FC2ブログ

女房の存在

がぞりんスタンド2  


 「お父さん、私がいなくなったら、どうするんです? 何も出来ないんだから・・・」



 「お前は大丈夫。俺より長生きするさ。お前のお気楽、極楽ぶりじゃあ、あと50年、100年生きるよ」


 「失礼しちゃうわ。お父さんは(困れば)いつもそうなんだから・・・。自分のことぐらい自分でやってくれなきゃあ、困りますよ・・・」


 セルフのガソリンスタンドで、車の給油をしながらの、うちのかみさんとのやり取りである。車の運転もさることながら、ガソリンの給油も最近では、みんな女房任せ。実を言うと、車の運転はともかくとして、私にはセルフ給油の操作が分からないのだ。




 「まず車の給油口を開け、取り外したコックをここに置いたら、ここをタッチ。次にガソリンの種類を選定、給油作業に入る前にここにタッチして体の静電気を取り除くんです。給油が済んだら、ここを・・・」

ガソリンスタンド


 女房は馴れた手つきで、それをやって見せる。当たり前だが、セルフの給油機は、全てが指による機械操作だ。利用者の確定処理から始まって、料金請求のレシートを受け取るまで利用者が指示してやらなければ、給油が完了しない。


ガソリンスタンド3


 「へえ~い、いらっしゃい」


 車で通勤していた現役時代は、頻繁にガソリンスタンドに寄った。その頃はスタンドに車を横付けにしさえすれば、顔馴染みの店員さんが黙っていてもやってくれ、最後は「毎度あり・・・」。そればかりか、タバコの灰皿から窓ガラスの拭き掃除までサービスは≪満タン≫だった。




 もちろん、そんなガソリンスタンドがなくなったわけではない。でも、ただででも利幅が少ない、この業界は長引く経済不況と原油の高騰というダブルパンチにあえぎ、四苦八苦。閉鎖に追い込まれているスタンドだって珍しくない。生き残りを賭けた自衛策に懸命なのだ。「少しでも安く」。そんな消費者ニーズと人件費の削減などスタンド側の思惑がピタリと合ったのがセルフのスタンド。街にはこのタイプがどんどん増えている。徹底したサービスで勝負するか、それとも「安さ」で勝負するかの戦いといっていい。


ガソリンスタンド4


 普段からモノの値段には敏感な,特に主婦達は、はしっこい。普段はノロマな、うちのかみさん,いつの間にか銀行口座を設けて、セルフのスタンドでの給油に切り替えた。「全く何も出来ないんだから・・」「自分のことは自分で・・」。待てよ? うちのかみさん、亭主に向かっていつの間にか、子供にでも言うような口の聞き方をするようになった。




 考えてみたら、その時期は会社勤めをリタイアした頃からかもしれない。現役時代は少なくとも、そんなことはなかった。その金額が多いか、少ないかは別に、サラリーを運んでくれる≪打ち出の小槌≫だったからだろう。女とは現金なものだ。いくら年金生活に舵を切ったとはいえ「お前が今、こうしてメシを食っていられるのは誰のお陰だ」と開き直ってもみたくなる。でも、そんな女房がいるから我が家がもっているのかもしれない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!