しつこい男

岩手の庭+007_convert_20110423132129


 普段、のんびりしているようで、私は≪しつこい男≫かも知れない。また大都市と地方の地域間格差について書き始めてしまった。勤めをリタイアして、もう10数年。田舎の実家に居を移して、自然との共生を旨にして気分的にものんびりすると、柄にも似合わない、つまらぬことを考えるようになるのだろうか。




 100万人人口を目指し、ひと頃、90万人に手が届く所まで行った山梨県人口は、いつの間にかUターン。あれよ、あれよという間に82万人台に。恐らく80万人を割り込むのも時間の問題だろう。県は「人口問題担当を置いて対策を」と、農水省から女性官僚を招聘して副知事に据えた。その副知事も2年で、後任のやはり女性農水官僚と交代。口の悪い甲州雀たちは「あれって、知事のパフォーマンスさ。そうでなければ農水省(人事)の押し付けだよ」と、ヒソヒソ。




 「山梨の人口は東京の世田谷区と同じくらい」。そんなことを言われた時期もあった。ところがどうしてどうして。東京23区どころか、全国の大所の市よりも小さな県になってしまった。まだ幾つか≪お仲間≫の県があるので、全国のワーストではないが、それに等しい。出生率の低下は全国的な傾向。地方では、これに在県人口、特に若者たちの流出が人口減に拍車を掛けているのだ。




 この傾向、統計的に見ても地方の自治体は大なり、小なり皆同じ。地方はどんどん疲弊し、その一方で大都市は膨らみ、構造的な欠陥や矛盾を露呈する。刹那的な?《切り取り主義報道》のマスコミが取り上げる保育所・幼稚園問題どころか、交通や住宅環境、万一の場合の防災や避難対策、公園など安らぎ空間の設置、拡大など課題を山積みにする。




 何故、地方分散を本気で考えないのか。地方はガラガラに開いている。「そんなことが簡単に出来るなら、とっくにやっているよ」と、おっしゃるだろうが、このまま放置し、手をこまねいていたら…。確かに政府は「地方創生」などという耳障りのいい政策を打ち出した。でも、あれって、どうなったの?




 地方からの若者人口の流失は保育園や小学校の閉鎖、統廃合にとどまらず、当然のことながら、中学校や高校の統廃合問題に波及。一方で人口の高齢化が進むので、農家を中心とした後継者不足は深刻となって、現に耕作放棄地は各地に増える一方だ。会社をリタイアして10年以上も経つオジサンが地方では≪若い≫方の部類なのである。




 そんな田舎のオジサンに天下、国家が分かる訳がないが、これくらいは分かる。「地方への社会資本の投下を計画的にやらないと、やがて地方は沈没する」。ICT(情報通信技術)は、ますます進化して行くはず。矛盾を抱える大都市でなくても、政治や行政、経済だって地方で十分機能する時代が来ているような気がする。どうだろう。




 40年近く前になるが、わが国最大の政治疑獄と言われたロッキード事件で失脚した田中角栄首相。彼が在任中に打ち出した「日本列島改造論」が恨めしい。今は悪者?のステージに立たされている石原慎太郎の著書「天才」が書いている通りのような気がする。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!