人間ドックの妙

人間ドック2 


 3年ぶりだろうか。人間ドックを受けた。腰椎の手術(黄色靭帯骨化症)など、あれやこれやで、さぼっていたドックだ。


 「お父さん、人間ドックは、定期的にやらなければダメですよ…」


 そこまではいい。その後に。


 「私は知りませんよ。どうなっても。ご自分の身体のことですからね…」


 女房の言葉は、いつもひと言多い。そうは言っても亭主の身体を気遣ってのこと。感謝せねばなるまい。サラリーマン現役の頃は、ある年齢以上になると、関係部署が半ば強制的にドック入りをコントロールしてくれた。でも今は、私のようなズボラ人間にとって、コントローラーは女房しかいないことも確か。口にこそ出さないが、ありがたい。




 ドックは、いつも女房と一緒に受診する。その受け入れ先は、ここ10年変わらない。ある公立病院の院長から《天下り》した親しいドクターを追っかけて鞍替えした。このドクターは消化器内科が専門。研究熱心であることはむろん、患者を親身に扱う姿勢をお持ちの方で、特に胃カメラ検診は天下一品だと思っている。このブログで前にも書いたが、私には胃カメラにトラウマがあるせいもあって、このドクター以外の胃カメラは飲まないとさえ思っているくらい。ヘタな医者に胃袋をかき回されたら「金輪際…」と思うのだ。


人間ドック


 「お父さん、せっかくだからレギュラー検診ばかりでなく、オプションの肺がんや、脳梗塞、胃腸のピロリ菌検査も受けたら…。ピロリ菌は癌の発症に繋がり易いんだってよ」


 「お金、かかるんだろう?」


 「何言っているのよ。お酒を飲んだり、勝負事にお金をかけることは何とも思わないのにヘンな所でケチケチするのね」。女房に一本取られた。




 心電図、エコー、CT(コンピュタ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像診断)、MRA(磁気共鳴血管造影)…。今に始まったことではないが医療機器の進歩は目覚ましい。血液検査の威力も凄い。大抵の疾患は、そのデータから読み取れるのだ。患者側から見れば検査後、基準値を超えた部分を朱色でマーク、プリントで渡してくれるので素人でも一目瞭然。


人間ドック


 この病院は民間の団体病院。一般診療もするが、人間ドックが主力。医師や看護師はむろん、関係スタッフも多い。《お客様ファースト》を徹底していて、一日100人近い検診客を手際よくこなすのである。職員は早朝から並ぶ検診者を玄関先で迎え、ロッカーキーはむろん、検診のコードナンバーとなる下足キーを腕に付けさせて次にバトンタッチ。受付へと誘導、検診が始まるのだが、そのバトンタッチが見事。検診担当者も次への案内に手を貸すのだ。「なるほど。スムーズに検診を運ぶコツはこれか」。そう思った。本人確認や検診結果も下足キー。肩に付けたワッペンの受付番号とコンピュータで連動しているのだ。




 MRIとMRAは3分、3分連続して行うのだが、お値段は1万円ずつの2万円。詳しい検査結果は普通検診より遅れるが、その結果が「凶」と出れば困るし、「吉」と出れば損した気分になるだろう。そもそも人間ドックとはそんなものかも知れない。貧乏人の嵯峨か。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!