子供のいじめと大人たち

 1,000点を超す子供たちの人権をテーマにした標語を読ませていただいた。山梨県人権擁護委員協議会が山梨県下の小中、高校、一般の3部門で募集した標語は、応募総数で7,500点を超えたという。それを地域ごとに部門別の一次審査でふるいにかけ、それを持ち寄って県レベルの二次審査を経て、三次審査で最終的な入賞作品が決まる手順である。



 私が読ませていただいたのは、ブロック別の小中学生の応募作品450点余りと、県レベルの小中学生部門、それに一般部門合わせて約550点。そのほとんどがいずれ劣らぬ作品であることは言うまでもないが、特に目立つのが小中学生部門での≪いじめ≫をテーマにした作品である。

k子供


 これはとりもなおさず小中学校現場で、いじめがいに日常化しているかを意味する。それも、気になるのは、数少ない標語の文字の中に「命」という文字を織り込んでいる作品があまりにも多いことである。



 ハッとした。子供たちの間でいじめ問題が深刻であることは、分からない訳ではなかった。いじめに起因した自殺のケースも新聞やテレビの報道で知っている。しかし、いじめが子供たちの間で、果てしなく繰り広げられ、それが一部分であるだろうが日常化している現実があっちこっちにあるという事である。


子供2


 昔からいじめっ子はいたし、裏を返せばいじめられっ子もいた。しかし、子供同士の自浄作用や、第一に学校現場での先生の叱りがその抑止力になった。しかし、その先生たちにいじめの抑止力がなくなった。先生ばかりの責任にしてはいけない。では家廷はどうか。いじめられっこは身近にいるわが子だから分かるが、自分の子がいじめる側に廻っていることには全くの無関心。気づかないケースだってあるだろう。



 とすると、いじめ退治の最短現場にいるのは学校である。しかし現実はどうか。こんな話を聞いたことがある。ある甲府市内の中学校の話である。気の弱そうな子を何人かの女の子が取り囲み、コンサートなどの券を高額で売りつけるのだそうだ。いわば体のいい恐喝である。

子供3


 ここからが問題。周りにいた仲間達は、まき添えになってはいけないと、本能的にすっと逃げてしまう。この後だ。それを見ていたかどうかは分からないが、近くにいた先生がそれを戒めようとせず、いつの間にか姿を消してしまうというのである。同じ学校で起きたケース。ある時、放課後、生徒がバイクで正門から正面玄関に乗り込み、事もあろうに廊下を走り回った。バイクの音が廊下に響くのだから生徒も、先生も廊下に飛び出す。


 しかしここでも先生は身を隠してしまったという。だが、そんな先生ばかりではなかった。一人の先生が飛び出してきて「馬鹿野郎」と一喝したら、そのバイクの子はしゅんとなって退散したというのだ。多少の体罰をもモノともしない体育系の先生だった。子供たちが深刻に考えているいじめ。そして、標語で「見て見ぬフリ」をしては駄目、と自らを戒める子供たち。むしろそれを最も戒めなければならないのは私たち大人かもしれない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。

いじめ問題については仕事の関係上、いろいろな話を子どもたちから聞いています。学校での対応は先生によってまちまちのようです。

例えば、高校入試の面接試験で、いじめについてどう思うか聞かれることがあります。中学校では面接試験にむけての練習をするのですが、すでに学校ごとにマニュアル化されています。いじめ問題についても、ある学校では「いじめる方にも問題はあるけど、いじめられる方にも問題がある」と答えるように指導されていました。ちょっと驚きましたが。

ご指摘のとおり、学校もそうですが、子どもたちにも事勿れ主義が広がっていることが、いじめ問題の本質を見えにくくしていますね。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!