分からないということだ。よしんば自らに、こうした災いが降りかからなくても、身近には、お父さんやお母さん、さらには年老いたおじいちゃんやおばあちゃんもお出でだろう。そう考えれば全くの無関心でもいられまい。知っていても損はない。


リハビリ室


 PT,OT。治療を受けていて気持ちがいい。主治医の説明によれば、PTとはPhysical Therapy(理学療法)の略。またOTはOccupational Therapy(作業療法)の略。いずれもマッサージやさまざまな機器、道具を使っての機能回復訓練だ。何度も通った山梨県石和温泉郷のリハビリテーション病院にある機能回復コーナーには、各種の機器のほか、オルガンやお手玉、輪投げ、ボール、移動ブロックなど子供の遊び道具のようなものもいっぱい。



リハビリ室2 



 訓練は、いずれも患者と療法士のマン・ツーマン。30分間の治療訓練が続く。その影にはインターンといわれる研修生がピタリと張り付いていた。PT、OTの卵たちだ。高校を卒業した後、4年間、専門学校で学び、国家試験をパスして、この医療現場に立つのだ。先輩療法士の一挙手一投足を、目をサラのようにして見守り、患者と医師のやり取りを聴く。「俺達のような患者のために頑張ってくれよ」。素直に応援したくなった。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私も退職してから 脳梗塞の発見で継続患者に腰椎・頸椎の異常で手術待機者になりました。うつ病で定年前退職しなければ まず発見が遅れたとゾーッとしています。
月4回の通院日は必ず這ってでも 診察と検査です。
MRIやCT、血液検査などをした検査代と薬の支払いでは、財布から羽が生えたように諭吉さんが飛んでいきます。
お互いに寒さのための痛みがでる季節、健康優先で身体を労りましょう。

全く仰る通りです

 個人差はあるにしても人間、歳を取ると、身体のどこかに故障が出るものだと、つくづく思います。もちろん、不慮の事故は別です。
 私の場合、人間ドックで不整脈(心房細動)が見つかり、その後、昨年1月、腰椎の手術も受けました。「踏んだり、蹴ったり」です。小たぬきさんが仰る通り、健康には留意しなければいけませんね。日に日に冷え込みが増していくのでしょう。

我国の医療制度

検査機器が、どの様に進化しても、所詮は病名診断の参考資料を越える事は無いと愚考致します。 機器は確かに今までは、判らなかった事も探し出してはくれますが、本当の治療と言うのは それ以降の事になります。医者の本懐は患者に寄り添い レベルの高い生活を営む事が出来る様に手を差し伸べる事だと思います。只日本の医療制度は、経済原理で動いているのが一番の問題かと思います。絶対元には戻れないという終末期医療に 年間5兆円の金が消費されています。文教予算を遥かに超え 国防予算に匹敵します。 メディアは命の絡む不条理には腰が引けている様に私は感じます。

日本の医療制度について何編か記事を載せています。お時間が許せばご披見下さい。

https://cse.google.com/cse?ie=UTF-8&q=%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%88%B6%E5%BA%A6+site%3Aplaza.rakuten.co.jp%2Fcamphorac&cx=002636997843861491696%3Av3cnak5qsac&siteurl=plaza.rakuten.co.jp%2Fcamphorac%2F&ref=&ss=#gsc.tab=0&gsc.q=%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%88%B6%E5%BA%A6%20site%3Aplaza.rakuten.co.jp%2Fcamphorac&gsc.page=1

医療費は化け物?

 柳居子さんが仰る通り、わが国の医療制度に疑問を呈する人たちは、決して少なくないと思います。
 ただ「溺れる者は藁をも掴む」と、いう言葉があります。自らが苦しむ病を、何とか楽にしてもらいたい、治してもらいたい、というのが患者の偽らざる心理。
 待合室の待ち時間と診察時間。その後の会計の数字を見て、ふと、《医療費は化け物》と、思うことがあります。私たちは、その年齢から1割負担。それを10倍に置き換えてみると…。
 医療や医薬の抜本的な見直しを考えることも大事だと思うとともしばしばです。診察室で「具合はどうですか?」と尋ねられた後、薬の処方箋をもらい、会計窓口で「800円です」と、言われたお年寄りが「あら、安いわねえ」。1割負担であることを、私たちは忘れてしまつているのですが、本当は8,000円かかっているんですよねえ…。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!