FC2ブログ

山岳信仰

 「お父さん、あれ、なあ~に? あんなにいっぱい石塔が・・・」

2011+017_convert_20110626195834.jpg


 車の助手席に乗っていた女房は、道路の両側に並ぶ石碑群を指さしながら不思議そうな顔つきで言った。初めて見る女房ならずとも、そのおびただしい石碑群には誰だって圧倒され、「あれは?」と、目を見張らせられる。



 「あれか? あれはねえ、木曽の御嶽山を信仰する講社の皆さんが奉納した石碑だよ。墓の石塔なんかじゃあない。信仰の山には何処にもあるんだよ。富士山にだって・・・」


2011+018_convert_20110626200756.jpg



 亭主の沽券? ちょっと知ったかぶりして説明してやった。今は木曽路を車で走っているのだが、いつも窓越しに眺めている富士山を思い浮かべながら、現在はほとんどが歩かない旧登山道に思いをはせた。富士山自動車道「富士スバルライン」が開通した昭和39年以降、この登山道は陰の存在になった。もちろん今もあるのだが、そこには苔むした御嶽山と同じような石碑が登山道の両脇に並んでいた。




 富士スバルラインが開通する何年か前。学生時代だった。東京の安下宿を抜け出して仲間と富士登山を決行した。新宿からの国鉄中央線を大月駅で富士急行線に乗り継いで終点の河口湖駅で下車。そこからオンボロの登山バスに乗り換えて五合目の「中の茶屋」に近い通称「馬返し」まで行くのである。今あるスバルラインの五合目駐車場よりずっと西だ。


吉田口登山道
吉田口登山道


 金剛杖片手にヤッケ姿の登山者が列を成して山頂を目指す。その頃になると夕日はとっぷりと暮れていた。太くもなく、うねうね続く登山道の脇にたたずむ石碑が不気味に懐中電灯に照らし出されたのを記憶している。前を歩いていた中年グループのリーダー格らしい男性が「これはねえ・・・」と仲間に説明している言葉を何故か今でも覚えている。その説明と私の記憶に間違いがなければこうだ。


 富士講は室町時代の後期、九州は長崎生まれの僧?角行(長谷川角行東堂)が富士山の人穴で修行したのが始まり。信仰心の厚い庶民は霊験あらたかな富士山をそのよすがとし、信者グループ「富士講」を結社した。以来、庶民の間に流行った疫病の退散や戦時下にあっては出征兵士の武運長久をも祈った。富士山信仰に人生の安息を求めたのである。


富士山_convert_20110626205114


 特に、江戸時代は隆盛を極め、江戸八百八町に富士講があって、大勢の信者達は白装束に身を固め、粛々と山頂を目指した。富士登山の出発点は「御師」と呼ばれる宿坊。時代の流れにさらされて今は民宿に姿を変えているが、山梨県側の富士吉田市や富士河口湖町にはその宿坊が名残をとどめている。




 長旅で疲れた信者たちは「御師」で身体を休め、身を清めて白装束を調え、やはり富士山の麓にある北口本宮富士浅間神社や河口湖畔の浅間神社に参拝、山頂を目指す。もちろん今のように車もなければ自動車道もないから、全てが自分の足。木曽の御岳山も出羽の月山、紀伊の熊野、四国の金毘羅講もみんな同じだろう。霊験あらたかな山は何処も変わらない。ただ変わったのは車の登場。木曽の御嶽山も足元の駐車場まで立派な道路が走っている。講社の方々が奉納した石碑群はその沿道にある。デブの私には登れないが、登山道にもあるのだろう。


富士山2_convert_20110626205349


.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!