計画停電

 東北や関東一帯など東京電力の管内だけだが、「計画停電」という言葉が≪ポピュラー≫になった。3時間、4時間単位で地域ごとに時間を決めて送電がストップ。一斉に停電するのである。人間はおしなべて人の痛みを分かち合うすべを知っている。大震災の被災地の窮状をテレビや新聞で否応なく見ているから、文句もなくそれに従っている。


 それにしても不便だ。特に夜。暗闇が故の不自由にとどまらず、何ひとつ出来ない。用事を思い立ち、電話をかけようにも電話は繋がらないし、部屋でのささやかな暖・炬燵もダメ。もちろんテレビだってプツッと切れたまま。夜の時間潰しになっていたパソコンやインターネットは言わずもがな。電話の場合、ひと頃のダイヤル式だったら電気が消えても用を成した。計画停電は地域ごとだから、仮に発信する側のこちらの電気が点いていても相手側が停電だと機能しないのだ。呼び出し音だけは鳴っている。




 最も小さな社会である家庭という単位で見ても、電気が止まれば生活の機能は完全に麻痺する。公共の電車や通信に限ったことではない。炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、掃除機・・・。風呂だって電化されているから入れない。もっと肝心なのは台所。電化だから全くダメ。肝心のメシさえ食えないのだ。我が家の車はガソリンだからいいが、電気自動車だと、充電出来なければ、これも動かない。

スイッチ_convert_20110326230709


 何事もアナログの昔はよかった。オジサンたちが子どもの頃は停電などビクともしなかった。強い風が吹けば送電線が壊れて電気がストップ。わんぱく小僧の凧揚げやカラスのいたずらで送電機能が故障、停電することも珍しくなかった。夏場の暴風雨や落雷では停電なんか当たり前。そんな時、電力会社側ものんびりしていたのか、回復までにはかなりの時間がかかった。受益者である住民側も従順だった。一晩中でも黙って電気が点くのを待った。仮に文句を言いたくたって電話がないのだから喧嘩にもならないのだ。




 「オイ、蝋燭を持って来い」。そんなことを親父が言わないまでも、おふくろは常備してある蝋燭を卓袱台(ちゃぶ台)やテーブル代わりの炬燵の上に立てるのだ。炬燵だってご飯を炊いた釜戸の残り火。風呂も薪で焚く釜だから蝋燭さえあればいつでも入ることが出来る。情報の入手や娯楽はラジオ。古びた一台があれば、むしろ停電の時こそ炬燵が一家団欒の場となった。テレビもなければ、冷蔵庫や電気炊飯器、洗濯機、掃除機も・・。今考えるとラジオを除いたら電気製品、電化製品と名の付くものは何もなかった。



蝋燭_convert_20110326230557


 私たち日本人は戦後の高度成長期を境にそれなりの豊かさに甘んじ、便利な日常生活を享受してきた。今度の大震災は、そんな人間どもを一喝した形。便利の裏にとてつもない不便が潜んでいることを教えた。一時期、東京都知事の「天罰」発言は、揚げ足取りのマスコミ雀の餌食になった。でもこの「天罰発言」はまさに言い得て妙。今度の震災の代償はあまりにも大きいが、自然は身勝手に自分たちの便利さだけを追い求める人間どもに時としてお灸をすえる。特に諸刃の剣の原発。今やよくも悪くも抜き差しならない現実。やがてこの問題に私たち日本人だれもが真正面から向き合い、考えなければならない時が来る。私たちの生活、もっと言えば、日本経済を支えているのは電力だからだ。





ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

 『天罰発言」
 彼が言わんとしている事はよく判るのだが、少しタイミングが悪すぎた。家族を亡くした多くの人々に取って『天罰』と言う言葉を如何受け止められるかと言う配慮に欠けていた。

No title

電気のある暮らしは便利。
でも突発的にその代償が訪れる。
今回の震災で思い知らされました。

柳居子さんへ

 おっしゃる通りですね。タイミングというものは何事にもあるものですねえ。でも最近のマスコミ雀は揚げ足取りが多いような気がします。それでは本質的な論議にはなりませんですよねえ・・・。

はに丸さんへ

 まったく≪慣れ≫とは恐ろしいものですね。私達はいつの間にか、電気を空気や水のように考えるようになっていました。今度のような災害に遭遇して始めてその大切さに気付かされるとは・・・。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!