詐欺と盗人

サギ

 「お母さん、振り込め詐欺に騙されるなよなあ・・・」

 「私なんか、そんなにのろまじゃあ、ありませんよ。お父さんじゃあ、あるまいし・・・」

 「おい、おい。ひと言、余計じゃあないのか?」




 今日も地域の防災無線から流れる振り込め詐欺防止の啓発放送を聴きながらの女房との何気ない会話である。女房は「絶対に引っかかりっこない」と断言するが、こういうタイプがいざとなると一番危ない、と私は思っている。なぜかって?娘はいい歳をしているのに、一人娘のためだろうか、今でも、どちらかと言えば過保護気味だからだ。こういうタイプは、ひとたび、巧みに仕掛けられれば、一発だろう。

電話

 「こちら山梨市役所と日下部警察署からお知らせします。今日、山梨市内の70歳代の主婦に電話があり、その女性の息子を装って、俺の携帯の番号が変わったので控えて欲しい。また電話する、と言っていったん電話を切り、改めてATMへのお金の振込みを求めてきました。このような電話があった場合、絶対にお金の振込みはせず、警察へ・・・。また定額給付金の支払いを理由に、手数料名目で現金の振込みを求める電話もかかっています。定額給付金の支給に手数料はありません・・・」




 こんな内容のアナウンスが毎日のように繰り返されているのだ。予防、警告のための放送にとどまらず、実際に被害に遭ってしまった事例も。その放送をよそ事のように聞いている側から見れば、これほど度々警告しているのに・・・と思うのだが、振り込め詐欺の被害は絶えない。よほど巧みな手口で仕掛けてくるのだろう。女房が言うように、みんなが、私だけは引っかかりっこない、と思っていているのに・・・。




 「石川や 濱の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」



 ご存知、石川五右衛門の辞世だが、悪いヤツは、今も昔も次から次へと出てくるものだ。五右衛門から時代は下って江戸時代の「白波五人男」のひとり・弁天小僧菊之助や、あの名台詞「問われて名乗るもおこがましいが、産まれは遠州浜松在、六十余州に隠れもねえ賊徒の首領たあ~・・・」の日本駄右衛門、さらに時代は下って江戸後期の鼠小僧次郎吉。


白浪五人男
白波五人男

 いずれも名うての盗賊に違いはないが、そこには何かしらの愛嬌があった。歌舞伎や庶民が集まる芝居小屋の演目にもなったりしたからだろうか、なぜか憎めない。特に鼠小僧次郎吉は、お金持ちの大名や武家屋敷ばかりを狙い、自らも義賊を標榜したという。




 ところが平成の盗人はどうだ。ITMやケイタイなどITを巧みに駆使し、弱い立場のお年寄りや女性をターゲットにしているのである。ITを駆使して途中の「足」を消しているから捜査当局にとっても始末が悪い。再三の防災無線による警告のように、みんなで注意するしかないのだろうか。




 とにかく、一刻も早く捕まえて、五右衛門のように、釜茹(煎)でにでもしたらいい、というのが私たち庶民の感情だ。京都の古刹・南禅寺の山門という晴れ舞台まで用意して「絶景かな、絶景かな。春の眺めは値千金とは、ちいせえ、ちいせえ」などと、大見得を切らせるわけにはいくまい。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

新バナー  ← 「甲信越情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!