FC2ブログ

人間の記憶

1

 私の拙いブログをお読みいただいている方のお一人にハンドルネーム「ガバチャ」さんがいる。この方が先日、こんなことを書いていた。




 「最近、歳のせいか物忘れが激しくて、ニワトリと一緒で、三歩歩いたら、ついさっきのことを忘れてしまいます(後略)」




 正直言って、このブログを拝見してホッとした。同病相哀れむの例え通りか。私なんかそんなことは日常茶飯事。ガバチャさんはこんなことも書いていた。




 「(前略)会った人、その人の名前がどうしても思い出せないことがあるんです」
私なんか、これも度々だ。勤めをリタイアして4年。毎日が日曜日になって人様にお目にかかる数は、当然のことながら現役の頃と比べれば格段に少なくなった。そうは言っても出先での人との出会いがないわけではない。相手は「やあ~、お久しぶりですねえ。今どこに・・・」と、いかにも懐かしそうに話しかけてくるのだが、肝心の私がその方のお名前をなんとしても思い出せないのだ。



2



 お顔は知っている。話しているうちに思い出すだろうとタカをくくっているのだが、思い出せない。時間が経ってしまうと「お宅はどなたでしたっけ・・・」などと、聞けなくなる。素直ではない。仕方なく「今はどちらに・・・。お名刺をいただけませんか」とやるのだ。その答えがこう来る。




 「私もあなたより先から毎日が日曜日。名刺など持つ身分ではありませんよ」


名刺


 物忘れは歳のせい? ガバチャさんが言うようにその通りだろう。毎月18日と13日、その顔ぶれは変わるが、高校時代の同級生の飲み会、山梨で言う無尽会があるのだが、そこでも物忘れの話がよく出る。




 脳の衰えから来るのだろう物忘れはともかく、人間の記憶力ほどたわいもないものはない。例えば、いつも通っている道沿いで、ある時、以前というよりつい先頃まであった建物が解体され、更地になったとする。そこにあった建物が何の店だったか何としても思い出せないのである。しばしば私の車に同乗する女房も「お父さん、あそこに何が建っていたっけ?」と言うから、一人、私だけではないのだろう。




 こんなケースは今に始まったことではない。若い頃もそうで、毎日、朝晩、通勤で通る道すがらで朝はあった建物が帰りには解体されて跡形もなくなくなっているケースに出っくわした時、なんとしても思い出せないのだ。口の悪いヤツなら「それはお前の頭が悪いだけだよ」と言うかもしれない。でもそれだけだろうか。


にわとり

 ガバチャさんが言う「ニワトリと一緒」。私はニワトリ以下かもしれない。ガバチャさんはうまいことも言った。




 「だから(忘れてしまうから)ストレスが溜まらないのかも・・・」




 おっしゃる通りだろう。人間、忘れる動物。仮に、いいこと、悪いこと、みんな覚えていたら頭がおかしくなるに違いない。そこはまた人間の欲。肝心の事は覚えていたいのだ。





ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

新バナー  ← 「甲信越情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

物忘れは上手に歳を重ねているって事じやないかしら?

こんばんわ♪

物忘れじゃないんですよ。

歳をとって歳月を多く過ごしている分、頭の中の引き出しも多くなっているのです。

どこの引き出しに閉まったのか、分からなくなっているだけなんですって!
私も頭の中の引き出しの整理整頓していないのですが
『きちんとしなきゃ!』と神経質になるより、多少乱雑な方が落ち着くのですね。
思い出したくないことは、引き出しの奥深く、へそくりを隠すようにしまっております。

でもたまに間違って開けてしまった時に切なくなったりするんですよね。



しおんさん

 思いやりのある助け舟を出して頂きました。「引き出し」。いいたとえですねえ。私のおふくろは93歳になりますが、最近では認知賞が進み、昨日のことも忘れます。それなのに、着たこともなかったような軍歌や子供の頃の歌を歌うのです。普段は忘れていた引き出しがあったのでしょうね。
 機会があったらこの引き出し説、ブログで書いてみたいと思っています。

No title

 年を重ねると人其々智恵・知識・の蓄積があると思いますが、深く仕舞い込んだ潜在意識とでも云うゾーンに入った情報は、必要な時に回線が繋がらないのではと考えます。
少し別の見方をすると 惚けとか耳が遠く目が見えなくなる症状は生態的に見て刺激のセーブとも捉えられるかと愚考いたします。

柳居子さん

 私の場合、その引き出しすらなくなってしまったのではないでしょうか。困ったものです。家のおふくろなんか、とんでもない昔の引き出しから出して来たような話をするものですから、びっくりさせられることがあります。
 認知症が始まっているのですが、言っていることが間違っていないのです。普段、歌など歌わない人が、子供の頃覚えたらしい歌を、それも正確に歌うのです。不思議にすら思います。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 職場を離れた後は«農業もどき»で頑張っています。傍ら、人権擁護委員やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は«もどき»とはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは、身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!