FC2ブログ

空っ風とかかあ天下

風景
 立春。二十四節気の一つ、この立春が過ぎたとは言え、いつもの年だと今頃は空っ風が吹き、寒い日が続く。それほどの量ではないにしても雪さえ降る。立春は暦の上のことで、一年中でも最も寒い時期のはずだ。ところがどうだ。立春を前後して、富士山麓地方はともかく、山梨県の甲府盆地は連日、3月中旬並みのバカ陽気が続いている。今日あたりの風は空っ風と言うより、春一番といった感じだ。テレビやラジオによれば山梨だけではない。




 いったい、どうなってるの?これも地球温暖化のせい?などと、しがない私が心配しても仕方のないことだが、やっぱりヘンだ。ハウス栽培は別にして、露地栽培の桃や葡萄、サクランボを作る果樹農家は、木作りのための剪定作業の真っ盛りだが、みんなこの天気の受け止め方は複雑。

桃

 天気がいいから作業は楽だし、はかどる。半面、このバカ陽気につられて果樹の芽吹きが必要以上に早まったら・・・。このままずっと暖かくなるのだったらいいのだが、寒さが戻り、さらに春先の遅霜にでも見舞われたら、柔らかい桃や葡萄の芽はひとたまりもない。農家は確実に大きなダメージを受けることになるのだ。




 ただ、このバカ陽気、ハウスの園芸農家にとっては好都合だろう。一時は、その高騰に泣いた重油の削減にも繋がるからだ。この地方でこのところ急速に産地化が進むサクランボは、わが国の一大産地・山形との時期的な差別化を狙ったものであり、桃や葡萄も出荷時期を早めて、付加価値を付けようというもの。しかし、栽培面積では露地ものの方が圧倒的に多いから、その年の天候は、その成否の鍵を握るのである。

サクランボ


 空っ風。山梨や群馬など内陸地方特有の気象現象だが、山梨で見ている限り、近年、この空っ風がめっきり減った。減ったと言うより、空っ風らしい空っ風が吹かなくなった。私たちが子どもの頃は、毎晩のように雨戸をガタガタ音を立てて揺さぶるほど吹きまくり、人々を寒さで震え上がらせたものだ。




 そんな山梨では、今も「甲州名物かかあ天下に空っ風」という言葉が残っている。上州といわれる群馬でも同じだ。なぜか、この「空っ風」に「かかあ天下」がくっついているのである。そこには同じような気象を生む内陸型の立地条件と、その立地条件がもたらした共通した生活形態があったからのように思う。




 養蚕である。かつて、わが国農業の基幹をなした米麦に加え、この地方では副業としての養蚕が大きく発達した。特に山つき地帯が多い地域では、こぞって桑を植え、蚕を飼った。蚕に「お」と「さん」をつけ「お蚕さん」と人々は言った。そのことからも、この養蚕が農家の生計に大きな影響を与えたことは確かだろう。


繭  

 その養蚕を名実共に担ったのが、甲州や上州のおかあちゃんたち。だから、この地方のおかあちゃんたちの一家における発言力も強かったのだろう。今の、いわゆる、かかあ天下、つまり、むやみに亭主を尻に敷くおかあちゃんとは根本的に違うのである。こんなことを言ったら、世のおかあちゃんたちから袋叩きに遭うかもしれないが、これホント。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!