国際子供キャンプ

乙女高原1



 天候不順。今日も雨、昨日も雨。天候が一向に定まらない。例年なら7月の梅雨明けから立秋を前後した時期、つまりお盆前は、最も天候が安定する時期なのに・・・。


テントの前で1   テントの前で


 子供ではないが、てるてる坊主を作りたいほどお天気が気になった。8月8日、9日、毎年恒例のユネスコ国際子供キャンプを計画していたからだ。野外活動だからお天気に邪魔されれば計画は丸つぶれとなることは必至。天への願いが通じたのか、期間中どうやら天気に恵まれた。




 秩父多摩甲斐国立公園の一角とも言える山梨市のはずれにある乙女高原には約30人の日本の子供たち、やはり同数の外国の子供たち、そしてスタッフ合わせて約80人が集まった。もちろん、集合場所を山梨市の市民会館前に決め、そこからバスやスタッフの車で現地まで輸送するのだ。


乙女高原


 日本の子供たちは山梨市を中心に甲府など山梨県のあちこちから集まる。一方、外国の子供たちは、お父さんやお母さんの仕事の関係で日本にやってきている人達。ブラジルペルー、イラン、タイ、フィリピン、スリランカ、韓国中国もいる。皮膚の色や目の色も微妙に違う。




 最初はちょっぴりはにかんでいた子供たちも、皮膚の色や言語、習慣を乗り越えてみんな友達に。二日間、プログラムに沿ってゲーム高原の散策、食器作りなどのクラフト活動飯盒炊さんでカレーライスやほうとうも作った。夜は星空の下でキャンプファイヤを、また一夜開けて山登りや山の湖での水遊びも楽しんだ。


キャンプファイヤー2      キャンプファイヤー


 このキャンプのスタッフでもあり、甲府市内の小学校教諭を務めながら外国人、特に子どもたちの言語指導や生活習慣の指導に献身的な取り組みをしている女教師によると、山梨県には今、ざっと17,000人の外国人がいる。山梨県の人口は約89万人だから、そこに占める割合は決して少なくない。その国の数は76カ国にも及ぶという。ほとんどが山梨県内での就労目的にやってきている人達と、その師弟である。




 そんな背景があるのか、山梨県は国際結婚率が全国第一位だという。山梨は工業県でもなければ、都市型でもなく、どちらかというと田舎型の農業県だ。そこに住む私たちには、にわかには信じられないデータだが、紛れもない事実なのだ。ただ、この中には、そう思いたくないが、あの偽装結婚に巻き込まれたケースも含まれているかもしれない。一方、インターネット教材のダウンロード回数も日本一。これは指導に当たる先生の熱心さが反映しているのだろう。


飯ごうすいさん


 そこがブラジルやペルーなどの南米であれ、イランなどの中近東、タイやフィリピン、マレーシアなどの東南アジア、隣国の韓国や中国にせよ、日本にやってくる外国人は、全ての面で逞しい。子供たちも含めて日本の言葉を一年も満たないうちに覚えてしまうし、風俗や習慣だって同じだ。少なくても中学、高校、それに大学の一般教養まで入れれば8年間も英語を勉強しながら、それを話すことが出来ない自分が哀れになった。二日間のキャンプで子供たちが見せた多国籍交流を横目に、日本人てなんだ、と考えさせられたりもした。


朝食 


ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

新バナー  ← 「甲信越情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!