PCはスーパーマン

パソコン_convert_20110722215011


 パソコンはスーパーマンだ。私は常々、そう思っている。スーパーマンはパソコンのみならず、電卓もケイタイもみんな同じ。どんな計算でもするし、どんな電話番号やアドレスも即座に記憶、絶対に忘れない。ちゃんと入力さえしてやれば、間違えずに、いつまでも覚えていてくれる。新たな情報を与えれば、それをどんどん進化させてもくれるのだ。




 ケイタイはポケットに入って15年足らずだが、電卓は私たちの日常に登場して久しい。その電卓は、長い間、手動の計算機としての役割を担ったそろばんを完全に駆逐し、一方のケイタイは加入電話の領域をどんどん狭めている。そればかりではない。街のあちこちにあった公衆電話ボックスを追い払い、我が物顔でどんどん一人歩きしている。紐付きの加入電話もやがては駆逐される運命にある、と言ったら言い過ぎか。


ケイタイ_convert_20110722215337


 雨が降った日、街角の数少ない公衆電話ボックスに入ってケイタイで長話をする若者。そんなことを言う私だって、居間の手が届く所に加入電話があるのに、ポケットのケイタイで・・・。ケイタイの方が操作も簡単。便利だからだ。加入電話が置いてけぼりになる所以がそこにある。




 覚えて4年、まだ1年坊主のパソコンはともかく、電卓やケイタイは、何気なく使っているから、いつの間にか使いこなしているような錯覚に。私なんか、そこに内蔵された機能のほんの一握りしか使っていないのだ。足し算、引き算、掛け算、割り算など、まさに単純計算するだけ。頻度が少ない「%」や「√」はさておき、上段に並ぶ「M+」「M-」「MR」「MC」「GT」などの機能は使ったことがない。使うすべを知らないのである。



ケイタイ2_convert_20110722215531



 ケイタイだって同じ。「これでもか」というくらいたくさんの機能が内蔵されているのに、まるで使いこなせない。単なる「モシモシ」の道具に成り下がっている。同年代の仲間の中にはメールさえ打てない人がいっぱい。お若い方々からは笑われるだろうが、悲しいかな、それが現実なのである。ケイタイは最早、「モシモシの道具」ではない。卓越したIT機器なのだ。山ほどある内蔵機能の爪の垢ほども使いこなせていないのだから、まさに宝の持ち腐れ。。そのくせオジサンたちは最先端のたいそう立派なケイタイを持っているのである。




 パソコンとなると何をかいわんや。使いこなせるのは爪の垢どころか、それ以下。パソコンに向かって上下にあるバーさえ、その機能をよく理解していないのだから、使いこなせるわけがない。隠れた所にはその何十倍も、何百倍も便利な機能が内蔵されているはずだ。時々、そんな機能の一部分に行き当たるのだが、そこへのプロセスを忘れてしまうのである。

パソコン1_convert_20110722215928


 「そんなこと、簡単さ。分からなかったら教わればいいじゃないか」。そうおっしゃるが、車と地図の関係と同じで、自分で運転しないとなかなか覚えられない。覚えたようでも頻繁に使わなければ、すぐに忘れてしまうのである。講座で習ったはずの表計算(エクセル)も使わないから忘れた。パソコン1年生のアナログオジサンは結構、苦労しているのである。でも面白い。インターネットに結びついてハマっていくのだ。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ネットの本質

 ネット ウェブサイトは、新聞・テレビに求めていた情報が簡単にダイレクトに取り込む事が可能になりました。しかし、今までは新聞テレビの担っていた 情報の 真・贋 公平性 客観的 という視点で提供を受けていた情報を 各自が処理する能力を益々求められるようになっていると考えます。 ソーシャルメディアは、ある意味自己責任を求められるものだとも考えます。 いかがお考えになられますか?

柳居子さんへ

 かつて情報は、送り手と受け手がはっきりと分かれていました。つまり、送り手はテレビや新聞であり、雑誌。一方、受け手は、情報を収集するルートやそれを料理したり、処理出来ない私たち一般人だったのです。

 しかしインターネットなど新しいメディアの登場で、その殻がとっぱわれました。誰でもがリアルな情報を発信したり、新聞やテレビなど既存のメディアと双方向で情報が行きかい、交換される時代になりました。

 記者でもない、カメラマンでもない、ただそこに居合わせた人がケイタイで事故や事件のスクープ映像を撮り、それがテレビ局が発信するニュース映像になったかと思えば、簡単にインターネットで流すことも出来る。それも電波管理のエリアがないので、地球を一瞬に駆け回るのです。

 ただ、これからの時代、はっきりと問われなければならないのは、ますます安易になる情報の送り手側の倫理観です。既存のメディアが100%の倫理観を保持しているかというと疑問ですが、業界の中には自主規制や相互規制の力が働いていることは確かです。

 怖いなあ~と思うことがあります。テレビの執拗とも思える繰り返し報道です。中には我がもの顔にそれをリードしたり、どこかに導こうとするような司会者、キャスターもいます。「やりすぎだよなあ~」と思えることはありませんか。

 私たちは時として、知らぬ間に≪洗脳≫されてしまうのです。選挙や世論調査などに影響することは確かでしょう。もう一つ怖いのはポピュリズム。政治家もそこに陥るのですから…。

 

No title

ソーシャル・メディアが、正しく有効に使われるようになるのには、大分時間がかかりそうな感じがしますね。
我々は活字世代、新聞の取上げ方とか、興味の無いことでも報道のボリュームで情報の重要度が計れたように思いますが ディスプレーの中の情報は全てが平板な感じがします。 単に年寄という事かも知れません。

柳居子さんへ

 おっしゃる通りですね。これからは受け手が情報をしっかりと選別しなければならない時代ですね。難しいことです。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!