機械の故障

 人間、どんな機械にせよ故障されると困るものだし、そのありがたさが分かる。一つは農作業用の管理機の故障だ。お陰で農作業が大幅に滞った。大根など秋物野菜の播種の旬をずらしてしまったのである。「なあ~に、収穫が遅れるだけさ」。そうタカをくくってはいるのだが、果たしてモノになるかどうか。気懸かりと言うか、興味深くもある。



大根


 言うまでもなく種蒔きの旬は、それぞれの野菜の発芽や生長に適した時季。主には気温だろうが、細かくは雨量や害虫との関係もあるだろう。自分の経験から言わせて貰えば、白菜などは播種があまり早いと幼い葉の段階から虫にやられる。全くの無農薬栽培をしているので、蝶など虫の産卵やふ化、成長はまさに大敵。その時期を遅らせれば、これへの障害はある程度クリアできるのだが、半面、野菜そのものの成長に支障をきたすのだ。






 一般的にもそうだが、我が家の場合、秋物の大根は毎年、8月下旬、遅くも9月の上旬には蒔きつける。これが沢庵になったり、温かいおでんや味噌汁の具になったりするのである。管理機の故障もさることながら、播種の時季を遅れても蒔きつけたのは、それなりの理由がある。実は昨年も大根の種蒔きのタイミングをちょっとずらしてしまった。当然のことながら、発育のペースは遅れる。寒さがやって来て霜も降りる。


大根3


 開き直った。発育遅れの大根に霜対策の藁をかけて放って置いた。何と寒い冬中も成長するではないか。これだと、かつてのように一旦、収穫して土の中にいけるなど特別の保存策を取らなくてもいい。地球の温暖化がこんな所にも作用しているのかもしれない。昨年の≪実践例≫に味をしめたり、拡大解釈しての大根作りだが、果たしてどうか。特に今年は夏を飛び越えての猛暑、一足飛びの冬の気配。ここ数日の冷え込みは尋常ではない。やっぱり気懸かりだ。




 管理機。字面からも都会の方々には分かりにくいだろうが、分かり易くいえばミニ耕運機である。親しい友達の中に器用な男がいて、電話一本で故障を直してくれた。人間の体と違って一旦故障した機械は、そのまま放って置いたら永遠に機能を回復することはない。これに対して人間の身体は、人間がそもそも持つ治癒能力によって自然治癒する場合もある。例えば、切り傷であり、骨折やひび割れ。軽い風邪や腹痛も同じだ。


ミニ耕運機


 ただ、人間の体の中で歯だけは治癒能力を持っていないのだそうだ。虫歯に犯された歯は絶対に治癒することはないし、一旦折れた歯は元には戻らない。機械と同じなのだ。機械というものは故障して初めてそのありがたさが分かる。手足や目、耳。みんなそうだが、とりわけ意識することもなく毎日三度三度お世話になっている歯。その歯が故障して、そのことをしみじみと思った。


歯科


 私の場合、前歯が虫歯で根元から折れてしまった。始末が悪いことにその歯は数本の入れ歯をブリッチして支えていた歯なのである。入れ歯まで機能しなくなった。食べることの不自由ばかりでなく、前歯だから息が漏ってしまい会話にも事欠くのだ。これだけは明日、明日と先送りするわけには行かない。すぐに知人の歯医者さんにお世話になった。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!