付和雷同

人々

 付和雷同。私達日本人にこれほどぴったりする言葉はない。あの大騒ぎはどこに行ったのだろう。新型インフルエンザ騒ぎだ。そんなことを考えていたら、数日前の山梨日日新聞に、こんな見出しの記事が載った。




 「新型インフルほぼ終息 週平均患者数 5カ月ぶりに1人台」




 山梨県が発表した定点医療機関からの新型インフルエンザ患者報告に基づいた県厚生部の判断。新聞によると、全国の平均患者数(前週)も同じ1人台(1・76人)で、4週連続して減少しているのだという。普通のインフルエンザならそんな数ではあるまい。



地図


 この新型インフルエンザの≪震源地≫は遠くメキシコ。最初は鳥ならぬ豚を媒体にしたことから豚インフルエンザと言った。それによって、メキシコでの最初の死者は確か6人。ぼつぼつ1年前の4月28日頃だった。日本政府もマスコミも、これに敏感に反応した。政府は空港や海の港など、いわゆる水際での厳戒態勢を敷く一方、マスコミを通じてその予防を国民に求めた。


メキシコ  


 新聞やテレビは連日、大々的にこのニュースを伝えた。只でも付和雷同型の日本人がこれに反応しないはずがない。人々はマスクを買いあさり、あっという間に薬局やスーパーからマスクが消えた。連日の報道の中で登場してくる評論家先生や学者先生は、明日にも日本中が感染の坩堝と化しかねないようなトーンで解説するものだから、むしろ反応しない方がおかしい。今考えれば笑い話のような水や食料の備蓄に走った人もいた。




 たまたまこの時期、子供たちの修学旅行シーズン。全国の小、中、高校は旅行を中止、企業の中には、就業の一時閉鎖をするところまで現れた。当然のことながら経済活動にもシワ寄せしてしまったのである。各地の観光地や経済界から反発を食らった政府や結果的にそのしり馬に乗ったマスコミは、今度は手の平を返したように火消し役に。それまでの騒ぎがウソのよう。新聞やテレビからは「新型インフルエンザ」の大見出しや電波のニュースが影を潜めたのである。


旅行


 昨日と今日。一晩明けただけでまるで違った。「いったい、それまでの騒ぎは何だったの?」。みんなが、そう思ったに違いない。インフルエンザは空気伝染するものだから用心することに超したことはない。しかし、その取り扱い方を一歩間違えたら思わぬ混乱や場合によっては、とんでもないパニックを招くことは、かつての石油危機の時のトイレットペーパー騒ぎで立証済みだ。そんなことは政府もメディアもお構いなし。




 マスコミの影響力の大きさ、怖さを思い知った。「(情報を流さないことによって)あとで責任を問われたら・・」「騒ぎの渦中で(修学旅行など)ことを進めて、万一のことがあったら私達の責任は・・」。役所や学校、企業の責任者にそんな≪事なかれ主義≫があったことは間違いない。マスコミだって同じ。報道合戦と言う、いわば宿命的な競争関係がそれに拍車をかけた。大山鳴動してネズミ一匹。踊らせた方が悪いのか、踊った方がバカなのか・・・。どっちにしても付和雷同に違いはない。今はそのことすら、みんなが忘れた。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!