FC2ブログ

教師とお医者さん

医師先生病院カルテ_convert_20150314112553


 「先生」。森昌子のヒット曲ではない。政治家、作家、演出家、作曲家、作詞家、建築家、落語家…。世間ではおよそ○○家と呼ばれる方々を「先生」とお呼びする。タレントさんや歌手、役者さんだって、ある程度の名声を築けば、これまた「先生」。世の中に「先生」は、あっちこっちに溢れている。藪睨み癖の田舎オヤジに言わせれば、「先生」は、ちょっと言葉を変えて気軽に使う敬語のようなものかも知れない。




 人間、一生のうちで必ず、または何らかの形でお世話になるのが学校の先生とお医者さん。この両者は誰しもが躊躇することなく「先生」と呼ぶ。学校の先生は人間が成長する過程で最も大切な教育・教養を授けてくれる人。片やお医者さんは、時として命まで預けなければならない人だ。多くの人が、この両者には逆らうことをしないのも確か。




 両者の違いは、それなりに定められた教材の有り無し。学校の先生には教えるべき教科書があるが、医者には当然のことながら、それがない。決定的なのは、医者は患者が相手を選ぶことが出来るが、学校の先生は、教えてもらう子供たちに選ぶ権利が与えられていない。良くも悪くも担任は一方的だ。人の一生に関わること、と難しく考えれば、子供たちにとっては「当たり」、「外れ」があるのかも知れない。




 75歳を過ぎ、後期高齢者と言われるようになったオジサンたちには、学校の先生には全く縁がなくなった。その代わり、お医者さんとの縁は増えるばかり。肩、腰や心臓などの循環器…。体のあちこちに故障が目立ち、お医者さんに行く回数がだんだん増えてきた。




 待合室で自らの診察を待ちながら、「まだか、まだか」と思う一方で「お医者さんのご苦労」も実感する。毎朝、決まった時間に診察を始め、昼食は午後の1時、2時は当たり前。待ち時間の長さに辟易としながらも、そのご苦労に頭が下がる思いもするのだ。


先生


 ひとたび、急患が現れれば、夜の夜中でも病院に駆け付けなければならないだろうし、そのためには晩酌も酒宴のお酒だって節制しなければならない。救急患者を前にお酒臭い息を吐きながらメスを握ることはむろん、患者と向き合うことすら出来まい。オジサンのようなお酒一つ節制できないズボラ人間には到底務まらない職業だ。




 一方、学校の先生。モンスターピアレントとか呼ばれるお父さん、お母さんはどんどん増え、教師を震え上がらせる。ひとたび、ゲンコツの一つもくれようものなら、やれ、パワハラだのと、かしましい。モンスターピアレントは学校に留まらず、教育委員会にまで飛び込んで、コトを増幅させもする。その反動が怖い。親身になって叱ることすらしない先生が増えることは火を見るより明らかだろう。オジサンたちが子供の頃は、学校で先生にゲンコツをもらったことを親に話でもしたら「お前が悪いからだ」と、またゲンコツ。




 でも、総じて先生はいい。同窓会であれ、同級会であれ、先生は必ず招待され、そこでは「おいコレ」、「おい○○」が通用する。教え子が60、70の歳を重ねていてもだ。教師はいつまで経っても先生。ひるがえって他の職業では、ひとたび職場を去れば、教師(元)のように絶対にお呼びはかからない。やっぱり、教師は≪聖職≫なのか?





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

先生の濫発

地方紙の編集局長をしていた友人は、私の事を先生・先生と呼びます。 二人だけの時なら問題ないのですが、大勢の人前で先生を連発されると 他人が奇異な感じになります。『君 何を以って私を先生と言うのかね?』と尋ねたら 先にお生まれになった人は皆先生であります。』と言うので、後輩からは必ず先生と呼ばすのかね。」と言ったら 先生の連発が止まりました。

先生と呼ばれるほど…

 「何をもって先生というのかね」。確かにそうですね。世の中には「先生と呼ばれるほどバカじゃなし」などと言う言葉もあります。その言葉が意味するものは何でしょうか…。

No title

先生の絶対数が 多くなり過ぎたのも 『先生と呼ばれるほど…」の一つの理由かも知れませんね。 先生と呼んでおけば間違いないの反発かも知れません。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!