FC2ブログ

ミョウガの由来

みょうが_convert_20111003214653


 今、我が家の畑ではミョウガが食べ頃。ミョウガはこの時季、その根元に出る芽?を食べるのだ。丸まると膨らんだ、その先っぽには白い花のようなものを付ける。それが摘み取りの目安。花?は食べないのだが、ミョウガはちょっとスナップするだけで簡単に摘み取ることが出来る。




 我が家のミョウガは、かつてのものと一新した。子供の頃から柿畑の隅などにあったのだが、除草剤で絶滅。サラリーマン稼業の間、畑の耕作を委ねていた方が除草の道連れにしてしまったのである。そんなことを知った友人が新しい苗をたくさん届けてくれた。ミョウガは地下茎で増える植物で、繁殖力は逞しい。畑の隅など数ヵ所に植えたミョウガは、いつの間にか増えた




 もちろん、私が料理するわけではないのだが、卵とじでもよし、漬物でもよし。生のまま千切りやみじん切りにし、鰹節で食べるのもよし。酒のつまみにはうってつけだ。同じ漬物でも塩、醤油、それに酢漬けでもいい。食べ方はいくらでもある。酒の肴にとどまらず、ご飯のお供にも十分。ダイエット食でもあるのだ。


みょうが
味の素レシピより


 私は、このミョウガが大好き。



 「お父さん、ミョウガをたくさん食べると物忘れが激しくなり、バカになるんですってよ」


 「バカいえ。そんなこと迷信だよ。それはねえ・・・」


 昔、何かの本で読んだ、うろ覚えのことを知ったかぶりして女房に話してやった。記憶が間違っていなければ、こうだ。



 誰でも知っている、この言い伝え、そもそもは仏教関係の故事に由来する。「法華経直談抄」という書物の中に出て来る釈迦の弟子・槃特は、自分の名前すら忘れるほどの≪物忘れの名人≫。だから槃特は、いつも名札を付けていた。その槃特が死に、亡骸が葬られた墓からニョキニョキと草が生えてきた。槃特が生前、いつも名札を付けていたことから、人々はいつしか、この草を「茗荷」と言うようになったという。



 物忘れが激しい槃特こそがミョウガの元祖というわけ。


 「お母さんねえ、オレやお前の物忘れなんか、槃特とやらにに比べりゃあ赤子みたいなもんさ。『最近、物忘れが激しくなった』などと心配することはないよ。でもなあ、お前の場合、死んだらミョウガがいっぱい生えて来るかもなあ~」


 「なに、バカ言ってるのよ」


 うちのかみさん、どうやら冗談は通じないらしい。


 「茗荷」という文字から連想するのは「茗荷谷」。東京やその周辺にお住まいの方ならみんなご存じ。地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線の駅名である。プロ野球ファンならよく知る東京ドームがある後楽園の近くの駅だ。茗荷谷駅の付近は江戸の昔、茗荷畑が多かったことから、その名がついたのだそうだ。今は行政上の「茗荷谷」という地名はない。ここでの話には関係ないのだが、この駅は地下鉄線の中でも特異で、ホームの一部は地上。改札口が地上にある。




 ミョウガをめぐる言い伝えが、もしも本当だったら東京都文京区にある茗荷谷駅界隈の人たちは、その昔、槃特のような物忘れの名人ばかりだったということになる。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!