FC2ブログ

あなたは性善説?性悪説?

133952_s_convert_20200525193702.jpg


 親が子供を虐待したり、果ては殺してしまう。反対に子供が親に暴力を振るったり、平気で殺す。先頃、死刑判決を受けた男は障害者施設で、入所者を手当たり次第に手にかけて大勢の尊い命を奪った。「障害者など、この世の中にいらない」。考えられない短絡的な動機だった。かなり前の話だが、殺人の動機を「人を殺してみたかった」と平然と言ってのける若者も。«動機なき»通り魔無差別殺人も後を絶たない。虐待の親を除けば、いずれも若者だ。




 一体、この世の中、どうなっているの?人間だったら誰だって首を傾げたくなる。意見の食い違いで、口論になり、場合によって殴り合いの喧嘩になることはある。でも、どこかで、理性が働く。それ以上やってはいけないと無意識のうちにもブレーキがかかるのだ。人間ならば、誰もが持ち合わせている真理。だから世の中の秩序が成り立ち、社会が回っているのだろう。




 昔は、と言ったら、懐古趣味に聞こえるかも知れないが、誰だって目に入れても痛くないはずの可愛い我が子を虐待し、ましてや殺したり、自分を産んでくれた親を殺すようなことはなかった。もしあったとすれば、自らも病弱で、年老いた親の介護に窮した挙句、ぎりぎりの選択として涙ながらに手をかけてしまうケースだ。もちろん、人を殺める行為を肯定出来るものではないが、同じ人間として一抹の同情は出来る。

車いす_convert_20110214224317


 「個」の尊重。この行き過ぎた結果が、時代背景にあるような気がしてならない。ひと頃流行った「自己虫」などと言う言葉は、その象徴と言えないか。もちろん、個の尊重が悪いということではない。むしろ、「個」を大事にすることによって人間一人一人が持つ計り知れない能力を引き出していく。全体という大枠でくくったら、それを潰してしまうことだってある。ただ「自己虫」の«繁殖»は何処かに原因が…。



 言ってみれば、世の中、その両方のバランスの上に成り立っている。世の中の全てに言えることだろうが、物事がバランスを崩した時、往々にして、あってはならないことを惹き起こす。いずれにせよ、教育は一歩間違うととんでもない方向に人間を導くことは確かだろう。




 人間性善説と性悪説というのがある。古く紀元前の中国で荀子が唱えたのが性悪説。孟子の性善説に対抗した説だそうだ。対抗というより、発展させたと言った方がいいのかも知れない。つまり、孟子は「人間の本質は生まれながらにして善」という。




 荀子が言う性悪説は、その反対。さてどちらが正しいのか。その答えはないのだろう。何故なら2000年以上も、これに答えを出した者はいないからだ。永遠に答えが出ない論争であり、答えのない論争なのだろう。

3060056_s_convert_20200525194221.jpg

 私は心情的には孟子の性善説かも。私たち人間の本性は、少なくとも生まれながらには「善」であって欲しいからだ。一方で、無邪気に遊ぶ孫娘を見ながら、人間、元々は我儘で、悪いことも辞さない、いわゆる「悪」の本性を持っているのではないか、と思うこともある。自らの欲求が満たされなければ泣きわめく。いたずらや、いじめもその一つ。無邪気と言えばそれまでだが…。そんな子供も成長と共にみんなが「善悪」をわきまえるのである。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!