初夏への移ろい

17e6ed027ef7da221a187b84a07b70e1_s_convert_20170419112041.jpg



  「お父さん、もう、掛け布団を薄くしましょうか。冬の布団では、暑いんじゃあないかしら…」


  「バカ言え。まだ4月だぞ…」


 そんな、どっちでもいい夫婦の会話をよそに、このところの気温は暑かったり、寒かったり。「掛け布団を…」。女房が、こんなことを言うのも無理はない。茶の間のテレビが伝える、この日の気温は6月初旬並みだと言う。そうかと言って、そんな気温がずっと続くわけではない。「三寒四温」とはよく言ったものだ。




 こうしてパソコンを叩きながら窓の外に目をやると,丸裸だった庭の落葉樹も、いつの間にか芽吹いて、初夏への序奏を印象付けている。何種類もある楓は、あるものは緑色に、あるものは赤く。黄色く芽吹くものもある。芽吹く色が何であれ、その色はどれも淡く、弱弱しい。柔らかい、と言った方がいいかも知れない。桜は日に日に散って葉桜に変身、一足先行している紅梅や白梅は、よく見ると青く、小さな実を結び始めた。

梅 全体  


 地面では水仙が黄色く、チューリップが真っ赤な花を付け、中には《この世》の峠を越したものもある。赤やピンクの椿の花も周りで芽吹く落葉樹の緑にアクセントを添える。植え込みと畑の境には除草の際、取り残したタンポポの花が。その近くでは、何というのか名前は分からないが、白く、小さな可憐な花が周囲に風情を添えている。




 かつての日本タンポポは、すっかり姿を消して、いずれも西洋タンポポ。見るからに逞しく、花が散る頃になると、羽毛のような白い、無数の種を風に飛ばす。私達百姓にとっては、それをロマンチックと捉えられない《シロモノ》繁殖力も凄い。。野にあるタンポポもみんな西洋タンポポに変わった。《首》の短い日本タンポポは駆逐されてしまったのだ。




 目を植え込みの向こうに向けると、富士山も心なしか雪化粧を薄くした。前衛の御坂山塊の稜線にポッカリ浮かぶ富士の容姿は、いつ見てもいい。この時季、雪解けはジワジワと進み、「農鳥」が《姿》を見せる日も近い。「農鳥」は富士山の雪解けがもたらす自然現象。周りの雪が消え、残った雪が「鳥」の形で浮かび上がる時季があるのだ。古来農家は、この自然現象を《合図》と捉え、農作業を始めたことから、いつしか「農鳥」と呼ぶようになった。

農鳥_convert_20140408215846


 古来、初夏の農作業と言えば、米作りだったのだろう。しかし、この辺りでは、すっかり、と言っていいほど水田は消え、ブドウや桃、スモモ、所によってはサクランボ、つまり果樹地帯に変わった。だから「農鳥」は農家の《羅針盤》としての役割を薄くしているが、人々に初夏を告げる風物詩であることは間違いない。




 果樹農家は桃やスモモの人工授粉に精を出し、良質の果実の収穫に思いをはせる。冬の間、重油を焚いて丹精込めたハウスサクランボは市場に顔を見せ、一足早く初夏の味と香りをお届けしている。庶民と言っては失礼だが、そうそうみんなの口に入らないお値段だろう。


サクランボ


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!