アルプススタンドと桃源郷

 桃2


 間もなく高校野球の聖地・甲子園では、春の選抜野球が始まる。「センバツ」はスポーツ界に春の訪れを告げ、その開幕をも意味する。富士山、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父の連峰、御坂山塊、それに、それらの前衛の山々。360度、周囲を山で囲まれた山梨県の甲府盆地は、さしずめ、ドでかい甲子園球場だ。


高校野球


 富士山をはじめ3,000m級の山々はまだ厚い雪をかむっている。春とは名ばかり。暦の上のことで、ここはまだまだ厳冬期。朝、昼、夕、さまざまな陽を浴びて、冷たく、あるいは美しく輝いている。富士山はスタンドのシンボル「銀傘」。前衛の山々は、さしずめ観衆が沸く応援スタンドだ。盆地の底のフィールドでは人々がそれそれの生業を営んでいる。


富士山


 その盆地・球場の東部一帯の山懐やフィールドの、あっちこっちに真っ白いものが輝いている。ビニールハウスだ。今、宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の野口さんから見れば残雪に見えるに違いない。この地方は葡萄や桃など、言わずと知れた果樹の一大産地。白く雪をかむり、寒々しい厳冬の山々をよそに、ビニールハウスの中は、まさに春爛漫。葡萄棚は早くも緑の若葉を付け、桃畑はピンクの花が満開だ。連日、お花見客で賑わっている



 


 桃の花見? 日本人は花見といえば桜。かつて、この地方の農家も桃の花で花見を演出する知恵はなかった。良質の桃、つまり美味しく、色、形のいい桃を作ってなんぼなんぼ、という考えに過ぎなかった。しかし、何時しか花見客の誘致を考え、切花を花屋さんに持ち込んで営業利益に結びつけるすべも知った。


 桃


 葡萄にしろ桃にしろ、畑ごと丸々ビニールで包んでしまうのだから、文字通りのビニールハウス。中は23度前後の温度に保たれているので寒さ知らずである。昨年の内から重油を炊くのだ。もちろんコンピュータ制御。このコントロールを一歩でも間違えたら一年の苦労も水の泡。大損害の憂き目を見ることは言うまでもない。




 桃の木の枝から枝へ電気コードが引かれ、ボンボリ提灯が。その下にはテーブルとゴザの花見席が設けられ、お客さんは花を愛で、酒を酌み交わすのだ。周囲の山々は雪を被り、空っ風すら吹く外部とは対照的。ハウスの中は、まったくの別世界だ。まさしく桃源郷なのである。飲むほどに愉快になり、カラオケも。暗くなればボンボリに灯が入るので、夜桜ならぬ≪夜桃見物≫、花見の宴も賑やかに繰り広げられる。野点の茶席も演出する。


酒  


 ハウスの中にはミツバチも放たれる。授粉のためだ。このミツバチ、必ずしも隅から隅まで飛び回って授粉をしてくれるとは限らない。高価な桃作り。気ままなハチだけに、その作業を委ねるわけにはいかない。人工授粉は欠かせないのだ。ハウスの中では、そんな人工授粉の体験もさせてくれる。お客への気配りも微に入り、細に入りである。かつて農家は、作物を作ることに専念、作ったものは農協などの販売ルートに委ねた。だから消費者と直接向き合うことは少なかった。桃がハウスの中で作られるように、それを作る農家も変わった。盆地のフィールドと山懐のアルプススタンドにも春の息吹が生まれている。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!