FC2ブログ

大根の播種

赤とんぼ




 何時しか、暑苦しいミンミンゼミの鳴き声が消えて、空には赤とんぼが。屋敷と言わず、畑と言わず、あっちこっちで咲いていたヒマワリは黄色い花びらを落とした。その下で咲いていた百日草やユリも峠を過ぎて、今では見る影もない。流石に花にはまだ早いが、コスモスが順番を待っている。




 花というものは、咲いているうちが花。まさに«蝶よ花よ»だが、最後はだらしない。「散り際」などと人に愛でられるのは、春の桜ぐらいのものだろう。勢いのある花ほど最後は始末が悪い。たくさんの種を付け、地に落ちれば来年と言わずに所かまわず、発芽する。特にヒマワリは沢山の種ばかりか、背丈も大きく、幹も太くなるので、後始末に閉口するのだ。


ひまわり_convert_20110808223955


 特殊の大型はさみで切り倒して、種がなるべく落ちない内に畑のあっちこっちに山積みして燃やすのだが、どうしても種は落ち、それが来年へと繋がってしまうのである。我が家では毎年この時季、そんな作業が一日がかりで続く。




 「お父さん、来年はもうヒマワリはやめましょうね。それはともかく、もう大根を蒔かなきゃあ…」



 畑でヒマワリの後始末を手伝ってくれていた女房が、促すように言う。我が家では毎年、9月4日前後をメドに大根の種を蒔く。二人暮らしの我が家だけでは、僅かでいいのだが、娘の家や女房の姉夫婦、それに親しい家に差し上げる分まで作るのだ。秋大根は主には冬の時期の沢庵の漬物用。幸か不幸か畑だけは事欠かないので、作付け面積にはこだわらない。




 むろん播種の床づくりは私の仕事。持病の腰痛が邪魔して、作業は決して楽ではないのだが、女房が用意した塩入のペットボトルの水を飲みながら汗だくで畝を作って行くのだ。播種は女房の仕事。概ね30センチ間隔で蒔いていく。大根は発芽率がいい。ひと頃は3粒ずつ蒔いたが、2粒で十分。複数で播種するのは植物が持つ競い合う習性を考慮してのこと。




 問題は発芽後の病害虫対策。うっかりしていると、蝶々が若葉の裏に卵を産み、その幼虫が葉っぱを舐めるように食い荒らしてしまうのである。発芽のタイミングで「オルトラン」という殺虫薬を蒔くのだ。「♪ちょうちょ、ちょうちょ菜の葉にとまれ…」。人間とは勝手なもので、立場によって、そんな蝶々を摺り潰したくなるから不思議。




 大根は数ある野菜の中でも極めて逞しい。発芽率もいいし、生育も早い。9月に種蒔きすれば11月には収穫できるのである。「ど根性大根」だとか、「大根役者」、女房が「失礼しちゃうわ」と怒る「大根足」…。そのキーワードは総じて「逞しさ」だ。都会の方々が「アスファルトの割れ目から大根が…」と、大騒ぎするのもその一例。「大根役者」はいつまでも人気が出ない(当たらない)役者の比喩である。

大根


 「当たらない」は食品学上も的を射ていて、大根を食べて食中毒を起こしたという話は聞いたことがない。日常の食卓でも、刺身など生魚のツマに使われるのも大根が持つ「殺菌」効果に他ならない。食べて良し、おろして良し、刺身のツマにしても良し…。そう遠くない冬の時季、おでんの定番は、やっぱり大根。残暑も、やがてウソのように消えてその先に…。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!