友の案内

中国館
中国2010年上海万博★中国館模型


 「私がご案内しますから、是非行きましょうよ。私の女房も一緒にお供します」





 今度の中国行きは、日本の大手通信メーカーが上海郊外に進出した現地法人の社長を、つい先頃まで務めていた方の勧めがきっかけだった。この方は女房の学生時代の友人のご主人。現在は千葉の柏にお住まいで、私が住む山梨の田舎家にもご夫婦でお出で頂き、お泊り頂くこともある。私のようなズボラな人間と違って、理工系の几帳面な方だが、同い年ということもあってか、妙に気が合い、夜遅くまで酒を酌み交わす仲だ。





 「今は、あなたと同じように毎日が日曜日。上海は、少しは知っていますので、まかせておいて下さいよ。一ヵ月後に迫った上海万博の開幕前ですが、むしろこの時期の方が混雑しないので、ゆっくり上海を楽しむにはいいかもしれません」


万博看板    万博看板2

中国2010上海万博の看板



 その旅行は4泊5日。貧乏人の私達を気遣ってか、安いツアーを探してくれた。それでもホテルは4つ星。私はギチギチにセットされたツアー旅行はどうも性に合わない。そのことを知ってか知らずか、ツアーの申し込みといっても飛行機と滞在するホテルだけ。いわゆるステイトラベルである。日本人好みの所を日数に合わせてセットする、決まり切ったツアー旅行と違って、気ままに見たい所、行きたい所へ時間にかまわずに行くことが出来るからいい。


ホテル



 女房と二人、甲府を8時50分の高速バスに乗り、成田発15時のエアー・チャイナ機に乗った。上海まではざっと3時間。空港の到着ロビーには先発した友人と、その友達の中国人夫婦が出迎えてくれた。日本との時差は1時間。現地時間はまだ午後5時を少し廻ったばかりだった。空港は第一ターミナルと第二ターミナルに別れていて、規模的には成田をしのぐようにも見えた。



空港2



 でも内部の雰囲気はどこか違う。なんとなく閑散としているのだ。成田空港のようにあらゆる種類と言っていい土産物の店や飲食店街はない。帰りの飛行機。税関を通って搭乗ロビーにもブランドの免税店は成田ほど賑やかではない。動く歩道も途切れ途切れ。その両側にあるのは、一定間隔に設けられたトイレと喫煙コーナーだけ。喫煙コーナーは探さなくても分かるほど、いっぱいあるので、私のような愛煙家には便利。ただスペースはきわめて狭く、煙を清浄する装置もなければ、のっぺらぼうの部屋があるだけ。愛煙家でありながら、モーモーとしたタバコの煙にむせて外に飛び出した。


空港


 空港には出迎えの中国人夫妻が車を横付けしてくれた。この中国人氏は今51歳。日本のサントリーに10年以上も勤めたことのある日本通。サントリーでは佐治社長時代、その通訳を務めたり、山梨県にある同社の山梨ワイナリーにもいたことがあるといい、思わぬ出会いに意気投合。その夜は上海市内の高級レストランで歓迎宴を開いてくれた。


料理1     料理2



 肉、魚、野菜。どの料理をとってもみんなうまい。何よりも年代モノの老酒がいい。やはり年代モノのマオタイ酒が腹に沁みる。この中国人夫妻は日本語がぺらぺら。飲むほどに話が弾んだ。夜が更けるのも忘れた。上海の旅の始まりだった。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!