卒業式の変化

日川卒業式2


 「一組、○○、○○…、2組、○○、○○…、3組、○○、○○…4組、…」


 クラスを受け持った先生が6組まである生徒たち全員の名前を次々と呼んでゆく。卒業式の冒頭行なわれる光景だ。正式には「卒業証書授与式」という。母校(高校)の卒業式に招かれ、来賓席に座りながら自らが経験した卒業式と重ね合わせながら、式場となった体育館にこだます卒業生名簿の呼び声を聴いていた。




 まず気付くのは卒業生の数。私たちの時代(昭和36年)、400人いた卒業生は239人に。私たちのような戦中生まれの子供たちから、戦後、いわゆる「団塊の世代」と言われる頃の450人、500人の時代と比べると、半分に減った。わが国を襲う人口減、少子化の影響は母校の卒業式にも確実に反映していた。クラス編成も、かつての50人から40人に。




 「ハイ!」。名前を呼ばれた卒業生は元気よく、しかも規律正しく起立していくのだ。そこでまた、気付かされるのは女性の数。どのクラスも女性が前に、男性が後ろに座っているのだが、女性の占める割合は全体の半分、いや半分を超えるかも知れない。統計上の、出生率から見れば、女性の方が高いのだから、不自然でも何でもない。




 しかし、この高校は旧制中学の時代から《男の学校》として続いて来たものだから。そんなところにも《違和感》を感ずるのだ。昭和の終わりの頃だったか、山梨県教委は高校の入学者選抜制度を大きく転換。「総合選抜」の名の基に、大枠で割り振った地域ブロックの学校間で順次、成績順で複数校に入学者を振り分ける選抜制を取った


日川卒業式2014_convert_20140302183114


 公立高校の学校間格差の是正が狙いで、結果的に真の意味での男女共学も実現した。この選抜制度は東京都の「学校群制度」を習ったもの。その導入は全国的に流行った。私学が台頭したのも、この時期である。結果的に同制度がそれを後押ししたことは間違いない。




 ところが、脚光を浴びたはずの東京都の「学校群制度」は間もなく破綻。山梨での「総合選抜」導入は、そのずっと後。私学の台頭と、塾産業も含めた新興は山梨も例外ではなかった。その裏では東京都と同じように伝統校の著しい《地番沈下》を招いた。




 次々と呼ばれる卒業生の名前を聞いていて、改めて日本人の名前の付け方の変化をも思い知らされた。男性、女性を問わず、何と奇抜な名前が多いことか。もちろん、このことは今に始まったことではなく、ずっと以前からだが、何百人と言う大勢の名前を一度に耳にする機会はないので、その変化を改めて思い知ったのである。




 昔は男の子の名前と言えば「○○男」(雄、夫…)や「○○郎」(朗、…)…。女の子では「○○子」や「○○枝」(恵、江、…)などが多く、《定番》と言ってもよかった。そんな名前の《パターン》は全くない。少なくとも「子」の突く女の子は一人としていなかった。「翔、元気、大、…」。「優香、沙織、…」。全く様々で、親御さんの我が子に対する素直な気持ちがストレートに反映されている。かなり前のことだが、わが子の入籍を巡って「悪魔」と言う名前が話題になったことがある。「悪魔を跳ね除ける力を持て」。親の願いだったかも知れない。しかし名前と言うものは、いつの世も《付けられる側》は知らない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!