FC2ブログ

不況下のカレンダー

 本屋さんの店頭に、さまざまのカレンダー手帳が並んでいる。それぞれのメーカーが売らんかな、で趣向を凝らしているのは当たり前だが、これも年末、歳末の風物詩である。一方、会社や事業所もカレンダーや手帳をいつものように作って「来年もよろしく」とお客様回りに余念がない。こちらのスタイルは会社のイメージを大切にすべく、そのデザインも伝統を守っている。


カレンダー


 しかし、日本列島、いや、地球規模の不況はこのカレンダーや手帳にも影を落としている。毎朝の新聞を見れば暗いニュースばかりだ。「国内自動車総崩れ」と、わが国経済の一翼を牽引する自動車業界の業績不振を伝え、一方では米国のゼロ金利政策を伝えている。これから先、日本や世界の経済はいったいどうなっちまうんだ、と暗くなるばかりだ。こんな経済環境の中で、カレンダーも荒波を被っているのである。




 我が家が頂くカレンダも毎年、一つ、二つと減っている。そればかりではない。サイズは小さくなり、気のせいだろうか、そのデザインもパッとしなくなった。かつてバブル景気といわれたよき時代には、サイズも大きく、デザインなどその質も良くて、全体に明るさがあった。カレンダーも景気を反映するのだ。




 毎年の事だが、ある割烹旅館を営むロータリアンは12月最初の例会に決まって立派なカレンダーをメンバー全員に配ってくれる。




 「立派なカレンダー、毎年、毎年、済みませんねえ」




 「何十年と、このカレンダーを出していると待っていてくれる人がいるんです。だから、出さんわけにはいかんのですよ」



 もちろん、お客様やファンを考えてのカレンダー作りだが、その大変さを言外ににじませる。12枚綴りの大きなカレンダーには、その月々に合わせるような見事な水墨画があしらってある。




 「水墨画を基調にしたこのデザインは、もう何十年と変わらないんです。言ってみれば、これが家(うち)のイメージ。お客様もこのデザインを待ってくれているんですよ」



 確かにそうだろう。丸く筒に巻いて、ビニールの袋に入ったカレンダーを手にした途端、まだ見ぬ水墨画のデザインが髣髴としてくる。この割烹旅館は山梨ロータリークラブの毎週一回の例会のうち、年6~7回はある夜間例会の会場にさせて頂いている所。このロータリアンにしてみればお客様として気遣ってくれているのだろう





 このほか、我が家には、やはりロータリアンの電気屋さん、無尽会でお世話になる割烹の店、市長の後援会などからもカレンダーが届いた。また、富士山麓にあるユネスコ協会の仲間からはプラスチックに入った卓上の小さなカレンダーが。このカレンダーは同協会が地域の小、中学生を対称に募集した絵画コンクールの入賞作品を12枚のカレンダーにまとめたもので、工夫の手作り作品。コンクールの入賞作品は地元の銀行などで展示会をした後、このカレンダーにまとめたという。子供たちも、親達も大喜びだそうだ。



カレンダー     卓上カレンダー  

 

ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!