FC2ブログ

進むジェンダーフリー

学校

 オンボロの木造から鉄筋に変わって久しい校舎の中央から放射線状に張られた万国旗。その下で元気いっぱい跳んだり、跳ねたりする子供たち。コロナ禍の影響はさて置いて、この二つを除けばみんな様変わりしていた。厳密に言えば、子供たちもだ。グラウンドに並ぶ子供たちの数は、へえ~と思うほど減った。少子化の波は容赦なく学校を襲っていた。

おとこのこ
 地元の小学校の運動会に招かれた。この学校は、今は山梨市立の小学校だが、旧村時代からの伝統校。100年以上の歴史を持つ。女の子の児童会長が持つ校旗を先頭に入場行進、グラウンドに整列した児童たちを前に、まずは校長先生が挨拶する。




 「今年はコロナ禍での運動会。でも、みんなで思う存分、運動会を楽しみ、沢山の思い出を作ってください」




 児童の数ひと頃の3分の1、4分の1、私たちの時代に比べれば7分の1,8分の1にも減っていた。全校でたったの30数人だから、一学年5人ちょっとの勘定だ。入場、整列、そして全てのプログラムは全校児童を紅白に分けての対抗戦。1年生から6年生までの男女をほぼ2等分しているのである。




 おやっ、と思ったのは児童の運動着男の子も女の子もみんな同じなのだ。よく見ないと男の子なのか女の子なのか区別がつかない。もちろん靴もそうだ。女の子の運動着として長い歴史を刻んだ≪ブルーマ≫は、とっくに姿を消していた。紅白チームの区別は裏返しで被れる帽子の赤と白の識別だけ。もう一つ、各種の児童紹介のアナウンス。男の子も女の子も全て「○○さん」。かつての男の子の呼称「○○君」は学校から消えていた。皮肉な言い方をすれば、無理やり?男女を平等に。


体操着

 そうか、ジェンダーフリーと言うヤツか。ふと、何年か前、奥秩父山塊の一角で開いた子供キャンプの折、スタッフの一人でもあるベテラン女教師が言った言葉を思い出した。




 「人を男とか女で見るのではなく、まず人間としてみて、結果的にそれが女であったり、男であったりするんです。初めから男と女を区別してはいけない」



男の子           女の子

 改めてインターネットで「ジェンダーフリー」を検索してみた。どこで、どなたが書いているのか分からないが、あるある。運動会で見た光景の全てが事細かく書いてある。学籍名簿の男女の区別はもちろん、ランドセルの赤、黒の色に対する疑問まで。「男女」を「女男」とも置き換えているのである。正直言って、私にはどうしてそこまでしなければならないのか分からない。



ランドセル

 一方、なぜかホッとしたのは競技に入る前の準備体操。「ラジオ体操第一」だった。昨年は確か、見事に振り付けしたストレッチ体操だった。子供たちの競技や演技を見守るグラウンド周囲の父兄席はスマートなアウトドア用のテントが。座席も茣蓙(ゴザ)ではなく携帯用の椅子だ。 そこでのお父さんやお母さんはビデオカメラで可愛いわが子の姿を追っていた。




 変わらないのは本部テントに隣接して設けられた来賓席。各地区の区長や市教委、PTAや老人クラブ、各種行政委員などの代表が並んでいる。その顔ぶれは変わっても肩書き中心の大人たちのやり方は変わらない。いつしか自分もそんな所に座っていた。

 今年はコロナ禍を反映して、市議会の代表を来賓から外したり、来賓の挨拶は市長を除いて、全てカット。何より、プログラム自体を午前中で終わりに。よく考えたら、運動会の定番・万国旗もなかった?それは兎も角、子供たちの一挙手、一投足、元気いっぱいの競技がコロナ禍を吹っ飛ばしていた。でもマスク姿の競技が、やっぱりコロナ禍の運動会を強烈に印象付けていた。

 来賓紹介の時、こちらから「おはようございます」、「頑張ってください」とやると、その都度、返事が返って来る。オープニング行事の太鼓演奏や、競技の合間に盛り込んだ「ソーラン踊り」も息の合った演技が。全校が一つにまとまっていた。小規模校ならではか。子供たちの眼がいい。そこには大規模校も、小規模校もない。




.ブログランキングに参加中です。  
 ↓クリック いただけると励みになります。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ありがとうございました!


 
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちわ!

小学校の運動会が行われたのですね。
少子化で、だいぶ児童の数が少なくなったんですね。

ジェンダーフリー。
今は男の子も女の子も「さん」付けなんですか?
「○○君」とは言わないんですね。
時代は変わっていくんですね。

変わる学校現場

 小中学校などの子供を持つ環境から離れてしまっていると、勢い、学校現場を知らなくなるのですが、そこは、ビックリするほど様変わりしているのです。
 少子化を反映して、児童、生徒の数は激減。ジェンダ―フリーも進んでいるのです。やがて、LGBTなども真剣捉えられる時代が来るのではないでしょうか。
 それとは関係ないのですが、«女性上位»は家庭ばかりでなく学校にも。女性の児童会長、生徒会長がどんどん増えています。
 いずれにしても教育現場は、ひと頃とガラリと姿を変えています。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 職場を離れた後は«農業もどき»で頑張っています。傍ら、人権擁護委員やロータリー、ユネスコなどの活動も。農業は«もどき»とはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定もします。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは、身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!