FC2ブログ

認知症の始まり?

風景

 無意識のうちだが、昔と今を比較したり、懐かしんだりすることが多くなった。そんな自分に気付いて、一人苦笑いすることがある。このブログをお読み頂いている方々は、先刻お気付きだろう。ブログでも知らず知らずのうちに、子どもの頃や若きよき時代を振り返っているのだ。




 「おじさん、それって、歳を取った証拠だよ」。


 お若い方々にはそう言われるに決まっている。それならまだいい。「それって、痴呆の前兆じゃないの」と、言われるのが恐ろしい。それというのも、明らかに痴呆が始まっていた今は亡きおふくろを思い起こして、そう思うのだ。




 おふくろは大正5年生まれ。93歳ぐらいの頃。。内臓は悪くなかったのだが、足腰が不自由で、自力での歩行は困難。仕方なく介護医療の病院で看てもらっていた。暑さ寒さばかりか、食べることなど全てが至れり尽くせりの生活のせいで、緊張感がないのか、痴呆はどんどん進んだ。。


車イス



 「どなたさんでしたっけねえ」。せっかく病院に見舞いに来てくれる自らの友人、知人に、そんな事を言うものだから傍にいてハラハラするのだ。それならまだいい。自分のお腹を痛めた私たち息子の顔すら思い出せないことも。




 そんなおふくろが一方で、よく童謡文部省唱歌、軍歌を歌うのである。それも歌詞もメロディーも間違わず、しっかりと歌うのだ。そのおふくろ、元気な頃はほとんど歌を唄うことがなく、歌らしい歌を聴いたことがなかった。「荒城の月」なんか見事に唄う。看護士さんに「おばあちゃん、上手だね」と、褒められると、有頂天になったりもする。こんな時には病室のお年よりも一緒になっての人気者。それがまた痛々しい。





 痴呆の特徴は、昨日、今日のことは忘れるが、昔のことは案外覚えているのだそうだ。ご飯を食べたことを忘れ「家の嫁はご飯をくれない」とひがんでみたり、昔のことは覚えているものだから嫁ぎ先から今は昔の「実家へ帰る」といってみたり・・・。隣のベッドのおばあちゃんを見舞いに来る、65歳前後の息子さんは「うちのおふくろなんか、私が昨日来たことすら忘れちまうんですよ」と、寂しそうに話ていた。私も言った。「うちのおふくろもそうなんです」。


風景2

 ただ、ちょっと不思議に思うのは、二日に一度と言っていいほど頻繁に行く女房、つまり、嫁の顔は忘れない。病院に行く頻度が女房と比べて少ないからか、息子の私を時々忘れてしまってもだ。痴呆がだんだん進みながらも、一番世話になっている嫁だけは、どこかで意識し、一目置いているのだろう。言葉には表さないが、感謝の気持ちがそうさせているような気がする。それがいじらしくもある。




 自分自身、我武者羅に働き、無茶と思えるほど飲んだり、遊んだりした若い頃が、つい昨日のような気がする。そんな人間が身近にいた認知症の親に年齢に一歩一歩間違いなく近づいて行く。やがては人事ではない年齢になるのだ。「へえ~」と他人事に受け止めているお若い方々だって、自分に限らず、遅かれ早かれ、そんなケースに出っくわすのですぞ。





.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!