別れと火葬炉の扉

 残念なことだが、人間、出会いがあれば、その一方で必ず別れがある。それが親や兄弟、親しい友だって同じ。人間が背負わされた宿命なのである。


葬儀


 つい先頃のことだが、菩提寺の和尚が逝った。享年78歳。晩年、病床にあったとはいえ、ちょっと早い旅立ちだった。このお寺さんとは浅からぬ関係だったから、総代さんらと共に旅立ちの全ての儀式に立ち合った




 お寺さんの場合、それが宗門の本山であれ、末寺であれ、住職の座に就く時には在家、つまり一般家庭を「宿」として、改めて「山」(寺)に入るのである。この儀式を入山(晋山)式といい、その「宿」をこの辺りでは「親」と言っている。我が家は代々、その「親」を務めている。浅からぬ関係とは、そのことだ。




 お寺さんだから葬儀はお家芸。とは言っても実際の舞台回しをするのは檀家や組の人達。つまり一般の人達だ。どんな葬儀もそうだが、結婚式などお祝い事と違って突然やって来る。準備期間もなければ、心の準備もない。みんなバタバタするのが常。でも蛇の道は蛇。お寺さんの葬儀のノウハウを持つ葬儀屋さんと言うのがあるのだそうで、そのスタッフが、いわゆる≪おくりびと≫の役割をこなすのである。


納棺



 もちろん、葬儀の一切は自分のお寺。一般には、山梨でも片田舎に至るまで、斎場が整備されたから、葬儀の全てを、その斎場と葬儀屋さんにお任せすればいい。このシステムになって久しい。葬儀の仕方は、かつての自宅葬の場合と大きく様変わりした。




 菩提寺の和尚の一連の葬儀に立ち合って、お葬式の原点を省みたような気がした。ご遺体が≪おくりびと≫の介添えを得ながら庫裏の座敷に集まった親族の手で棺に収まるまでは一般と同じ。そこから先の儀式は全て本堂が舞台。そこで読経する僧侶の数も一般とは格段に違う。厳かに粛々と行なわれていくのである。このお寺さんは曹洞宗の末寺で、400前後の檀家を持つ。先代は神奈川県鶴見にある総本山・総持寺のナンバー3、ナンバー2を務めた。


葬儀2


 ただ棺は、一度は外に出なければならない。荼毘にふすためだ。霊柩車に乗って境内を出、火葬場でお骨となって再び寺に戻るまでは一般の仏さんと同じ。集骨、骨上げと呼び、箸を使ってのいわゆる≪箸渡し≫をする。これが仏教のやり方なのだ。


箸渡し


 人間、それが肉親、知人を問わず、死に直面した時、誰しもが言い知れない寂しさに襲われる。その節目は死というものに遭遇した瞬間から始まって、棺に納める納棺の時、仏が霊柩車で自宅を離れる時、そして火葬場の炉に収まる瞬間だ。感情を押さえ切れずに棺にしがみ付いて泣く人たちも多い。誰だって別れたくはない。




 でも人間とは不思議なもの。火葬炉の厚い扉が閉まった途端、なぜか諦めにも似た気持ちになるのだ。自分もそうだが、ましてや集骨、骨上げになって泣いている人はまずない。人との別れの最後は火葬炉の扉かもしれない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!




ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは

二年前の父との別れの時を思い出しています。急にと言って差し支えないくらい急に逝った父の葬儀は、あれこれ大変ではありました。それはどこも同じだろうねと言いながら母と準備をしましたっけ。
そして一番泣けたのはやはり火葬炉に父の棺を入れるときでした。
扉が閉まる瞬間もうどうしようもなく泣けてしまって…。
でも骨になってくると妙に腹が座るというか、意外にしゃんとしてる自分に気が付きました。
おっしゃる様に最後の人との別れはあの扉でしょうね…

見張り員さんも、やっぱり…。

 人間と言うものは不思議な動物ですね。形がある時と、なくなった時。無意識のうちに、切り替えが出来るのですよね。見張り員さんのコメントを読まさせていただきながら「やっぱり」と、自分のことながらにホっとしたような気持になりました。
 人間、忘れることが出来たり、気持ちの切り替えが出来るからいいのかも知れません。何時までも覚えていたり、くよくよしていたら…。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!