言いたい放題

 全く、言いたい放題だ。甲州弁では「言いてえ放でえだ」という。今、テレビでは自民党の総裁選の話題でもちきりだ。その発端は福田康夫首相の突然の辞任。もちろん、今はポスト福田に話題が移ってしまっているが、その頃、テレビでは突然の辞任劇をめぐって、みんなが言いたい放題。


 市井の人間ではない。国政にも世の中にも大きな影響力を持つはずの
野党の党首級のみなさん達だ。口々に、政権を放り出した福田首相を非難する。確かに非難に値するし、非難されても仕方がない。一国の首相がこともあろうに、二人も続けて、しかも、一年そこそこでの辞任だから当たり前だ。そんなことは誰にだってわかる。

 

 総理大臣旧官邸
総理大臣旧官邸


 でも、待てよ。この先生達はつい昨日まで福田首相の退陣をに迫っていたはずだ。「もはや、政権担当能力がない」と。その首相が国会運営の行き詰まりや支持率の低下を理由に、能力の限界を認めて辞任した。野党の先生達にとっては所期の目的を達成したのではなかったのか。退陣を一方で迫りながら、その口が渇かないうちに、無責任だ、という。野党の宿命とか戦略と言ってしまえばそれまでだが、頭はこんがらがってしまう。むしろ首相の論法の方がまともだ。



 与党の自民党や公明党だって同じだ。マイクを向けられると,口を揃えるようにに「びっくりした」という。いまさら、びっくりしたもない。国民の支持率がどんどん落ち込む福田内閣を尻目に「このままじゃあ次の選挙は戦えない」と、思っていたし、露骨に首相の足を引っ張っていた議員のみなさん方もいたはずだ。永田町にいる先生だったらそんな空気は先刻ご承知だ。もしその空気が読めないなら、まさに若者達が言う KY だろう。


総理大臣官邸


 テレビ局が街角で拾うインタビュー。驚き非難当たり前。これはマスコミが「さまざまな意見」としてバランスをとるから当然の形だろう。私もそうだが、国民は意外に醒めていると思う。その国民が、いざとなると一転して舞い上がる。落下傘という言葉はあったが、≪刺客≫などという時代劇めいた言葉を生んだ前回の総選挙。



 劇場型政治といわれた小泉内閣は、予想だにしなかった支持を受け、自民党は大勝、それが皮肉にも振り子現象につながって、その後の参院選で民主党など野党の勝利を誘った。それが、いわゆる≪ねじれ国会≫を生み、結果的に安倍、福田と続く首相の辞任劇につながったのだ。

国会議事堂


 マスコミは小泉政治を振り返って「劇場型政治」という。しかし、その劇場型政治を演出したり、それに大きな役割を果たしたのはマスコミではなかったのか。みんながちょっと前のことは忘れてしまったかのように言いたい放題言う。劇場型政治に一役買った田中真紀子元外相はこうだ。


 「辞める時の言葉を聴けば、その人の資質が分かる。言い訳や愚痴はいかがなものか」よく言ったものだ。ご自分が外務大臣を更迭された時、泣きわめくように愚痴を言い、≪盟友気取り≫でいたはずの小泉首相を頭から非難したのはそんなに前の事ではない。この人、毒舌キャラを出さなければ出番がないのだから仕方ないか。それにしても言いたい放題だ。



ブログランキングに参加中です
  この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ 

ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!