FC2ブログ

ハゲ頭とネクタリン桃

日差し


 「やっぱりがないと直射日光をまともに受けたり、ちょっとした外からの作用で傷だって付き易い。暑さ寒さもさることながら、毛があれば日焼けもしない。あってみればなんでもないのですが、無いとやっぱり不自由。毛は大事なんですねえ」


 隣の親爺は自らのハゲ頭に手をやり、ジャガイモの土寄せ中の私に真面目顔で言った。




 この親爺さんが言う「毛」とは髪の毛の「毛」ではない。の毛の話だ。その桃とはネクタリンという品種。早生種の白鳳や、その後を追いかけて出て来る白桃に代表される桃の改良品種である。漢字にすれば「油桃」というのだそうだ。「油桃」の字がイメージするように表面がツルツルしていて、いわゆる桃のような毛がない。形こそ違うがスモモのような肌をしている。桃の毛は病害虫から表皮が弱い実を守る役割も果たしているのだ。


ネクタリン
ネクタリン


 林檎にしろ、梨や柿、スモモ、サクランボにしろ、果実の表面に毛があるのは桃くらいのもの。葡萄だってない。あえて言えばキウイフルーツくらいのものだろう。ただ、このキウイフルーツは間違っても皮ごと食べることはないので、桃とは、ちょっと性格が違う。当たり前のように食べているが、桃は数ある果物の中でも特殊。丸かじりする場合、この毛を洗い落とさなければ食べられない。しかしネクタリンは全く毛がないので丸かじりだって出来る。親爺さんは、このネクタリン種の成木を何本も切ってしまった。しっかりした実をつけるに前にバッサリとやった。未練を残さないためだろう。

キウイ   桃


 「もったいないですねえ。それにしても、よく思い切ったことをしましたね



 「そうです。私にすれば断腸の思いです。消費者の人気はあと一歩。残念ながら売りにくい桃です。それに生産者がまばらなので、流通への出荷もしにくいのです。食べてはうまいのですがねえ・・・。独特の酸味が消費者に敬遠されるのかもしれません。なかなかポピュラーになり得ないのです」




 このネクタリン表皮に毛がないことと酸味が特徴。この酸味は、私なんかにはえもいわれぬ味だが、どうやら酸味は大衆的には受け入れられないようだ。「甲州種」と呼ばれる葡萄がそうだ。山梨県人はどんな葡萄にせよ、種ごと飲み込む習慣があるのでいいが、都市型の消費者の多くは種を出す。酸味は核、つまり種の周りにあるので、勢い「これ、酸っぱい」ということになる。かつて甲州葡萄の代表ブランドの地位にあった「甲州種」は生食用の座を追われ、ワイン原料に成り下がった。大抵の葡萄はジベレリンという薬品処理で種が抜ける。しかし甲州種は果肉が柔らかいためか、それが不可能なのだ。


甲州種
甲州種


 この親爺さんは若い頃は山梨県の果樹試験場で果樹の品種改良に取り組んだ一級の技術者だった。定年後、自らの桃畑にネクタリンを大々的に植えたのも、それと無関係ではない。木の作り方も一般の桃とは違い、葡萄のそれと同じような仕立て方を工夫した。「ネクタリンをもっと多くの消費者に食べてもらおう」。そんな夢があったのだろう。でも負けた。それを後押ししてしまったのは、紛れもなく歳だった。




 「もう87歳です。後継者もいないしねえ・・・」




 髪の毛のほとんど失くした親爺さんはやっぱり寂しそうだった。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!