FC2ブログ

生活改善の不合理

 昔、生活改善という言葉があった。日常生活をいろいろな意味で合理化していこうというものだから、まったく結構なことで、未来永劫、その改善はあっていい。むしろ、何時の時代にあっても人々が暮らし易くする工夫は怠ってはいけない。しかし、ここで言う生活改善は、ちょっと違った。暮らしのパターン、特にお金、つまり経費を伴うものに、ことごとく規制をかけてしまうのである。それを今に引きずっているものも多い。


お金



 例えば、祝儀、不祝儀、病気見舞いの金額を決めたがるのだ。その殺し文句、口実は決まって「生活改善」。同じ地区内でも人は付き合いの程度、深さはみんな違うし、過去からの流れも違う。心の中ではみんな一抹の戸惑いを感ずるのだが、何事も「華美に陥らないように」という表向きの精神に反論する余地はない。




 この辺りまでだったらまだいい。地域によっては葬儀の場合の生花を飾る習慣にまでブレーキをかける地域も。お葬式は隣組を中心に運営されるが、施主のお付き合いの範囲は、当然のことながら、その地域にとどまらず、広範囲にわたる。そんな「生活改善運動」を知るよしもない相手側は弔意の印としての生花を届けてくる。さて困ってしまうのが施主側。「地域の約束事だから・・・」と、その生花をそのまま処分してもらったという笑うに笑えないような話さえあった。その量は沢山で、当然のことながら関係者に平身低頭したばかりか、かなりの経費を伴ったことは言うまでもない。


鯉のぼり


 こんなケースも。かなり前の話だが、山梨県の八ヶ岳山麓にある九つの町や村の町村長会は端午の節句にお目見えする鯉のぼり武者のぼりの掲揚自粛を決めてしまった。もちろん「住民の声」を踏まえた「生活改善運動」の一環。「みんなが競い合うようになってはいけない」というのだ。その時から、この地域から鯉のぼりや武者のぼりが消えた。



鯉のぼり2

 「これって、本当に生活改善なの?」



 「俺、そんなに経済的にゆとりがあるわけじゃあないんだが、可愛い初孫のために鯉のぼりや武者のぼりを立ててやりてえんだよなあ~」



 当然のことのようにそんな声が出た。


鯉のぼり3



 〇〇運動。そこには必ず、それなりの提案者がいる。その提案にはそれなりの社会性をはらんだり、一見共鳴できそうな理屈がある。こと「生活改善運動」提案の背景には「みんなでやれば怖くない」といった日本人特有というか、人間の性があるのだ。例に挙げた祝儀、不祝儀、お見舞いの金額規制にしても、鯉のぼりや武者のぼりの掲揚自粛にしても、それを出来るだけ出したくなかったり、したくなかったりする人の思惑が見え隠れする。「思い思いでいいじゃないか」という声の一方で「思いやり?」の大儀が優先するのだ




 みんなを同じにする。かつての小学校や中学校の制服の起こりも同じ。さすがに今は少なくなったが、県や各種団体が外国に使節団を派遣する場合、決まって揃いのブレザーやネクタイを作った。「みんな同じに・・・」。日本は総じて豊かな国になったという。でも、あっちこっちで貧しかった時代の影を引きずって歩いている?




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!