人種の交差点

サンディエゴ  


 メキシコを逃げるように去った船は、それから三日後の5月2日、約3,500人の乗客、乗員を乗せてサンディエゴに着いた。そこはもうアメリカ。カリフォルニア州だ。アカプリコなど2箇所のメキシコ寄港を飛ばされた約2,500人の乗客は三日ぶりに船を降りた。寄港地の変更で急遽、組み直したツアーに参加する者、思い思いに街を散策する者、とさまざま。土曜日だったせいか、カジノなど昼間の業務に支障のないスタッフ達も街に出ていた。


サンディエゴ  


 カリフォルニアはアメリカの南西部、メキシコに隣接した州だ。行きかう人も明らかにスパニッシュ系と思われる人達が多く、街並みも北部アメリカとはどことなく違う。もちろんマスクを掛けている人など一人もいないし、私たちも船がメキシコから逃げて来たことなどすっかり忘れていた。


    japan  japan2


 サンディエゴの人達も、それほど遠くない国境の国で新型の豚インフルエンザが発生、犠牲者が出たことなど、どこ吹く風である。船を降りた乗客たちは北大西洋―パナマ―太平洋クルーズ大詰めのラストワンを楽しんだ。豚インフルエンザを再び思い起こさせてくれたのは、その翌日。ロス・アンゼルス空港だった。


ロス空港


 私たちは15日間にわたった船の旅を終えて、午前9時半、デッキを降りた。約2,500人の乗客たちは、どこへともなくそこから消えた。私たちはハワイの従兄弟老夫婦の家に戻るため、バスで空港へ。空港内では長旅で疲れた従兄弟を乗せた車椅子を押した。今年87歳になる高齢だから無理もない。空港はどこもごった返していた。




 そこで見たのが白いマスクをした5~6人の女性グループだった。ロス・アンゼルスはサンフランシスコと並んで米・西海岸の主要都市。その立地条件から世界の旅行者達の交差点なのだ。アメリカ人はもちろん、地元の南部や南アメリカに多いスパニッシュやポルトガル、さらにはアメリカの北・カナダや中国、韓国、インド、タイ、フィリピンなどのアジア人、フランスやイギリス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパの人たちも多い。

ボディーチェック


 その中での、全く一握りのマスクグループ。異様にさえ写った。低い身長の割には大きな顔を覆うように白いマスクを掛け、サングラス姿。背中には、まるで申し合わせたように同じようなリュックを背負っていた。お互いに話をするでもなく、大きなマスクをしているせいだろうか、暗~いイメージがまた異様だった。場内アナウンスは成田経由、マニラ行きの搭乗開始を告げていた。手にするパスポートは赤。「日本国」の文字が。やっぱり日本人グループだった。ゴールデンウークも半ば。第一陣の帰国だろう。


 


 同じ日本人だが、物事に過敏に反応する日本人の姿に改めてびっくりした。しかし、喉元過ぎれば・・・。その素早い反応も間もなくウソのように忘れるに違いない、と思った。一方、欧米人は物事に簡単にうろたえない半面、物事への基本スタンスをしっかり持っている。例えば船の中。至る所にアルコール消毒のポットが当たり前のようにセットされ、レストランの入り口では終始、専従の係員が来客一人一人の手にスプレー消毒していた。それが日常なのだ。


消毒ポット


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!