若いお父さんと育児

 「うちの息子は5歳。その息子が最近、ウソを言ったり、言うことを聞かなくなって困るんです。我が家ではその育児を巡って毎日、夫婦喧嘩です。女房は『あなたがちゃんと教えないからですよ。このままだとこの子、大人になったら大嘘つきになってしまう』と私に責任を転嫁するし・・・。正直言って僕にはどうしたらいいか分からないんです」

男の子

 つまらぬことからムチウチ症を患っている私は、今も二日おきのペースで石和温泉郷にあるリハビリテーション病院に通っている。週に一度のハリ治療もあるが、主には首の牽引とPT(理学療法)OT(作業療法)と呼ばれるマッサージ治療をするためだ。このリハビリ治療はもう2ヶ月近くになるから、担当の理学療法士さんとも顔なじみ。お互いに気心も通じ合うのだ。マッサージをしてもらいながら、たわいもなく色々なことを話す。


リハビリ室


 育児の悩みを打ち明けたのは、年恰好から30歳過ぎて間もないくらいの若い理学療法士さん。私はうつ伏せになっているから、その表情こそ分からないが、育児の悩みは真に迫っていた。イケメンであるばかりか、いかにも真面目そうな青年で、そんな育児の悩みがなければ、可愛い子供を囲む美男、美女の仲睦ましいカップルであることが容易に想像できる。

男の子2

 この若者の打ち明け話とも、相談ともつかない話はさらに続く。



 「いう事を聴かないこともさることながら、平気でウソを言うのが心配。女房は『あまり怒ったら性格が歪む』と言って、手をこまねいているし、僕だってどうしたらいいか分からないんです」





 「その子は一人っ子ですか?」


 「そうです。始から一人の計画ですが、そうでなくても、こんなに難しいものなら、とてもこれ以上は無理ですよ。経済的にゆとりもありませんしねえ・・・」



 「経済的なゆとり?」



 「僕たちのような安給料じゃあ、二人、三人の子供なんか育てることは出来ませんよ」



 「安給料なんて、当たり前じゃあないの。何時の時代だって、あなたのようなお若い方々の給料なんて沢山くれるはずはありませんよ。経済的なゆとりはともかくとして、子供が悪いことをしたり、ウソを言ったら叱るのが当たり前。私はあなたより少しばかり歳を取っているからと言って、お説教じみて言うわけじゃあないけど、親が叱らなかったら子供はどうするんです」




 「でも、どう叱ったらいいか・・・」



 「あなたが感じたままを子供さんに伝えればいいんですよ。あんまり考えちまったらダメなんだよねえ。そのまま叱ればいいんじゃあないの。大きな声を出さなければならないこともあるし、時にはゲンコツだって・・。子供さんには、その意味が必ず伝わりますよ


 親子

 話を聞いたら、この理学療法士さんも一人っ子だという。いい子で叱られたことなどなかったのだろう。この若いお父さんの育児の悩み、今の世の中、どうやら特異なケースではなさそう。





ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

新バナー  ← 「甲信越情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

子供を叱れない親は増えているようですね。
子供に対して過剰な気の使いようはあまりいい結果を生むとは思えません。
本気で子供と向き合っていればどうしても叱る場面がでてくるはずなのに。
人との付き合い方が分からない人が増えてきていることと関係あるんですかね・・・

No title

こんにちは。ご無沙汰しております。
私の記憶では子供を叱ったのは2度ほどあります。
1つは息子が3,4歳の頃、外で裸足で遊んだ後、そのまま部屋に上がってきた時、もう1つは学生時代、接客のアルバイトをしていた時、自分の髪にソリを入れていた時です。
話が下手なんでクドクドは言わず、一言二言しか言いませんでした。反省していたのかどうかはわかりませんが、その後は改まったように思えます。親の欲目かもしれませんが。
子供を叱れない親が増えているかもしれませんが、叱ることの難しさはありますね。何をどう話せば子供が理解納得してくれるか、年齢によっても違うでしょうしね。

arteさん

 おっしゃる通りだと思います。本気で、自然に子供と向き合えば、対処の仕方は幾つもないと思うのです。子供はもちろん、人間押しなべて、怒られたり、叱られたりしながら成長するものでないでしょうか。
 子供もさることながら、人間、叱られることがなくなったら、また叱ってくれる人がいなくなったら終わりかもしれませんね・・・。

matsuyamaさん

 私は子供は叱らなければいけないと思っています。逆から言えば、叱ることがない子供と言うのも消して自慢できるものではないと思うのです。本来、子供はわんぱくであったり、いたずらをしたり、またある時期、親や大人に反抗したりして当然だと思います。
 そこでしっかり叱ってやることが親や大人の役目。ある意味試されているのかもしれません。しっかり叱られたり、怒られたりした子は大人になって叱り方も怒り方も心得ると思うのです。その経験がなかったら・・・。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!